« 久し振りの重賞ゲット! | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

まだ先週のアンデスクイーンの激走の余韻に浸ってます♪

カヴァレリア
8月16日(金)大井・B3選抜特別(ダ1,600㍍)に真島大輔騎手で出走。馬体重は前走から9キロ減の495㌔。パドックでは、馬体減の影響もなく集中して周回。真島騎手が跨がり本馬場に入ると、スムーズなキャンターで駆け出して行った。
レースでは、スタートから出して行ったものの、他馬のダッシュが速く中団からに。3角でインを上がって行き3番手で直線に。そこから抜け出して来るかに思われたが、ジワジワとしか伸びられず3着。
荒山調教師は「今日は前に行った馬が有利な不良馬場で、真島騎手が上手にインを捌いてくれました。この馬には馬場や展開が向きませんでしたね」とのこと。
真島大輔騎手は「今日は先行馬有利な馬場の中で、最後まで頑張ってくれていると思います。良馬場なら、このクラスでも十分勝ち負け出来そうです」とのこと。
◆大井では崩れませんね。
大井で現役を続けてもらって重賞なんかに出てくれた言うことないんですがね。

ダンケシェーン
8月18日(日)札幌10R・大通公園特別・3歳以上2勝クラス・D1700m・12頭立2枠2番に横山和生57.0kg・馬体重478kg(-2)で出走して、タイム1分46秒2(良)で0.9秒差の7着でした。
横山(和)騎手「本当は中段より前で競馬をしたかったけど、馬がゲートを出てくれないですね。ゲート内でトモを踏めていないので、一歩目を出すのに遅れてしまう感じです。良かった頃はそんな事はなかったので、トモの状態がまだ本物ではないように思います。でも、もともと頭を右側に傾けて左にモタれる走り方をしていましたが、最近は真っ直ぐ走れるようになっているので、乗りやすくなっています。ただ、気性的にもっとピリッとしてきてほしいので、何度か短距離戦を使ってテンから急がせる競馬をさせてみようと先生が話されていました」
◆安定の定位置って感じですね。
馬券圏内で着を拾ってくれたらもっと嬉しいのですが…
去勢とか何か変化が無いとこのまま終わってしまいそうですね。
まあ着を拾ってくれているうちは頑張ってくれたら良いですわ。

|

« 久し振りの重賞ゲット! | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久し振りの重賞ゲット! | トップページ | 週刊愛馬情報 »