« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

3歳馬の浮上が無い…

トゥールナージュ
7月7日(日)函館4R・3歳未勝利・芝1800m・16頭立7枠14番に古川吉洋54.0kg・馬体重448kg(-4)で出走して、タイム1分50秒5(良)で0.8秒差の7着でした。
古川騎手「外5頭目を回されていたので、前に出してポジションを取る選択をしましたが、無理をさせ過ぎたかもしれません。芝千八の難しいところが出てしまいました。洋芝の走りは悪くありませんが、上手く乗れなかったのはあるけど、もうひとつ上のギアが出てこなかった事を考えると、距離が足りないように感じました」
飯田(雄)師「外枠だったこともあって、早目にポジションを取りに行き、脚をためられる場面を作れなかったようですね。この後は上がりの状態を良く確認して、次へ向かいたいと思います」
◆待望の芝での結果がこれでは…
未勝利決定かなぁ…

ライクトゥシャイン
7月7日(日)中京・3歳未勝利(ダ1400m)に中谷騎手で出走。馬体重は6キロ減の452キロ。落ち着いた様子でパドックを周回。久々になるが体の張りは良く、歩様もスムーズで具合は良さそう。ジョッキーが跨がると気合いを表に出し、首を上下し軽く鼻を鳴らして馬場に向かう。小脚を使ってダートコースに入り、行きたがる馬をなだめてから軽いキャンターで返し馬を行った。
レースでは、好スタートを決めて内の馬を見ながら行き脚良く先団に付け、外目6~7番手で流れに乗る。3~4コーナーで徐々に前との差を詰め、外の4番手で直線へ向かったが、最後は伸び切れず4着。
宮本調教師は「好スタートを決めてスムーズな競馬が出来ていました。権利を取れましたし、脚元などに問題が無く、使えるようなら中1週の同条件に向かいたいと思います」とのこと。
中谷騎手は「外枠からスムーズな競馬が出来ていました。ソエのためコンスタントに使えなかったようですが、この条件は合っていると思いますし、続けて使えるなら期待できそうですね」とのこと。
◆最低限権利を取ってくれましたがあの展開なら勝ち切って欲しかった。

スターオブザナイル
7月7日(日)中京・3歳未勝利(ダ1400m)に高倉騎手で出走。馬体重は10キロ減の488キロ。馬体が大分引き締まってきている。時折チャカチャカしたりと、まだ子供っぽい素振りを見せるが、イレ込みはなく元気一杯な様子。ジョッキーが跨がると小脚を使って馬場に向かい、ダートコースに入ってすぐ促されるとスムーズなキャンターで返し馬を行った。
レースでは、もっさりしたスタートとなってしまい最後方からの競馬。促されて行き脚を付け馬群後方に取り付き、ラチ沿いの後方2~3番手を追走。直線に向いて内目から脚を伸ばすも11着まで。
高倉騎手は「もっさりしたスタートから促して付いていったのですが、3コーナーに差し掛かった辺りでペースを落とされてしまい、行く気になっていた馬の気持ちとペースが噛み合いませんでした。あまり器用なタイプではなく、内枠が仇となった感じです。直線で自分の走りが出来ると伸び脚を見せてくれましたし、自分のペースで上がっていける外枠だったら違ったかもしれません」とのこと。
調教助手は「除外続きでしたが、乗り込んで馬体も絞れ状態は良かったと思います。キャリアの浅さもあって内枠から後手を踏み、苦しい競馬になってしまいました。この後のことは厩舎に戻ってからの状態を見て検討することになると思います」とのこと。
◆正直勝ち上がりは難しいでしょう…

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »