« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

先週の結果

3歳勢はほぼ諦めましたが古馬たちが重賞に出走してくれそうです。

スターオブザナイル
7月27日小倉・芝1200mに出走し9着。荒川調教師から「ここまで芝とダートを使い、距離も変えてみましたが成績に繋げることができず、今回のレースで3戦連続9着以下となったため2ヶ月間の出走停止処分を受けており、以降の未勝利戦に出走することができません。残念ではございますが、ここで引退させることにしたいと思います」との話があり、師とも協議を進めた結果、残念ながら同馬を引退させることになった。同馬は令和元年7月31日に中央競馬の馬名登録を抹消予定。
◆先生も色々試してくれましたがハッキリ言って力不足でした。
お疲れ様でした。

アースコレクション
7月28日(日)新潟・3歳上1勝クラス(混合・ダ1,200㍍)に戸崎騎手で出走。馬体重は8㌔増の528㌔。チークピーシーズにシャドウロールを着用し舌を縛る。パドックでは、歩様もスムーズにリラックスして周回。馬道で戸崎騎手が跨がり、馬場に入ると、じっくり歩かせてから一番最後に返し馬に入った。
レースでは、好スタートから中団外目のベストポジションに。好位から直線外に出されて反応良く伸びたが4着まで。
尾関調教師は「スタートからのポジションが良く、直線では弾けるかと思いました。ここ数戦安定して、自分の力を出せるようになってきました。今日は一勝クラスとしては時計も速く、内容も良かったです。歩様が硬い馬なので、レース間隔を詰めると自分の走りが出来ませんので、トレセンに戻った状態を見て次走については相談させて下さい」とのこと。
戸崎騎手は「スタートが決まり、思い通りの競馬が出来ました。最後まで一生懸命走ってくれました。今日のような、平坦コースも合ってますね」とのこと。
◆この仔なりに力は出しているので文句は言えませんが…
勝ち切るにはワンパンチ足りませんね。

アンデスクイーン
7月28日締切の8月15日(木)門別・ブリーダーズゴールドカップ(JpnⅢ・牝・ダ2000m)に投票したところ、出走可能馬に選出されている。西園調教師からは「賞金の関係で除外が続いていましたが、ここにきてようやく交流重賞に出走可能馬として選ばれました。確実に出られるかどうか分からなかったので、無事に出られることになり嬉しく思います。ギリギリまで栗東で調整し、札幌競馬場経由で門別入りする予定です」との連絡が入っている。
◆門別に出られるぞ~
きっちり仕上げて勝ちに行くぞ~

★先週の長浜さん★
ミユキディオニソス…7着
◆1走1走レース内容は良くなっているのですが…
時間が足らないなぁ…

| | コメント (0)

週刊愛馬情報

暑い暑い…

スターオブザナイル
今週7月27日(土)小倉・芝1200mに秋山騎手で出走する。24日、荒川調教師は「権利が無く予定の立てづらい状況ですが、今週もCWチップコースで時計を出しており状態は維持できています。今週出られるところがあれば投票したいと思います」とのこと。
25日、荒川調教師からは「短距離戦で出られるところがありましたので、土曜の芝1200mに投票しました。母が得意としていたコースでもあり変わり身を見せてくれれば」との連絡が入っている。
栗プール 7月 18日
7/21 助 手 栗CW稍         60.6-44.5-14.8 馬なり余力
7/24 田中健 栗CW重         50.1-38.0-12.9 末強目追う
メイショウカムロ(二未勝)一杯の内を0.4秒追走3F併0.7秒先着
◆これで掲示板でも確保出来たなら先生のファインプレーですね。
ただ状況は非常に厳しいです。

アースコレクション
7月28日(日)新潟・1勝クラス(混・ダ1,200㍍)に戸崎騎手で出走の予定。24日、尾関調教師は「今朝、ダートコースで5ハロンから追い切りを行いました。調教の動きは、先週に引き続き良かったです。新潟のダート1,200㍍は前残りが多いので、展開の助けが必要になるかもしれません」とのこと。
7/21 助手 美南坂稍 1カイ 56.0-41.3-27.4-13.8 馬なり余力
7/24 助手 美北B稍     67.1-51.8-37.7-12.4 馬なり余力
◆いつもあともうワンパンチ足りませんが戸崎鞍上でプラスに働かないかなぁ…

トゥールナージュ
8月10日(土)札幌7R・3歳未勝利・芝2000mまたは11日(日)札幌4R・3歳未勝利・芝2600mに出走を予定しています。
飯田(雄)師「レース後は特に大きな問題はないと現地から報告が入っていますから、様子を見て次走に進めたいと思います。番組を見ると、中1週で芝2000とD1700どちらも牝馬限定戦がありますが、牝馬限定戦はかえってメンバーが揃ってしまうことがよくありますし、膝への負担を考えれば牡馬と混合にはなりますけど中2週で芝2000、2600あたりを狙った方が良いのかもと思っています。来週の準備も整えつつ、馬の状態と想定との相談ですね」
◆後が無いんだからきっちり仕上げて勝ちに行こうね。

シネマソングス
24日、小笠調教師は「札幌競馬場の環境にも慣れ、飼い葉も食べてくれています。今朝は、長めから終い重点の調教を行っています。騎乗者からは『終いの反応も良く、1週前としては良い調教が出来たと思います』との話でした。来週のダート1,700㍍、牝馬限定戦に藤岡祐介騎手で予定しています」とのこと。
7/21 助手 札ダ良      58.6-43.6-14.3 馬なり余力
7/24 助手 札ダ良  69.1-52.2-38.4-12.5 馬なり余力
キュートアクトレス(三未勝)馬なりの外を0.3秒追走4F併同入
◆来週期待です!

エトワールドパリ
24日、深山調教師は「前走後も脚もとに問題はなく、本日、社台ファームに放牧に出しています。函館で3戦しましたが、展開が向かず自分の競馬が出来なく申し訳ありませんでした。体調が整うようならば、札幌後半戦での出走も検討していきます」とのこと。同日、牧場担当者からは「到着時の馬体重は480キロです。背腰には使ったなりの硬さが見られますが大きな問題はありません。両前球節に疲労感出やすい馬なのでケアしていきます。札幌後半での出走も検討しているようなので、態勢を整えていきたいと思います」とのこと。
◆復活して欲しいよなぁ…

カヴァレリア
25日、荒山調教師は「前走後に、背腰に張りが出たのでショックウェーブ治療を施しました。今週に入り、治療の効果もあり歩様も改善してきています。再入厩後、ここまで頑張ってくれましたので、一開催スキップして8月11日からの大井開催に向かうつもりにしています」とのこと。
◆大井で頑張れ!

ファンタジステラ
8月3日(土)小倉・筑紫特別(芝1200m)に向けて調整中。7月24日、音無調教師は「脚元なども問題は無く、久々を一つ使って状態を維持しつつ進めることができています。予定通り来週の特別戦に向かいたいと思います」とのこと。
7/21 助 手 栗東坂稍 1カイ  58.4-42.6-28.2-14.1 馬なり余力
7/24 助 手 栗東坂重 1カイ  53.2.-38.6-25.5-13.1 馬なり余力
サンライズフルメン(古2勝)馬なりを0.1秒追走同入
◆まずは無事に。
次は勝ち上がって欲しいですね。

アンデスクイーン
この中間も順調。7月25日、西園調教師は「変わりない様子で馬は元気にしています。まだレースは先なので、使うところが決まったら1週前と当該週の追い切りで態勢を整えます」とのこと。7月28日締切の8月15日(木)門別・ブリーダーズゴールドカップ(JpnⅢ・牝・ダ2000m)に投票し、除外見込みの場合、8月24日(土)新潟・BSN賞(ダ1800m・ハンデ・L)に向かう予定だ。
◆門別に出た~い!

アースミステリー
24日、田中博康調教師は「前走の疲れも、治療の効果もあり抜けてきました。今朝は、ポリトラックにて13-14ぐらいの調整を行いましたが、動きも良くなってきています。週末と来週の追い切りで来週の直線競馬に向かいたいと思います。昇級戦になりますが、千直の競馬で勝っている馬なので、対応出来るのではと思っています」とのこと。
7/21 助手 美南坂稍 1カイ 56.5-41.1-25.8-12.4 馬なり余力
7/24 助手 美南P良       54.9-39.7-12.4 G前仕掛け
ケイツーテソーロ(古1勝)馬なりの外0.3秒追走同入
◆来週頑張れ!

ボールライトニング
帰厩後も順調。8月11日(祝・日)新潟・関屋記念(芝1600m・GⅢ)に向けて調整中だ。7月24日、宮本調教師は「本日、坂路で追い切りを行い、4ハロン50秒7、ラスト12秒0を計時しています。開場後すぐの馬場の良い時間帯だったこともありますが、今日も速い時計をマークし、本数を重ねて動きや息遣いは大分は良くなってきたように思います。あと2週あれば良い感じに仕上がってきそうです」とのこと。
7/21 助手 栗東坂稍 1カイ  60.0-43.1-27.8-13.8 馬なり余力
7/24 助手 栗東坂重 1カイ  50.7-37.1-24.3-12.0 一杯に追う
◆関屋記念出れるのか?

ガーデンコンサート
7月20日(土)函館・3歳未勝利(牝・ダ1,000㍍)に出走し3着。24日、尾関調教師は「北海道のスタッフから『レース後の歩様の乱れや疲れは見られません』との報告を受けています。鞍上のルメール騎手からも『1,000㍍は、最初の2ハロンが速くて離されてしまう。直線が短くて対応が難しい』との話がありましたので、次走は距離延長のダ1,700㍍や芝1,200㍍も含めて検討します」とのこと。
◆札幌続戦のようですが適鞍が無い…

ライクトゥシャイン
7月20日中京・ダ1400mに出走し15着。24日、宮本調教師は「レースの後、左前にソエが出てかなり痛がっていたのですが、治療を受けて様子を見たところ、思っていたより早く落ち着いてくれました。まだ少し歩様に出ていますが、このまま引いてくれるようなら小倉最後の未勝利に間に合うかもしれません。出走停止も受けていますので、その期間にいったんノーザンファームしがらきへ放牧に出して立て直します。間に合うようなら小倉・ダ1700mに向かうつもり」とのこと。26日にノーザンファームしがらきへ移動予定。
◆小倉出れるのか?

アースプレリュード
24日、武井調教師は「坂路コースにて単走で追い切りをしました。今日は、終いを伸ばす事を重点に調教をしましたが、切れる感じではなかったので、スピードを活かすレースをした方が良さそうです。新潟3週目の1,000㍍直線競馬に向け調整していきます」とのこと。
7/19 助手 美南坂重 1カイ 54.7-39.9-26.2-13.4 一杯に追う
アピテソーロ(二未勝)強目に0.4秒先行同入
7/24 助手 美南坂稍 1カイ 54.3-39.6-25.9-13.0 一杯に追う
◆新潟出れるのか?

★今週の長浜さん★
日曜 小倉4R ミユキディオニソス
◆連闘で変わるかな?

| | コメント (0)

先週の結果

今年の3歳は勝ち上がり無しなのでは…

ガーデンコンサート
7月20日(土)函館・3歳未勝利(牝・ダ1,000㍍)にルメール騎手で出走。馬体重は2キロ減の454㌔。メンコ、シャドーロールを着用し、落ち着いた雰囲気でリズム良く周回。ジョッキーが跨ってからも、入れ込むことなく返し馬へ。
レースでは、まずまずのスタートを切るも、他馬の二の脚が速く後方2番手に。促しながら直線に向かい、馬群の間を縫うように上がって行くも、前の2頭との差があり3着まで。
尾関調教師は「滞在の効果もあって調整は順調に行き、良い状態で臨めました。直線は良い脚を使っていますが、この距離だと最初の2ハロンまでが速くなり、そこで離されると厳しい展開になってしまいますね。札幌もダートの番組が1,000㍍か1,700㍍になるので、状態も含めて検討していきます」とのこと。
ルメール騎手は「ダート1,000㍍は最初の2ハロンがついていけません。直線は後ろから、良い脚を使っていますが、直線も短いので届かないです。少し距離が短いですね」とのこと。
◆1000mでついて行けないのは致命的ですね。
今さら新潟に行くのも…
勝てるのか…

ライクトゥシャイン
7月20日(土)中京・ダ1400mに中谷騎手で出走。馬体重は8キロ減の444キロ。メンコ着用。歩様に気になる硬さは無く落ち着いて周回している。身体の張りはしっかりとしていて前走以上の出来に見える。ジョッキーが跨がると首を上げ下げしながら馬場へ向かった。返し馬はジョッキーに促されてから非常にゆったりと駆けていった。
レースでは、スタートは揃って出て、芝の部分をジョッキーがおっつけ、5番手でダートコースに入ったが前の馬のキックバッグを嫌がってポジションを下げてしまう。最後の直線でも、強く追われることなく15着。
宮本調教師は「勝ちを意識する指示を出していましたが、押しても全く進まず、周りの馬や砂を気にしたのか・・・前走の競馬を考えると外枠であれば違う結果になったと思います」とのこと。
中谷騎手は「押していったけど馬がブレーキをかけて全く進んでくれませんでした。今日は、返し馬から脚の出が硬かったです」とのこと。
なお、勝ち馬から4.3秒差の入線でタイムオーバーとなり1ヶ月間の出走停止処分を受けている。
◆ここにきてのタイムオーバー…
地方で出直して成長を待つ方が得策かも…

エトワールドパリ
7月20日(土)函館・3歳以上1勝クラス(牝・ダ1,700㍍)に丹内騎手で出走。馬体重は増減なしの482㌔。初めてブリンカーを着用。厩務員に甘えるような仕草を見せながら、大きな完歩で終始落ち着いて周回。
レースでは、スタートから気合を付けて出して行くも、先手を取れず4番手から。道中も促されながらの追走となり、ペースが上がると離されて5~6番手で直線に入り、インコースから追われるも伸び脚なく8着。
深山調教師は「先手を取っての競馬が理想ですが、1,700㍍のペースだと先行するのは難しいですね。もう少し距離がないと先手を取るのが厳しいかもしれません。この後は、函館開催で3回出走させましたので、一度放牧に社台ファームへ出させていただきます。馬の回復次第では札幌後半も考えています」とのこと。
丹内騎手は「先生からの指示もあり、気合いをつけてハナを主張しましたが、この距離だとスタートからのスピードが足りずに先手を取ることが出来ませんでした。道中は揉まれると、他馬を気にするところがあり、促しながら進めて行きました。直線で前が開いた時には、一瞬伸びかけましたが、進路が狭くなると自分でブレーキを踏んでしまいます」とのこと。
◆餌代を稼いでいる間はクビにはされないでしょう。

トゥールナージュ
7月21日(日)函館4R・3歳未勝利・芝1800m・14頭立4枠5番に古川吉洋54.0kg・馬体重456kg(+8)で出走して、タイム1分49秒4(良)で1.7秒差の5着でした。
古川騎手「最低限の結果は出せたけど、今回ももうひとつ上のギアに入ってくれなかったです。内枠で前回よりもゲートを出てくれたので、楽にポジションは取れたけど、最後は2、3着馬と同じような脚を使って欲しいところです」
早藤助手「滞在競馬で飼葉をたくさん食べてくれるので、よい身体つきで出走できたと思います。ただ、右膝を馬も気にしている状態なので、自分で加減して走っているのかもしれません。前走のレース直後も目一杯走って疲れた感じがありませんでしたからね。でも期限がある事なので、次は全力で走れるように、出来るだけのケアをしてあげたいです」
◆次には首の皮一枚繋がったけど…
勝ち上がるには程遠い内容ですね…

★先週の長浜さん★
ミユキディオニソス…9着
◆明らかに芝馬だけど成長がなぁ…

| | コメント (0)

週刊愛馬情報

梅雨は嫌だなぁ…

ガーデンコンサート

7月20日(土)函館・3歳未勝利(牝・ダ1,000㍍)にルメール騎手で出走を予定している。17日、尾関調教師は「今朝はウッドチップコースで追い切りました。5ハロンは68秒台後半で、テンで行きたがりペースが速くなったため最後は無理せず馬なりでゴールしています。前走後も順調に調整出来ていますし、飼い葉喰いや体調も良好で使った上積みも見込めそうです。馬体重も456㌔と前走時と変わりなく来ています」とのこと。
7/17 助手 函W良  68.9-54.2-39.5-13.7 強目に追う
◆今度こそは勝ってください。
でもルメールの2着病が心配…

ライクトゥシャイン
7月20日(土)中京・ダ1400mに中谷騎手で出走予定。17日、宮本調教師は「騎乗再開後もソエの症状は見られず、状態も変わりなくきており、本日坂路で時計を出しています。4ハロン55秒5、終い12秒6を計時しており、休み明けを一つ使って良化も見込めそうな雰囲気です。未勝利のダ1400m戦はこのレースが最後となりますので、ここで決めて欲しいところです」とのこと。
7/17 助手 栗東坂良 1カイ  55.5-40.5-26.1-12.6 強目に追う
◆善戦はいりません。勝ってください。

エトワールドパリ
7月20日(土)函館・1勝クラス(牝・ダ1,700㍍)に出走の予定。17日、深山調教師は「先週の競馬をスライドしたことで、歩様の硬さも取れ状態も上向いています。今朝は、ブリンカーを装着して5ハロンから68秒くらいの調整を行っています。調教では、集中力もあり反応も良かったです。今回は実戦でもブリンカーを装着して臨みます」とのこと。
7/17 助手 函W良  67.6-53.0-38.9-13.8 馬なり余力
◆とにかく逃げなきゃ。

トゥールナージュ
7月21日(日)函館4R(発走11:25)3歳未勝利・芝1800m・14頭立に古川吉洋54.0kgで出走します。
早藤助手「びっこを引くような歩様ではありませんが、膝が気になると言えば気になりますので、獣医さんのアドバイスもあって骨代謝を促進する注射を入れてケアを続けています」
古川吉・7月17日(木)函W良・4F56.0-39.8-13.0(8分所・馬なり余力)
飯田助手「番組について古川騎手と相談してみたところ、前走時はキレる脚が無いという印象があり、外枠でもあったから早目にポジションを取って進めた結果、直線の脚に影響したと敗因を分析をしていました。距離についてはは1800でも2000でも乗り方ひとつでこなせそうと言っていましたから、少しでもメンバー的に組みやすい方に投票しました」
◆実力もないのでしょうが調子ももう一つのようなぁ…

ダンケシェーン
日高町のファンタストクラブへ本日放牧に出ました。
昆師「仕上がり途上の状態だったから、今回の敗戦は想定内です。節を整えるため一度牧場に移動させますが、身体は緩めないで乗るようにして、馬の状態と想定状況とを見て戻し、札幌で使う予定にしています」
◆札幌で頑張ってくれ!

シネマソングス
17日、小笠調教師は「輸送で馬体が減りましたが、目標の札幌2週目までは時間もあり、環境に慣れれば滞在効果も出て飼い葉も食べられてくると思います。昨年も札幌の滞在で良い競馬をしてくれたので、今年も昨年以上の競馬が出来るようにしっかり調整して競馬に向かいたいと思います。今週末から調教を開始していきます」とのこと。
◆札幌で頑張れ!

ファンタジステラ
8月3日(土)小倉・筑紫特別(芝1200m)に向けて調整中。7月17日、音無調教師は「この中間も変わりなくきており、2週目の特別戦に合わせて調整しています。あと2週間ありますので、状態と脚元に合わせて進めていきます。権利無しでの投票になりますので、何とか出走に漕ぎ着けたいところです」とのこと。
7/17 助 手 栗東坂良 1カイ  53.7-38.7-25.4-12.5 馬なり余力
◆無事に小倉で頑張れ!

アンデスクイーン
7月14日中京・名鉄杯(ダ1800m・L)で4着。17日、西園調教師は「レース後も脚元などに問題は無く、元気にしてくれています。目一杯の競馬の後ですが、大きな疲れも無いようで、この馬の体力と気力には本当に頭の下がる思いです。このまま問題がなければ、次走は8月15日(木)門別・ブリーダーズゴールドカップ(JpnⅢ・牝・ダ2000m・7月28日申込締切)を目標に進めます。除外見込みの場合、小倉よりは新潟の方が合いそうなので、8月24日(土)新潟・BSN賞(ダ1800m・ハンデ・L)に向かいます」とのこと。
◆門別に出たい!

アースミステリー
7月12日より美浦TCで調整中。17日、田中博康調教師は「今日は帰厩後1本目の追い切りを行う予定でしたが、放牧明けで歩様や体調面がまだ整わない様子でしたので、速めは控えて通常の調整に留めています。こういったことも想定して早めに戻しましたので、無理はせずに週末から行っていく予定です。8月4日の新潟・直線競馬は外せないレースですので、上手く調整して状態を持っていきます」とのこと。現在の馬体重は468㌔。
◆次は除外無く直線競馬に出たいですね。

ボールライトニング
帰厩後も順調。7月17日、宮本調教師は「福島のレースも視野に入れつつ調整を進めてきましたが、やはりまだ体が重く、息遣いも本来のものではない様子ですので、福島は見送りとし新潟のレースに切り替えたいと思います。本日も坂路で4ハロン52秒5、ラスト12秒2を計時しており、このまま本数を重ねれば3週間後の新潟には間に合う見込みです」とのこと。8月11日(祝・日)新潟・関屋記念(芝1600m・GⅢ)に向けて調整する。
7/14 助手 栗東坂不 1カイ  58.8-42.7-28.0-14.0 馬なり余力
7/17 助手 栗東坂良 1カイ  52.5-38.3-24.8-12.2 馬なり余力
◆やっぱり左周りでも一周よりワンターンの方が良いですよ。

アースコレクション
来週の新潟・ダ1,200㍍に出走を予定している。18日、尾関調教師は「今朝は北馬場のBコースで追い切りました。5ハロンは68秒台で、前半は掛かり気味になりましたが、終いもしっかりと脚を使えており、乗り手の感触も上々でした。脚もとの状態も落ち着いていますし、1週前の動きとしては満足のいくもので、良い状態で来週のレースに向かえると思います」とのこと。
7/18 助手 美北B重  68.0-52.7-38.0-13.0 馬なり余力
◆来週頑張って!

スターオブザナイル
今週の中京で出られるところがあれば投票する予定だったが、短距離戦もダ1800m戦も除外見込みのため、来週以降のレースに回る。7月18日、荒川調教師は「短距離戦は6~8節の間隔が無いと出られそうになく、ダ1800mに枠があればと考えていましたが、今週は出られる枠が無さそうです。来週も短距離戦への出走は厳しいかもしれませんが、ダ1700mが牝限を含め3つ組まれており、出られる枠があるかもしれません。調子は変わりなくきていますので、このまま小倉に向けて調整します」とのこと。
7/17 助 手 栗CW良         53.3-39.7-12.8 馬なり余力
◆最後、小倉で頑張りましょう!

ハートビートダンス
7月13日中京・ダ1400m(牝)に出走し14着。17日、音無調教師は「レース後も脚元などに問題は見られません。いったんノーザンファームしがらきへ放牧に出し、一息入れた上で馬の状態を確認し、今後について検討します」とのこと。17日にノーザンファームしがらきへ移動予定。
◆ラスト1走あるかな?

アースプレリュード
17日、武井調教師は「今回は、ダート2戦で結果が出ませんでしたので、新潟の芝・直線を目標に入厩させています。新潟3週目に、武藤騎手で予定しています。混合の直線競馬が、ここにしか組まれていないので、自分の力を100%発揮出来るような調整をして臨みたいと思います」とのこと。
19日、武井調教師は「今朝、帰厩後1本目の追い切りを坂路で行いました。ここ数日の雨で、非力な馬だと終いバタバタになるような重馬場でしたが、最後までしっかりと登坂しています。ここから、調教を重ねてレースに向けて仕上げていきます」とのこと。
◆次の直線レースに全てをかけてください!

★今週の長浜さん★
日曜 中京4R ミユキディオニソス
◆もうちょっとやれても良いんだけどなぁ…

| | コメント (0)

先週の結果

梅雨よ早く明けてくれ~

ハートビートダンス
馬体重は6キロ増の456キロ。浅いブリンカーを着用。多少ピリピリした気配はあるが、前走時より落ち着いた雰囲気でパドックを周回し、馬体を維持して状態は変わりない様子。他の馬にジョッキーが跨がると気合いを表に出し、厩務員をグッと引っ張りつつ馬場へ。少し行きたがる素振りを見せながら返し馬を行った。
レースでは、ゲートが開く直前に急にガタガタしてタイミングが合わず後方からの競馬。道中で少しポジションを上げようとしたが、3コーナーで進路が狭くなって後退し、直線に向かってからも伸びることができず14着。
音無調教師は「今日は装鞍にも一苦労するぐらいのイレ込みで、競馬にいっても終始力みっぱなしでした。勝ち馬から5秒8差の入線でも、他馬の影響から出走停止処分は免れていますが、権利が無いと短距離戦は出られそうもありません。今後のことについては、いったん厩舎に戻ってから現状を踏まえて検討します」とのこと。
西村騎手は「テンションが上がりすぎて、状況としては前走と変わりがありませんでした。返し馬でも力んでしまい、ゲートでも急に我慢しきれなくなりじっとしていられませんでした。道中の不利もありましたが、最後はもう脚がなく伸びられませんでした」とのこと。
◆次があるかなぁ…

アンデスクイーン
7月14日(日)中京・名鉄杯(ダ1800m・L)に松山騎手で出走。馬体重は増減無しの502キロ。列の一番後ろに付け、終始リラックスした様子でパドックを周回。馬体のハリも上々で引き続き具合は良さそう。ジョッキーが跨がってからも落ち着いた雰囲気のまま馬場へ向かい、ダートコースに入るとすぐスムーズなキャンターで駆け出していった。
レースでは、スタートから気合いを付けてポジションを取りに行き、4~5番手インで1コーナーへ。逃げ馬が軽快に飛ばす流れの中、置かれないよういつもより積極的な競馬。1頭が早目に仕掛けていくと更にペースが上がり、3~4コーナー中間からジョッキーが手を動かしつつ5番手で直線へ。勝ち馬がレコードで逃げ切る速い流れの中、最後まで脚を伸ばして4着。
西園調教師は「今日は馬場が軽く後ろからでは間に合いませんので、ジョッキーには2列目3列目のインに付けられればと指示を出していました。作戦も上手くいきましたが、馬も指示に応えて本当に良く頑張ってくれました。この経験も今後に生きてくれると思います。このまま問題が無ければ北海道の交流戦を本線に、出られるレースの中から次走を検討します」とのこと。
松山騎手は「前が止まらない馬場ですので、意識して積極的な競馬をさせました。行ければ逃げ馬の直後の絶好位を取りたかったのですが、枠の関係もありあのポジションからで。好位のまま厳しい流れを付いていき、最後まで良く踏ん張ってくれました」とのこと。
◆レコードではちょっと辛いですね…
頑張ってるんですが今回は相手も条件も厳しかった…
何とか門別に出たいんですが…

ダンケシェーン
7月14日(日)函館12R・渡島特別・3歳以上2勝クラス・D1700m・12頭立1枠1番に横山和生57.0kg・馬体重480kg(-4)で出走して、タイム1分46秒7(稍重)で2.2秒差の11着でした。
横山(和)騎手「気持ちが入っていなかったのでゲートも出ていかなかったです。休み明けを上手く仕上げられませんでした」
昆師「牧場へ出した時にひと息いれた事で馬がおっとりとしてしまった。レース前から覇気がなかったものね。もともとゲートから二の脚が速いはずなのに、競馬に集中出来ていない影響で遅くなってきている。それを踏まえて去勢を考えているが、今回は休み明けだったので1ヶ月後の札幌での競馬内容をみて再検討したいと思います」
◆ほらね…
甘い仕上げで勝てるようなクラスではないんですよ。
もし勝てるならとっくにオープン馬ですって。

| | コメント (0)

週刊愛馬情報

梅雨明けはまだかなぁ…

ハートビートダンス
7月13日(土)中京・ダ1400m(牝)に△西村淳也騎手で出走する。7月10日、音無調教師は「本日も坂路で併せ馬の追い切りを行っています。4ハロン53秒9、ラスト12秒9を計時し、状態に変わりはなく良い動きで坂路を駆け上がってきました。態勢は整っていますので、今週の中京・ダ1200mかダ1400mに向かいたいと思います」とのこと。11日、音無調教師からは「ダ1200mは除外が確定となりましたのでダ1400mに回りました。変わり身を見せて欲しいね」とのこと。
7/7 助手 栗東坂良 1カイ  56.6-42.4-28.2-14.4 馬なり余力
7/10 助手 栗東坂良 1カイ  53.9-39.9-26.1-12.9 馬なり余力
ダノングレーター(三未勝)末強目を0.1秒追走クビ遅れ
◆稽古の良さが実戦に繋がらないのが歯痒いですね…

アンデスクイーン
7月14日(日)中京・名鉄杯(ダ1800m・L)に松山騎手で出走する。10日、西園調教師は「繰り上がりが無さそうなので名鉄杯に向かうことになると思います。今週も坂路で時計を出しており、4ハロン52秒8、ラスト13秒0をマークし、この馬としては上々の好タイムで動けています。12頭立て見込みで頭数も落ち着きましたし、頑張って欲しいですね」とのこと。
7/7 助手 栗東坂良 1カイ  62.8-43.8-27.9-13.9 馬なり余力
7/10 助手 栗東坂良 1カイ  52.8-39.0-26.0-13.0 一杯に追う
◆交流重賞に出れませんでしたね。
ここを勝って門別に行きたいなぁ…

ダンケシェーン
7月14日(日)函館12R(発走16:30)渡島特別・3歳以上2勝クラス・D1700m・12頭立に横山和生57.0㎏で出走します。
横山和・7月7日(日)・函W良・5F73.7-58.0-42.8-14.5(5分所・馬なり余力)
横山和・7月10日(水)函W良・5F67.7-52.9-38.7-13.1(7分所・一杯に追う)
ヒルノマゼラン(古馬2勝)末強目の内0.6秒追走0.4秒遅れ
昆師「放牧帰りから在厩10日競馬を考えて戻してはみたものの、ファンタストクラブへ放牧直後に軽めで調整した期間のぶんの影響なのか、まだ緩さが残っていて仕上がり度8分で良化途上と言った感じだね。和生が毎日調教してくれているから、そのへんのプラスαには期待している」
◆仕上がり8分で勝てるようなクラスではないのにね…

トゥールナージュ
7月20日(土)または21日(日)函館競馬・3歳未勝利戦に出走を予定しています。
飯田(雄)師「歩様を乱すようなダメージはありませんでしたが、引き続きフケと膝へのケアは入念にして次走へ備えています。特に問題ないようなら中1週で函館の最終週へ向かうつもりでいます」
◆前進はあるのかな?

シネマソングス
7月5日に美浦トレーニングセンターに入厩。10日、小笠調教師は「入厩後は環境の変化に弱く、飼い喰いが落ちる馬ですが、今回は量も食べてくれています。後は、札幌までの長距離輸送をクリアしてくれたらと思います。明日、美浦を出発して、金曜日に札幌競馬場に着く便で移動する予定です」とのこと。
◆札幌で頑張れ!

エトワールドパリ
10日、深山調教師は「今朝、函館のダートコースで5ハロンから68秒くらいの調整を行いましたが、調教時の動きに硬さが見られました。調教次第では、今週の競馬も考えていましたが、来週の競馬に向けて厩舎でしっかりケアしていきます。馬体は、滞在で落ち着きもあり、飼い葉を食べていますので回復しています」とのこと。
7/10 助手 函ダ良  67.7-53.2-39.5-13.2 馬なり余力
◆どんどん使って行きましょう。

カヴァレリア
7月11日(木)大井・オフト汐留賞 (B3六組・ダ1,600㍍)に真島大輔騎手で出走。馬体重は前走から11キロ減の504㌔。ブリンカーを着けてパドックに登場。馬体重は大きく減っているが、細くは映らず絞れた感じ。真島騎手が跨がり本馬場に入ると、力強いキャンターで駆け出して行った。
レースでは、スタートからポジションを取りに行き先団外目に。前2頭を見ながら3番手で競馬を進め直線に。逃げた馬との叩き合いとなり、ゴール寸前までデッドヒートとなり、最後はクビ差しきり優勝。勝ち時計は1分42秒3。
荒山調教師は「ここ2戦はお腹がボテっとした馬体でしたので、スタッフには競走馬らしい「からだ」にするよう指示して調整してきました。今日は、馬体も絞れて、楽に動けるようになったようです。大井に復帰してから、勝つまでに3戦掛かりましたが、引き続きB3クラスで走れると思うので、体調を整えて次走に備えたいと思います」とのこと。
真島大輔騎手は「転入直後は、動きが重苦しく、良い状態になるまでかなり時間が掛かると思いましたが、今日は馬体が絞れて素軽さが出て来ました。着差は僅かでしたが、最後は余裕があり、遊びながら走っていました。転厩前の大井所属時の状態に戻りつつあります。本当に良い時は、スタートから掛かり気味に走っていきますので、そういうところが見られるようになれば本物ですね。距離もこの位が良さそうです」とのこと。
◆地方と中央の差はあると思いますが大井はやっぱり走りますね。

ファンタジステラ
この中間も変わりなく順調。7月10日、音無調教師は「膝の具合も変わりなく、次走に向けて調整中です。今日は坂路1本17-17程度を乗っており、状態面もキープできています。次走への優先権利は小倉1週目までなのですが、脚元のことを考えて出来るだけ間隔を取って使いたいのと、特別戦なら減量騎手の軽斤量馬がいないので、場合によっては2週目の筑紫特別に向かうかもしれません。小倉前半があまりにも混み合うようなら再検討します」とのこと。次走は小倉・芝1200mに向かう予定。8月3日(土)小倉・筑紫特別(芝1200m)への出走を検討中。
◆まずは無事に。
早くこのクラスは卒業しましょう。

アースミステリー
10日、牧場担当者は「『1本強いところを乗ってから入厩させたい』と調教師からの指示があり、坂路で3ハロン44.7、終い12.1秒の追い切りを行いました。ラストまでしっかり走れていましたので、これでトレセンに戻せると思います。また、飼い喰いも良く現在は+20㌔の478㌔までになっています」とのこと。
田中博康調教師は「今週の検疫が取れましたので、金曜日に入厩させます。8月4日の新潟・直線競馬に向けて調整を進めていきます。新潟の直線競馬なら、昇級戦でも対応出来るのではないかと思っています」とのこと。
◆次は昇級戦になりますが直線競馬は魅力です。

ボールライトニング
帰厩後も順調。7月10日、宮本調教師は「今週も坂路で追い切りを行い、4ハロン52秒4、ラスト12秒2を計時しました。数字は速いのですが、まだ息遣いが良くなく、乗り手の方でも動きが重く感じているようでした。福島最終週で使えるかは、この一追いでどれだけ変わるかですね。もし福島が間に合わないようであれば、左回りになりますが新潟の関屋記念も選択肢に入れて、脚元への負担を考慮しつつ、今週以降の馬の状態次第で決定したいと思います」とのこと。7月21日(日)福島・福島テレビオープン(芝1800m)、8月11日(祝・日)新潟・関屋記念(芝1600m・GⅢ)に向けて調整する。
7/7 助手 栗東坂良 1カイ  55.7-40.5-26.5-13.3 馬なり余力
7/10 助手 栗東坂良 1カイ  52.4-38.3-24.8-12.2 一杯に追う
◆周回よりワンターンの方が良いでしょう。
新潟に行きましょう。

アースコレクション
11日、尾関調教師は「騎乗運動を再開した後も大きな疲れや痛みは出ていませんので、そのまま乗り進めています。新潟1週目のダ1,200㍍戦を目標に、引き続き調整していきたいと思います。ジョッキーは戸崎騎手を予定しています」とのこと。
◆おっ、戸崎🎵

ガーデンコンサート
11日、尾関調教師は「今朝は、ウッドチップコースで半マイル57秒前後の時計を出しています。前の馬を追い掛けて、最後まで縦列を保ったままゴールしています。引き続き良い状態をキープ出来ていますので、予定通り来週のダ1,000㍍に向かいます。ジョッキーは前走同様ルメール騎手を予定しています」とのこと。
7/11 助手 函W良  58.8-43.1-13.9 馬なり余力
◆次は決めてね!

スターオブザナイル
7月7日・中京・3歳未勝利(ダ1400m)に出走し11着。荒川調教師は「レース後も問題はありません。どのくらいの間隔で使えるか分かりませんが、例年通りなら小倉3週目あたりから頭数が落ち着くので、いつでも投票できるように在厩のまま調整します。スムーズならもう少し走れて良いはずですし、出走に漕ぎ着けたいところです」とのこと。
栗プール 7月 10日
◆最後まで頑張れ!

ライクトゥシャイン
7月7日・中京・3歳未勝利(ダ1400m)に出走し4着。10日、宮本調教師は「まだ跨がってはおらず常歩運動のみの段階ですが、ソエも今のところ大丈夫そうで続けて使う方向で考えています。中1週で中京の同条件に向けて調整します」とのこと。7月20日(土)中京・ダ1400mに向かう予定。
◆次は決めよう!

★今週の長浜さん★
今週の出走はありません。
セレクトセールやセレクションセールで忙しいそうです。

| | コメント (0)

先週の結果

3歳馬の浮上が無い…

トゥールナージュ
7月7日(日)函館4R・3歳未勝利・芝1800m・16頭立7枠14番に古川吉洋54.0kg・馬体重448kg(-4)で出走して、タイム1分50秒5(良)で0.8秒差の7着でした。
古川騎手「外5頭目を回されていたので、前に出してポジションを取る選択をしましたが、無理をさせ過ぎたかもしれません。芝千八の難しいところが出てしまいました。洋芝の走りは悪くありませんが、上手く乗れなかったのはあるけど、もうひとつ上のギアが出てこなかった事を考えると、距離が足りないように感じました」
飯田(雄)師「外枠だったこともあって、早目にポジションを取りに行き、脚をためられる場面を作れなかったようですね。この後は上がりの状態を良く確認して、次へ向かいたいと思います」
◆待望の芝での結果がこれでは…
未勝利決定かなぁ…

ライクトゥシャイン
7月7日(日)中京・3歳未勝利(ダ1400m)に中谷騎手で出走。馬体重は6キロ減の452キロ。落ち着いた様子でパドックを周回。久々になるが体の張りは良く、歩様もスムーズで具合は良さそう。ジョッキーが跨がると気合いを表に出し、首を上下し軽く鼻を鳴らして馬場に向かう。小脚を使ってダートコースに入り、行きたがる馬をなだめてから軽いキャンターで返し馬を行った。
レースでは、好スタートを決めて内の馬を見ながら行き脚良く先団に付け、外目6~7番手で流れに乗る。3~4コーナーで徐々に前との差を詰め、外の4番手で直線へ向かったが、最後は伸び切れず4着。
宮本調教師は「好スタートを決めてスムーズな競馬が出来ていました。権利を取れましたし、脚元などに問題が無く、使えるようなら中1週の同条件に向かいたいと思います」とのこと。
中谷騎手は「外枠からスムーズな競馬が出来ていました。ソエのためコンスタントに使えなかったようですが、この条件は合っていると思いますし、続けて使えるなら期待できそうですね」とのこと。
◆最低限権利を取ってくれましたがあの展開なら勝ち切って欲しかった。

スターオブザナイル
7月7日(日)中京・3歳未勝利(ダ1400m)に高倉騎手で出走。馬体重は10キロ減の488キロ。馬体が大分引き締まってきている。時折チャカチャカしたりと、まだ子供っぽい素振りを見せるが、イレ込みはなく元気一杯な様子。ジョッキーが跨がると小脚を使って馬場に向かい、ダートコースに入ってすぐ促されるとスムーズなキャンターで返し馬を行った。
レースでは、もっさりしたスタートとなってしまい最後方からの競馬。促されて行き脚を付け馬群後方に取り付き、ラチ沿いの後方2~3番手を追走。直線に向いて内目から脚を伸ばすも11着まで。
高倉騎手は「もっさりしたスタートから促して付いていったのですが、3コーナーに差し掛かった辺りでペースを落とされてしまい、行く気になっていた馬の気持ちとペースが噛み合いませんでした。あまり器用なタイプではなく、内枠が仇となった感じです。直線で自分の走りが出来ると伸び脚を見せてくれましたし、自分のペースで上がっていける外枠だったら違ったかもしれません」とのこと。
調教助手は「除外続きでしたが、乗り込んで馬体も絞れ状態は良かったと思います。キャリアの浅さもあって内枠から後手を踏み、苦しい競馬になってしまいました。この後のことは厩舎に戻ってからの状態を見て検討することになると思います」とのこと。
◆正直勝ち上がりは難しいでしょう…

| | コメント (0)

週刊愛馬情報

今週は未勝利3頭です。

トゥールナージュ
7月7日(日)函館4R(発走11:25)3歳未勝利・芝1800m・16頭立に古川吉洋54.0kgで出走します。
6月30日(日)函W稍・4F60.7-44.9-15.0(8分所・馬なり余力)
菱田・7月3日(水)函W稍・5F71.3-55.5-41.5-13.1(9分所・馬なり余力)
飯田(雄)師「メンバーなどを検討して今回は芝を選択しました。騎手は想定段階で騎乗馬が重複していた菱田君から古川君に変わります。現地担当者からの報告では、早目の対処でフケは小康状態なのですが、追い切り後は身体が硬く、右前肢膝を抑え気味な歩様になっているようなので、獣医さんと相談して投薬で症状を緩和する処置を取ったそうです。休み明けを一度使って調教中の気合いは変わってきたようですし、久々の芝で前進してくれたらいいですね」
◆何か仕方無しの芝みたいですね。
後が無いと思って一生懸命走ってください。

スターオブザナイル
公営名古屋・マスカット賞(ダ1400m)は除外。出られそうな枠のあるレースに投票した結果、無事に出走枠に入り、7月7日(日)中京・ダ1400mに高倉騎手で出走する。7月3日、荒川調教師は「交流戦は出走希望馬が多く残念ながら除外となってしまいました。今週のダート短距離戦に出られるようなら投票しますが、想定を見る限りかなり混み合っており、抽選枠に入れるかどうかといったところです。投票ギリギリまで状況を見極めて検討します」とのこと。4日、荒川調教師からは「5節でギリギリ出走枠に入ることが出来ました。調子は維持しており、ぜひ頑張って欲しいと思います」との連絡が入っている。
栗プール 6月 27日
7/3 助 手 栗東P良      70.4-52.9-39.0-12.2 強目に追う
◆やっと出れました。
最低でも掲示板に来ないと危ないなぁ…

ライクトゥシャイン
帰厩後も順調で、今週7月7日(日)中京・ダ1400mに中谷騎手で出走予定。3日、宮本調教師は「本日、中谷騎手を背に坂路で追い切りを行いました。単走で4ハロン54秒7、ラスト12秒3を計時し、良い動きで坂路を駆け上がってきました。中谷騎手も『良い馬ですね』と好感触だったようで、久々ですが好レースを期待しています」とのこと。
6/30 助手 栗東坂不 1カイ  61.0-44.4-29.0-14.4 馬なり余力
7/3 中谷 栗東坂良 1カイ  54.7-38.9-25.0-12.3 馬なり余力
◆最低でも掲示板は確保して欲しい。

ダンケシェーン
函館競馬場・昆厩舎へ昨日帰厩しており、本日追い切られました。
7月14日(日)函館12R・渡島特別・3歳以上2勝クラス・D1700mに横山和生で出走を予定しています。
横山和・7月4日(木)函W稍・5F71.5-55.2-39.5-12.7(8分所・馬なり余力)
ヒルノマゼラン(障害OP)末一杯の内同入
昆師「禁止薬物騒動やスタッフの怪我の影響で、やりくりに手間取ってしまったけど、放牧前にイメージしていた番組に向けて臨戦態勢は整いつつあります。今朝は戻って直ぐの追い切りでしたけど、牧場では良い感じで乗れていたので、時計以上に手応えには余裕があったように思いますよ」
◆札幌で良いのに…

エトワールドパリ
3日、深山調教師は「厩舎で歩様を確認しましたが、脚もと等に疲れは見られません。滞在なのと、気温が過ごしやすく馬の体調が安定して体重の戻りが早いです。想定を見ながら、中1週か2週で引き続き出走させたいと思います」とのこと。
◆使えるならドンドン使ってください。

カヴァレリア
7月5日、荒山調教師は「来週の大井開催に向け調整中です。前走時はもう少し引き締まっても良い位の馬体でしたので、出走間隔は詰まりますが来週の競馬に向けて週末に追い切り競馬に向かいます。次の大井開催までは、少し時間があるので、ここは頑張ってもらいます」とのことで、7月11日(木)大井・オフト汐留賞 (B3六組・ダ1,600㍍)に真島大輔騎手で出走する予定。
◆大井で頑張れ!

ファンタジステラ
6月29日・中京・芝1200mに出走し2着。7月3日、音無調教師は「レース後も脚元に大きな問題は無さそうです。ここからの馬の状態を見て小倉・芝1200mへの出走を検討します」とのこと。
◆次は確勝でしょう。

アンデスクイーン
7月15日(祝・月)盛岡・マーキュリーカップ(JpnⅢ・ダ2000m)の補欠1番手。出られない場合は7月14日(日)中京・名鉄杯(ダ1800m・L)に向かう。7月3日、西園調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン54秒2、ラスト12秒9をマークし変わりなく順調にきています。マーキュリーカップ出走予定馬に現在のところ回避は出ておらず、どの馬も出走意思があるようです。繰上締切日(7月11日・木)まで待ちますが、出られない場合は名鉄杯に向かいます」とのこと。
6/30 助手 栗東坂不 1カイ  63.2-43.8-27.7-13.6 馬なり余力
7/3 助手 栗東坂良 1カイ  54.2-39.1-25.6-12.9 一杯に追う
◆盛岡に行きたいなぁ…

ボールライトニング
帰厩後も順調。7月3日、宮本調教師は「本日、坂路で単走の追い切りを行い、4ハロン53秒6、ラスト12秒7を計時しました。力のある馬だけにさっそく良いタイムを出せていますが、まだ体は太く動きもドタドタした感じで、まだ絞っていく必要はありますね。福島最終週までにあと2本追い切れますので、使う方向で進めていきますが、絞りきれないようでしたら小倉に切り替えます」とのこと。
6/30 助手 栗東坂不 1カイ  59.4-43.4-28.2-14.2 馬なり余力
7/3 助手 栗東坂良 1カイ  53.6-38.7-25.0-12.7 馬なり余力
◆まだ小倉の方が良いんじゃないですか…

アースコレクション
6月30日(日)福島・ダ1,150㍍に出走し5着。7月3日、尾関調教師は「厩舎周りで歩様を確認しましたが、レース中に滑らせたトモの影響はなさそうです。元々、レース間隔を詰めて使えるタイプではありませんが、体調も良いので、騎乗運動を再開した状態を見て続戦かの判断をさせていただきます」とのこと。
◆使えるならドンドン使って欲しいけどなぁ…

ガーデンコンサート
6月30日(日)函館・ダ1,000㍍に出走し2着。7月3日、尾関調教師は「厩舎で歩様を確認しましたが、疲れは多少見られますが心配することはありません。また、滞在効果もあり飼い葉も食べてくれていますので回復も早いと思います。このまま函館に滞在して、最終週の同条件で次こそ勝ち上がらせたいと思います」とのこと。
◆次は勝ちましょう。

ハートビートダンス
帰厩後も順調。7月3日、音無調教師は「本日、坂路で併せ馬の追い切りを行いました。4ハロン52秒6、ラスト12秒9を計時し、動きは良かったです。中京で出られるところがあれば投票していきます。坂路の動きは良いので実戦に繋がって欲しいのですが」とのこと。
6/30 助手 栗東坂不 1カイ  59.2-44.6-29.9-15.3 馬なり余力
7/3 助手 栗東坂良 1カイ  52.6-38.7-25.3-12.8 馬なり余力
ダノングレーター(三未勝)一杯と同入
◆稽古はそこそこ良いのになぁ…

★今週の長浜さん★
今週の出走はありません。

| | コメント (0)

先週の結果

ジメジメ…☔

エトワールドパリ
6月29日(土)函館・ダ1,700㍍(牝)に☆武藤雅騎手で出走。馬体重は2キロ増の482キロ。チークピーシーズを着用し、パドックを周回。前走同様の出来で、力を出せそうな状態。騎手が跨がり馬場に入ると、素軽いキャンターで駆け出して行った。
レースではスタートを決めて、出鞭でハナを主張したが、外からの馬が速く三番手からの競馬に。3コーナーから手前から、ペースが上がった時に離されてしまい9着。
深山調教師は「今回はハナに行きたくて、牝馬限定より一般戦の方が強力な先行馬がいないと思い選びましたが、外の馬が速くて逃げられせんでした。番手だと力を発揮する事が出来ないですね」とのこと。
武藤騎手は「今日は逃げたくて、出鞭も入れましたが、外の馬が速くて逃げられませんでした。その後は、リズムが悪くて競馬になりませんでした」とのこと。
◆前に行けないと競馬になりませんね。でももう前に行けるだけのスピードが無くなってきたようなぁ…

ファンタジステラ
6月29日(土)中京・芝1200mに松若騎手で出走。馬体重は16キロ増の442キロ。メンコ着用。9カ月半ぶりの出走だが、増えた分で緩く見せることなく、むしろ体幹がしっかりしたように見える。気温が高く発汗は仕方がないように感じ、ミストに驚くことなく周回している。止まれの合図からテンションが上がり、ジョッキーが跨がってからは二人曳きで馬場へ。馬場に出てすぐツル頸のまま駆けていった。
レースでは、マズマズのスタートから先団に取り付き、二の脚良くジョッキーに少し抑えられて5番手を追走。4角で少し追い出しを我慢させられるが、前が開いてからは一気の脚で坂を駆け上がってくる。坂を登り切ったところから鋭い脚で前を急追するも、逃げた馬から4分の3馬身差の2着。
音無調教師は「馬が頑張ってくれました。権利がある間に使うにしても、脚元を考慮すると番組的に中1週では馬が可哀想なので、中3週の小倉、芝1200のほうが良いと思います。まずは帰って脚に異常がないことを願っています」とのこと。
松若騎手は「実質降級馬ですし力はありますね。開幕週で前残りでしたし、前目の良いポジションでイメージ通りの競馬でした。厩舎も状態良く送り出してくれて、休み明けでもしっかり馬が応えてくれました」とのこと。
◆やはりこのクラスでは力上位ですね。脚元が何とも無ければ次は確勝でしょう。

ガーデンコンサート
6月30日(日)函館・ダ1,000㍍にC.ルメール騎手で出走。馬体重は2㌔増の456㌔。
レースでは、揃ったスタートから中団外目のポジションに。3コーナーから進出して、直線大外から併せ馬で伸びたが2着まで。
尾関調教師は「中間のゲート練習では速いスタートを見せていたのですが、1,000㍍戦だとさらに速い馬がいますね。昨晩からの雨で、今日は先行馬に有利な馬場でした。次はレース慣れも見込めるので、好位に取り付けると思います」とのこと。
ルメール騎手は「スタート後、砂のキックバックを気にして外側に膨れていたのでポジションニングが悪かったです。後は、最後まで脚を使ってくれてましたし、ダートの走りは良かったですよ」とのこと。
◆目処は立ちましたが勝って欲しかった…

アースコレクション
6月30日(日)福島・ダ1,150㍍に松山騎手で出走。馬体重は6㌔減の520㌔。チークピーシーズにシャドウロールを着用、また、舌も縛っている。パドックでは、馬体にも張りが見られて、前走以上の体調の良さが見てとれる。松山騎手が跨がってからも、好気配のまま馬場に入った。
レースでは、大外枠のスタートから中団に付け、3コーナーから仕掛けて先行集団を目指した時に膨れてしまう不利があったが、懸命に立て直して5着に。
尾関調教師は「今回は歩様で心配する面がなく、調教もしっかり出来ていたので期待していました。勝負どころで、トモを滑らせて膨れたのが着差も着差だっただけに痛かった」とのこと。
松山騎手は「スピードが乗った時に、トモを滑らせてしまいました。あのロスがなければ僅差だったと思います。もったいない競馬になり申し訳ありませんでした」とのこと。
◆善戦はするんだけどなぁ…

★先週の長浜さん★
エスターテ…3着
◆52kgは走りますね~

ロバートキーソン…5着
◆新馬戦で1番人気になるだけの雰囲気は持ってますね。良馬場で走らせてあげたかった。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »