« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

先週の結果

ボールライトニング
9月29日(日)阪神・ポートアイランドS(芝1600m・L)に中谷騎手で出走。馬体重は2キロ減の514キロ。メンコ着用。馬体はいつもと変わらず体幹がしっかりしており、馬体の張りも良く体調は良さそう。ジョッキーが跨がってからも雰囲気はそのままに馬場に向かった。返し馬は芝コースに入ってすぐ1角方向へ駆けていった。
レースでは、スタート揃って出たあと後方からの競馬。3角からジョッキーに追い出され、大外から脚を伸ばしたが前も止まらず12着。
宮本調教師は「阪神は前が止まらない馬場で、後方から行く馬は馬場が合いませんね。脚もとがゴトゴトしてきているので、短期放牧に出すかもしれません」とのこと。
中谷騎手は「ゲートで悪さを出してしまいました。ゲートを出てからは楽に追走できる位置で脚を溜め、最後に賭ける乗り方を選択しました。直線は外に出せて脚を使ってくれましたけど、今の前残り阪神の馬場は合いません」とのこと。
◆時計が速過ぎますね。
ただ年齢も年齢ですし大敗が続くと肩叩きされる可能性も…

★先週の長浜さん★
マルカブレーブ…7着
◆現状の力は出しているのかなぁ…

| | コメント (0)

週刊愛馬情報

今週は久し振りに1頭出走です。

ボールライトニング
9月29日(日)阪神・ポートアイランドS(芝1600m・L)に中谷騎手で出走する。25日、宮本調教師は「今週も坂路で時計を出しました。先週しっかりやっていますので、今週は終い重点の指示で、4ハロン53秒4、ラスト12秒5を計時しています。涼しくなってきたことで馬に活気が戻り、動きは良くなっていると思います。予定通り今週の阪神に向かいます」とのこと。
9/22 助手 栗東坂良 1カイ 58.7-42.4-27.4-13.6 馬なり余力
9/25 助手 栗東坂良 1カイ 53.4-38.6-25.0-12.5 馬なり余力
◆何で中谷くんなんだぁ…
時間もあったのにもうちょっと騎手が居るだろう?
テン乗りで上手く乗れる仔ではないからね…

シネマソングス
10月6日(日)新潟・菅名岳特別(牝・ダ1,800㍍)に向けて調整中。26日、小笠調教師は「ウッドチップコースにて、併せ馬で一週前追いきりを行いました。同条件の馬を2馬身ほど追走して、馬なりで内に併せ併入しています。強目に追われる相手に対して、終いまで余裕ある手応えで動けていました。札幌から帰厩後も、厩舎で飼い葉をしっかり食べてくれるので調教をセーブする事なく出来ています。また、馬体重も440㌔あり、毛艶も良く体調も前走以上です。来週は輸送もあるので、軽めの調整で競馬に向かいます」とのこと。
9/20 助手 美南W良  66.9-52.6-39.7-12.5 馬なり余力
ヨンク(古2勝)馬なりの内を0.8秒追走3F併同入
9/26 助手 美南W良  65.4-50.8-37.7-12.8 馬なり余力
ヨンク(古2勝)強目の内0.4秒追走同入
◆クラスが上がってどうかな?

アンデスクイーン
10月3日(木)大井・レディスプレリュード(JpnⅡ・牝・ダ1800m)に戸崎騎手で向かう予定。25日、西園調教師は「最終登録も完了し、レースに向けて順調に調整を進めています。本日は坂路で4ハロン54秒3、ラスト12秒8を計時し、この馬らしい時計で調子の良さも現れた数字だと思います。29日の最終追い切りはサッと流す程度で大丈夫でしょう。馬体もフックラして好調をキープしており、良い状態で臨めそうです」とのこと。
9/25 助手 栗東坂良 1カイ  54.3-39.4-25.6-12.8 一杯に追う
◆直線が長い大井はこの仔に合っていると思います。
重賞連勝と行きましょう!

シュアゲイト
デビュー戦に向けて調整中。9月25日、宮本調教師は「本日、CWチップコースで半マイルから追い切っており、手元の時計では52.8-39.1-13.1を計時し、まだ余裕のある手応えで良く動けていたと思います。コースで追った先週と今週の動きから、来週のレースに十分間に合う見通しですので、京都1週目(10月5日)のダ1400mから投票していきます」とのこと。
26日、宮本調教師から「今朝、馬房から出したときに歩様の乱れがあり、念のためレントゲン検査を受けさせたところ『左膝の橈側手根骨に剥離骨折を発症。骨片除去手術を行った方が良い』という診断でした。全治期間などは術後に診断されることになります。デビュー目前まできていただけに本当に残念ですが、手術を受けさせ完治を待ちたいと思います」との連絡が入った。厩舎で経過を観察後、10月3日に骨片除去手術を受ける予定。
9/22 助手 栗東坂良 1カイ  59.2-44.3-29.1-14.1 馬なり余力
9/25 助手 栗CW良         53.1-39.0-13.0 馬なり余力
レイズアフォレスト(新馬)一杯の内0.1秒遅れ
◆なんてこった…
この世代もダメなのか…

★先週の長浜さん★
エスターテ…優勝
◆これで晴れてオープン入り♪
長浜さん曰く、よくオープン入り出来たものだと感心しておられました(笑)

★今週の長浜さん★
日曜 阪神1R マルカブレーブ
◆前走と同条件同鞍上。前進して欲しい。

| | コメント (0)

週刊愛馬情報

今週もお休みです。

トゥールナージュ
術後の経過が順調であることから、明日19日(木)に縫合部分の抜糸を行ないます。また、本馬の今後について関係者間での協議を行なった結果、再ファンドを前提に近日中に登録を抹消して、骨折休養を経た後に園田競馬・橋本忠明厩舎へ転籍する予定となりました。なお、出資会員各位へは別途報告書を送付いたします。
◆再ファンド…妥当なところでしょうね。
しかしダートで…園田で…帰って来れるかなぁ…

シネマソングス
20日、小笠調教師は「今朝はウッドチップコースで併せ馬を行いました。少し離れた位置から追走して行き、直線では内に進路を取り、馬なりで併入しています。楽な手応えでラストも12秒台が出ていて、好調をキープ出来ています。飼い葉も食べて落ち着きがあり、馬体重も少しずつ増えていて順調です。来週追い切って、直前も確認調整をしてレースに臨みたいと思います」とのこと。18日(水)計測の馬体重は436㌔。
◆クラスが上がって通用するかなぁ…

アンデスクイーン
10月3日(木)大井・レディスプレリュード(JpnⅡ・牝・ダ1800m)に投票を行い、出走可能馬に選出されている。19日、西園調教師は「次走への登録も済ませ、レースに向けて予定通りの追い切りを消化できています。本日は坂路で追い切りを行っており、4ハロン55秒2、ラスト13秒0の、この馬らしい時計を出しています。馬体をフックラ見せており、気持ちの面も安定していて、良い感じで進めることが出来ています」とのこと。
9/19 助手 栗東坂良 1カイ 55.2-38.6-25.3-13.0 一杯に追う
◆JpnⅢの次はJpnⅡを狙いましょう!

ボールライトニング
9月29日(日)阪神・ポートアイランドS(芝1600m・L)に向けて調整中。19日、宮本調教師は「本日、坂路で時計を出しており、4ハロン51秒3、ラスト12秒1を計時しました。前走後、大分堪えていたような感じだったのですが、ここにきて疲れも抜けて元気が出てきて、追い切りの動きが良くなりました。脚元もすっきりとしており、これならレースに向けてこのまま進めていけそうです」とのこと。
9/16 助手 栗東坂良 1カイ 57.2-41.4-27.2-13.8 馬なり余力
9/18 助手 栗東坂良 1カイ 59.2-43.6-28.8-14.5 馬なり余力
9/19 助手 栗東坂良 1カイ 51.3-37.6-24.4-12.1 馬なり余力
◆もうひと花咲かせたい。

シュアゲイト
この中間も変わりなく順調。9月19日、宮本調教師は「今週は予定通りコースで時計を出しています。CWチップコースで、手元の時計では6ハロン84.9で終い12秒9を計時し、併せた馬と同入しています。先週までの坂路の動きは少し物足りない感じでしたが、今週のコースの追い切りでは随分動きが良くなりました。これなら来週の追い切りの具合次第で使うレースのメドが立ってくるかもしれません。騎乗者によると、スピードがあり力の要る馬場も合いそう、という話なのでダートも良いのではと思っています」とのこと。
9/16 助手 栗東坂良 1カイ  60.1-43.5-28.5-14.1 馬なり余力
ライトマン(新馬)馬なりに0.5秒先行0.2秒先着
9/19 助手 栗CW良    84.8-68.6-53.0-40.1-12.6 G前気合付
レイズアフォレスト(新馬)一杯の内同入
◆ダート?

★今週の長浜さん★
土曜 中山10R エスターテ
◆掲示板ぐらいは確保出来るでしょう。

| | コメント (0)

週刊愛馬情報

今週は出走はありません。

トゥールナージュ
栗東トレセン・飯田(雄)厩舎へ移動後も状態に変わりなく、明日12日(木)に骨片除去手術を予定しています。
早藤助手「現状は前走の競馬前とさほど変わらず腫れや熱感もないですし、常歩なら骨折していることを感じさせませんが、全ては手術を終えて診断結果が出てからですね」
右前肢手根骨の骨片除去手術を本日実施し、無事終了しました。
飯田(雄)師「右前をかばって左前に負担が掛かり、結果両方骨折していることがあるので、昨日の検査では両前ともレントゲンを撮っていたのですげど、骨折は右だけでしたし剥離した骨片はきれいに除去できました。そのうえで、下された全治期間は6ヶ月です。術後は入院の必要がないため、自厩舎でだいたい1週間位は舎飼いして、抜糸後に牧場へ移動して休養というスケジュールになると思います」
◆再ファンドか?未勝利のまま続戦か?
難しいところですね…

シネマソングス
11日、小笠調教師は「札幌からの帰厩後も、飼い葉も食べてくれています。まだ、新潟のレースまで時間があるので、馬体重がキープ出来るように調整していきます」とのこと。
◆新潟で頑張れ!

アンデスクイーン
10月3日(木)大井・レディスプレリュード(JpnⅡ・牝・ダ1800m)に向かう予定だ。9月12日、西園調教師より「レースまで日数がありましたので、ここまでは厩舎内でゆっくりさせ、本日から時計を出し始めています。坂路で4ハロン54秒2、終い12秒6を計時しており、一息入れた後としては動きも良かったですし、レースに向けて順調に進めていけそうです」とのこと。
9/12 助手 栗東坂良 1カイ  54.2-39.0-25.2-12.6 末強目追う
◆次も勝ちましょう!

ボールライトニング
9月29日(日)阪神・ポートアイランドS(芝1600m・L)に向けて調整中。11日、宮本調教師は「引き続き普通キャンターの調整を行っています。ここ数日厳しい暑さが続いているため、少し回復に時間を要している感じですが、運動は継続できていますしこのまま目標のレースに向けて進めていきます」とのこと。
9/8 助手 栗東坂良 1カイ 60.9-44.6-29.6-15.1 馬なり余力
◆次頑張ってくれないかなぁ…

ガーデンコンサート
11日、尾関調教師は「レース後の疲れも見せずに美浦に戻ってきました。長距離輸送と寒暖の差で夏負けの症状が出ないかを心配しましたが大丈夫そうです。ここで一息入れて、状態次第で福島に向かうかもしれません。最後の最後に勝ってくれて良かったです」とのことで、ノーザンファーム天栄に放牧に出ている。
◆使い詰めだったので一度リセットして頑張って欲しいですね。

シュアゲイト
この中間も変わりなく順調。9月11日、宮本調教師は「今週も坂路で時計を出しており、4ハロン56秒3、終い13秒4を計時しています。今後の予定を立てるにはまだ物足りない時計ですので、来週はコースで1本時計を出してみたいと思います。先週に比べるとテンション面も落ち着きが出てきて、周りにつられたりうるさくするようなところは随分良くなりました」とのこと。
9/8 助手 栗東坂良 1カイ  58.7-43.6-28.7-14.0 馬なり余力
9/11 助手 栗東坂良 1カイ  56.3-41.5-27.2-13.4 馬なり余力
◆デビューは京都かなぁ?

★今週の長浜さん★
今週の出走はありません。

| | コメント (0)

先週の結果

★先週の長浜さん★
マルカブレーブ…7着
◆ダート馬?

ヴァンダーファルケ…4着
◆デビュー戦としては上々。

| | コメント (0)

週刊愛馬情報

危ない危ない…
世代勝ち上がり0(ゼロ)は何とか回避出来ました。

ガーデンコンサート
9月4日(水)門別・ヒヤデス特別(ダ1,200㍍)に☆横山武史騎手で、6㌔増の456㌔で出走。浅めのブリンカーを着用し、パドックではキビキビとリズム良く周回。横山騎手が跨ってからも良い雰囲気のまま、馬場へ出て折り返すと、勢い良くスピード感ある返し馬を行う。
レースでは、スタートから、鞍上に促されると、二の脚速く先頭へ。徐々にリードを広げながら最終コーナーから直線に入ると、二番手以下を突き放して3馬身差の1着でゴール。勝ちタイムは1分13秒8。上がり3ハロン38秒6。
尾関調教師は「前走は初めて長い距離を走ったこともありましたが、1頭になると少し気が抜けるような面が見られました。調整過程でブリンカーを試したところ効果も見られ、今日のレースでも終始行きっぷりが良かったですね。横山武史君も上手く乗ってくれました。競馬場でずっと調整を続けていたので、この後はリフレッシュ放牧を挟もうと思います。良い内容の競馬でしたし、何より勝ててホッとしました」とのこと。
横山騎手は「初めてのブリンカーだったので、返し馬で感触を確かめるために軽く行かせました。ハミを取って行きっぷり良かったですが、止めてからは落ち着いていました。スタートも上手く出てくれて、道中も集中力がありブリンカーの効果は大きかったですね。今までのレース振りから、あまり切れる脚があるタイプではないと感じていたので、無理に脚を溜めずセーフティリードを取ったのも上手くいきました。今日の内容なら、クラス慣れしていけば一勝クラスでも勝負出来そうです」とのこと。
◆ここでは力が違いましたね。
でも本当に最後の最後で決めてくれました。
まあ勝たなければ後が無かった状態ですしとりあえずホッとしてます。

トゥールナージュ
レース後に札幌競馬場内でレントゲン検査を受診したところ、右前肢手根骨骨折が判明しました。再検査とその後の手術を受けるため、札幌競馬場を本日出発して、栗東トレセン・飯田(雄)厩舎へ移動します。
飯田(雄)師「レース直後の歩様に違和感はありませんでしたが、数時間経ってから念のためレントゲンを撮ってみたところ、人の小指の爪半分くらいの大きさの骨が欠けているのが分かりました。これまでも不安を抱えていた右前膝の部分です。この先の事もありますから、手術を受けて剥離した骨片を除去した方が良いと思いますけど、全治期間などは術後に告げられることになります。最後は決め手勝負になって勝ち馬に軍配が上がりましたけど、良い勝負根性は示してくれました。期限内に勝たせることができず残念です」
なお、本馬の今後につきましては、手術後の診断結果を踏まえて関係者間で協議を行ない決定いたします。
◆骨折ですか…
勝てばまだ格好がついたと思うのですが…
完治後地方かなぁ…
でもダートで勝ち上がるのは無理そうだけど…

シネマソングス
4日、小笠調教師は「本日、北海道から帰厩しました。環境の変化に弱い馬なので、しっかりケアして新潟1週目を目標に調整していきます」とのこと。
◆次も頑張りましょう!

ファンタジステラ
8月31日新潟・飯豊特別(芝1200m・ハンデ戦)に出走し3着。音無調教師は「レース後も脚元などに問題はなく、今回権利も取れていますが、骨折明けから3回使いましたので、いったん放牧を挟みたいと思います」とのことで、9月6日にグリーンウッドTへ移動予定。
◆無理せず次も頑張りましょう!

アンデスクイーン
この中間も変わりなく順調。9月4日、西園調教師は「疲れからも回復し、元気にしています。10月3日のレースから逆算して今後の調整を進めていきます」とのこと。10月3日(木)大井・レディスプレリュード(JpnⅡ・牝・ダ1800m)に出走予定。
◆引退まで負けないぞ~

アースミステリー
4日、田中博康調教師は「昨日、チェスナットファーム(阿見)へ放牧に出しました。しっかりと馬のケアをして、福島1週目に向かいたいと思います」とのこと。
8/31 助手 美南坂良 1カイ 61.5-45.5-29.9-15.2 馬なり余力
◆福島で頑張ろう!

ボールライトニング
9月29日(日)阪神・ポートアイランドS(芝1600m・L)に向けて調整中。4日、宮本調教師は「次走までまだ日数もあり、普通キャンターの調整で疲労回復に努めています。前走は暑い中での競馬でしたからその分の疲れがあるようですが、一番心配していた脚元はムクミも無く状態を維持できているので、このまま進めていけると思います」とのこと。
栗プール 8月 28日 29日
◆もうひと花咲かせたいね。

ライクトゥシャイン
9月6日に名古屋・角田厩舎に入厩。角田調教師より「本日、無事に到着しています。歩様等も問題は無く、このまま出走に向けて進めていきます」との連絡が入っている。
◆早く条件を満たして帰っておいで。

シュアゲイト
ゲート試験合格後も順調。9月4日、宮本調教師は「先週ゲートもクリア出来ましたので、今週からさっそく坂路で時計を出しています。今日は坂路に向かうところで暴れた前の馬につられて気持ちが高ぶった様子だったので、無理しない方が良いと思い単走で登坂させました。時計は4ハロン56秒3、終い13秒1を計時し、まだ余裕もありましたし1本目の動きとしては悪くなかったと思います。ヤンチャでうるさい面も見せているので、その点は慎重に進めたいですね」とのこと。
9/1 助手 栗東坂稍 1カイ  58.6-42.5-27.6-14.0 馬なり余力
9/4 助手 栗東坂良 1カイ  56.3-41.3-26.7-13.1 馬なり余力
◆デビューは阪神?京都?

★今週の長浜さん★
日曜 中山3R ヴァンダーファルケ
◆デビュー戦。楽しみです♪

日曜 阪神1R マルカブレーブ
◆ダート替わりで変わるか?

| | コメント (0)

先週の結果

果たして今年は3歳勢勝ち上がり0(ゼロ)になるのかな?

ファンタジステラ
8月31日(土)新潟・飯豊特別(芝1200m・ハンデ戦)に内田博幸騎手で出走。馬体重は2キロ減の436キロ。メンコ着用。状態は変わりない様子でパドックに現れ、発汗は気温なりにあり、いつも通り大人しく周回している。他の馬にジョッキーが跨がり始めると少しうるさい仕草が目につく。芝コースに出てくるとツル頸を見せ、ジョッキーに促されてからは抑えた感じで駆けていった。
レースでは、スタートは悪くなく、ジョッキーが軽く押して中段からの競馬。3角6番手から直線に向くと、馬場の真ん中を伸びてくる。残り200mを過ぎてから真正面が空いて脚をしっかり使うが3着まで。
音無調教師は「強いて言うなら自分の競馬が出来なかった感じはありますが、昇級初戦ということを考えれば良く頑張っていたと思います。厩舎に戻ってからの状態を見て、放牧に出すか、そのままレースに臨むか決めていきます」とのこと。
内田騎手は「ゲートでガタ付くところはありましたが、あまり強く押さえつけると余計出遅れる雰囲気もあり、何とかタイミングを合わせて出していきました。ゲートだけ決まれば着順は良くなると思いますし、このクラスで十分通用します。今日は馬場の良いところを通って来れたし、最後も前が空いたけど、もっと外を通ってきた馬にやられてしまいました。スピードのある馬で1200の距離は合いますね」とのこと。
◆う~ん、不満だなぁ…
もうちょっと上手く乗れなかったかなぁ…
それとも良く3着に持って来たと思った方が良いのか…

トゥールナージュ
9月1日(日)札幌4R・3歳未勝利・芝2000m・16頭立7枠13番に古川吉洋54.0kg・馬体重454kg(+6)で出走して、タイム2分3秒4(良)で0.2秒差の2着でした。
古川騎手「内で溜める競馬がしたかったので、外枠が気になっていましたが、上手く潜り込むことができました。前回よりも少し早めに吹かして行って、4コーナーも上手く捌けたのですが、あともうちょっとでした…。返し馬でリラックスして走っていると、右前のぎこちなさがあるのに加えて、それをかばって左前にも硬さが出ていたので、なんとかもってくれとお願いしながらゲートに向かいました。レースで気が入れば脚元は気になりませんでしたが、ギリギリのところで頑張ってくれたと思います」
飯田(雄)師「もう少しでした。残念です。上がりの歩様に大きな乱れはありませんでしたが、栗東の診療所で状態が慢性化している右膝の検査を行ない、必要があれば手術をしたいと思います。番組の都合上で続けて使ってきましたが、膝を気にせずに走れれば、もっとやれる馬だと思いますから立て直したいです。検査や手術の結果をみて、今後の方針を決めさせてください」
◆勝ち馬には完敗でしたが良く頑張ったんじゃないですか。
力が無かったってことですわ。
地方に出すのかなぁ…
ダートではもう底が見えていますし最近は地方も強いですからね。
どうするんだろうか?

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »