« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

今年最終週の結果

久し振りに勝てました

アンデスクイーン
12月28日(金)中山・立志ステークス(混・ダ1800m)にルメール騎手で出走。馬体重は6キロ減の494キロ。メンコ着用。終始落ち着いた様子でパドックを周回。お腹辺りに少し冬毛が出かけていたが、体のハリは良く状態をキープしている様子。ジョッキーが跨がってからもイレ込むことはなく程良い気合いを見せて馬場へ。ダートコースに入ってすぐ促されるとスムーズなキャンターで返し馬を行った。 
レースでは、揃ったスタートを切ると、行く気を見せた馬を行かせて中団の位置で1コーナーへ。道中は8番手で流れに乗り、3~4コーナー中間から早めに気合いを付けられ7番手前後で直線へ。直線で外に持ち出し追われるとじわじわ脚を伸ばし、坂を上りきった辺りで更に加速して前をとらえ、1馬身4分の1突き放して見事優勝。勝ち時計は1分53秒2、上がりの3ハロン38秒9。 
西園調教師は「ジョッキーには、最後はしっかり伸びる馬なので、ある程度のポジションを取って無理せず進めて欲しいと指示を出していました。1コーナーの入りがスムーズで、3コーナーまでの流れもロスがなくしっかり脚をためてくれたと思います。3~4コーナーで下がってきた馬を捌くと外にスペースもあり、さすがの手綱捌きと思わせる理想的なレースでした。5戦しましたので栗東に戻した後は30日に放牧へ出し、賞金が加算できましたので交流競走も視野に入れて今後を検討したいと思います」とのこと。 
ルメール騎手は「前走は最後でスペースがなく伸びられなかったみたいですが、今回は道中急がせずに追走できましたし、追い出しての反応も良く、最後まで良い脚で伸びてくれました」とのこと。
◆さすがルメール
強い勝ち方でした
これで地方交流にも出走出来るでしょうし来年は楽しみが増えますね

| | コメント (0)

週刊愛馬情報

最後締められるかな

アンデスクイーン
12月28日(金)中山・立志ステークス(混・ダ1800m)にルメール騎手で出走する。26日、西園調教師は「先週の時点でしっかりと追い切っていますので、今週は輸送も考慮して普通キャンターでの調整ですが、元気一杯に動いていて変わりない状態でレースに臨めそうです」とのこと。
12/23 助手 栗東坂稍 1カイ  66.8-47.2-30.4-14.4 馬なり余力
◆まさかのルメール騎乗です
ウチの仔で豊くんの記録を抜いて欲しいです

ダンケシェーン
2月3日(日)中京12R・伊良湖特別・4歳以上1000万下・D1400mに出走を予定しています。
助手・12月23日(日)栗坂稍1回・4F59.7-43.1-27.4-12.4(末強目追う)
ライトオンキュー(古馬500万)末一杯を1.0秒追走クビ先着
西谷・12月26日(水)栗CW良・6F82.9-66.9-51.7-37.6-13.0(6分所・叩き一杯)
トップディーヴォ(古馬OP)一杯の内を0.6秒先行3F付0.7秒遅れ
昆師「右前肢の歩様はもうすっかり問題ないから、今週もしっかり追えた。無理はさせないと判断した以上、予定のレースまでキッチリと仕上げていきたい」
◆次は確実に勝ち負けして欲しいところですね

トゥールナージュ
次走については現在のところ未定です。
飯田(雄)師「出遅れずにあと2列くらい前から行ければ、届きそうな感じでしたけれどね。勝てれば一番良かったですけど、牡馬相手でも着差は僅かだったですし、優先権は取れましたので、中井騎手と相談して次のステップへ進めたいと思います」
◆牝馬限定の芝1800があれば良いのですが…
次は馬券圏内に

カヴァレリア
26日、竹内調教師は「先週の除外は残念でしたが、馬の状態は変わらず順調です。金曜日に少し大きめを乗り、年明け中山2週目の2,400か1,800のレースに向かおうと思います」とのこと。1月13日(日)中山・ダ2,400㍍もしくは、14日(祝・月)中山・ダ1,800㍍のどちらかに出走の予定。
◆長距離を試して欲しいです

ボールライトニング
12月22日に帰厩。26日、宮本調教師は「先週帰厩して馬場入りを開始しており、今週は強目を乗るつもりだったのですが、体があまりにも太かったのと、気にならない程度の骨瘤や少し体がゴトゴトする感じが見られたため、無理せず普通キャンターに留めておきました。寒くて絞りにくい時期でもあり、少し時間をかけて進めるほうが良さそうです。京都2週目の芝1600mは間に合わないと思われますので、2回京都1週目の芝1800m目標で進めます」とのこと。
◆かなりおデブになってたからなぁ…

アースコレクション
26日、牧場担当者は「昨日、厩舎へ戻しています。前回の入厩時よりも馬に活気が出て、良い状態で送り出せたと思います。体重は539㎏です」とのこと。26日、尾関調教師は「出走に向け、昨日入厩させました。疲れも抜けて状態も良さそうです。中山の3週目から中京開催も始まりますので、馬がバラけますので出走出来るのではと思っています」とのこと。1月19日(土)中山・ダ1,200㍍への出走が予定されている。
◆中京に出て欲しい

シネマソングス
27日、小笠調教師は「本日ウッドチップコースで半マイル53.0、終い14.0秒のところを馬なりで乗っています。厩舎の環境にも慣れ落ち着きも出てきています。飼い葉も食べれていますので、馬体重も戻りつつあります。調教の動きに固さも見られず、良い状態をキープしていますので、新年の中山開催2週目の牝馬限定戦に、田辺騎手で向かいます」とのこと。
1月12日(土)中山・ダ1800㍍(牝)が予定されている。
◆次は決めて欲しい

アースプレリュード
26日、武井調教師は「ウッドチップコースで長めから併せ馬を行いました。終い1ハロンは手応えほどではありませんでしたが、この一追いで変わってくると思います。追い切りを重ねる毎に、フォームやバランスが良くなり、走りに前向きさが出てきました。馬体重は513㎏。短距離のダート戦で、除外の可能性もあるとは思いますが、年明けの京都競馬に向かいます」とのこと。1月5日(土)京都・3歳新馬(混・ダ1,200㍍)で福永騎手でデビュー予定。
美プール 12月 20日
12/23 助 手 美南坂良 1カイ  55.2-40.2-26.3-13.0 馬なり余力
12/26  黛  美南W良  86.9-71.6-56.1-41.6-14.0 一杯に追う
モッズストーン(二未勝)一杯の外1.0秒先行0.4秒遅れ
◆おっ、祐一起用とは…
ちょっとは期待をしても良いのかなぁ

★今週の長浜さん★
今週の出走はありません

| | コメント (0)

先週の結果

あ~忙しい…

トゥールナージュ
12月23日(日)阪神3R・2歳未勝利・芝1600m・16頭立7枠13番に中井裕二54.0kg・馬体重446kg(+4)で出走し、タイム1分36秒8(稍重)で0.3秒差の4着。
中井騎手「練習の成果と実戦の経験もあって頭を上げてしまうような事はなかったですけど、ゲートの中で力んでしまい身体を硬くしていました。強めの扶助で出てくれましたので、またひとつ良い経験になったと思います。今日は外枠で自分のリズムで運べたことも良かったと思います。もしパンパンの馬場だったら、坂上からもうひと伸びできていたでしょう。まだトモが甘いところが踏ん張りきれないところだと思いますけど、学習能力のある馬ですし、確実に階段は登れています」
◆新馬の時よりはゲートは出ましたがでも中井くんが終始促してですからね
気性のことを考えると外枠だったのも良かった感じですね。距離を走りますが
まだまだ心身ともにお子ちゃまですからこの結果も仕方が無いのかな
ベローチェ以来の協和さんと中井くんの関係ですからじっくり結果を待ちましょうかね

★先週の長浜さん★
トウカイシュテルン…6着
◆最後もっと伸びると思ったんだけどなぁ…

| | コメント (0)

週刊愛馬情報

あ~忙しい…

トゥールナージュ
12月23日(日)阪神3R・2歳未勝利・芝1600m・16頭立に中井裕二54.0kgで出走します。
中井・12月19日(水)栗坂良1回・4F57.5-42.3-27.9-14.0(馬なり余力)
飯田(雄)師「土曜日の牝馬限定戦は想定段階で頭数が多くて抽選対象でしたので、日曜日の一般競走に変更しました。トレセンでの発馬練習では、それほど癖の強い様子はないのですけど、競馬場に行くと何か嫌な空気を感じ取ってしまうのかな。この先慣れて行って改善されれば良いですけどね。今回は馬を良くわかっている中井君に任せたいと思います」
◆無理して使わず来年持ち越しで良かったのに…

ダンケシェーン
この中間の歩様は良化しており、本日より馬場入りを再開しました。状況次第では、明日追い切られる可能性があります。
昆師「瞬時に起こった交突や追突による挫傷とは考えづらく、両前肢の負重の偏りなどが原因で、ジワジワと刺激が継続していたのだろうと想像します。さらに、休み明けから四肢のバランスが良くなり、トモの踏み込みが大きくなったことでストライドが伸び、これまでのダメージが一気に表に出た格好になったのだと思います。治療後から徐々に歩様は改善していて、獣医師から騎乗の許可も出ましたので、まずはダク運動で様子を見ながら乗って問題なさそうでしたので、明日の状態を見て追い切れるかどうか判断して、来週の出走予定もそれから決めたいと思います」
太宰・12月20日(木)栗坂良1回・4F55.0-40.3-26.5-12.6(馬なり余力)
昆師「さすがに数日休んだので身体の緩さはありますが、競馬に使ってから馬体は益々良くなってきているし、追い切りでこれだけ動ければ蹄球はもう問題ないと判断して良さそう。来週使わないと1回中京の最後まで使いたい番組がないと思って今日まで様子を見てきたけど、やはり目先のレースにこだわる必要のない馬だと改めて感じたから、中途半端な仕上げはしたくない。そもそも間隔が少ないから来週出られる保証もないので、しっかりと間隔を取って、年明け中京の伊良湖特別D1400mに目標を切り替えて調整を進めて行こうと思います」
◆来年頑張りましょう

カヴァレリア
19日、竹内調教師は「本日ダートで5ハロン67.6秒くらいのところを乗っています。レース間隔は詰まっていますが、前走以上の仕上がりで動きも良いです。入厩時は、調教始めに前肢の固さがありましたが、そういった面も解消しつつあります。また前走の鞍上からも、調教時の感触と同じで、右廻りの方がスムーズだという話も出ましたし、2,500の距離もこなせると思うので、今週出走させようと思います」とのこと。12月22日(土)中山・ダ2500㍍に柴山騎手で出走の予定。
12/19 助手 美南D良  69.2-53.1-38.9-13.2 一杯に追う
バンディエラ(二未勝)一杯の外1.0秒先行同入
◆除外でした
来年頑張ろう

アンデスクイーン
12月22日阪神・摩耶ステークス(ダ1800m・ハンデ戦)に松若騎手で出走を予定していたが残念ながら除外。
12月19日、西園調教師は「本日、坂路で4ハロン55秒8、39秒9、25秒7、ラスト13秒0の時計を出しています。先週ビシッとやっていますので上がり重点のメニューを消化させており、状態はキープできています。出走希望頭数が多く抽選見込みですが、何とか出走に漕ぎ着け、出来れば内枠を引き当てたいですね。万一抽選で除外となった場合は中山最終日のレースへのスライドを考えています」とのこと。
20日、西園調教師からは「残念ながら除外となってしまいました。28日の中山・立志ステークス(ダ1800m)にスライドします」との連絡が入っている。
12/19 助手 栗東坂良 1カイ  55.8-39.9-25.7-13.0 馬なり余力
◆除外でした
来週頑張ろう

シネマソングス
12月16日(日)中山・ダ1800㍍(牝)に出走し3着。19日、小笠調教師は「レース後の反動もなく、飼い葉も彼女なりに食べてくれています。中山競馬場でしたので、輸送も楽だったのかもしれません。
明朝、跨がってみて歩様等に問題がなければ、正月開催の2週目に同条件が組まれていますので田辺騎手で向かうつもりです」とのこと。次走は1月12日(土)中山・ダ1800㍍(牝)が予定されている。
◆来年頑張ろう

アースプレリュード
19日、武井調教師は「本日ウッドチップコースで併せ馬を行いました。3頭縦列の2番手から直線強目に追われ、内の馬と併入しています。半マイルの時計は53.9、終い13.1秒。まだ良くなりそうですが、デビュー前としては水準の時計も出ています。また、ダートの短距離は除外が多いので、年明け1週目の中山か京都に投票していくつもりです」とのこと。
美プール 12月 13日
12/16 助手 美南坂良 1カイ 58.9-43.4-28.6-14.2 馬なり余力
12/19 見習 美南W良       53.9-39.4-13.1 一杯に追う
リョーノテソーロ(古オープン)馬なりの外0.5秒先行同入
◆京都に来て欲しいなぁ…

★今週の長浜さん★
日曜 阪神7R トウカイシュテルン
◆減量起用で前進して欲しい

| | コメント (0)

先週の結果

勝ち星は来年に持ち越しになりそうですね…
しかし今年は勝てなかったなぁ…

シネマソングス
12月16日(日)中山・3歳以上500万円以下(牝・ダ1800㍍)に田辺騎手で出走。馬体重は4キロ増の430㎏。パドックでは、メンコを着用。体をフックラ見せて毛艶も良く、体調は良さそうに見える。馬道で騎手が跨がり馬場に。ダートコースへ入ると、素軽いフットワークでスムーズに駆け出して行った。
レースでは、大外から内を見ながら中段外目の競馬。向こう正面から徐々にポジションを上げていき、絶好の手応えで直線に。早めに先頭に立ちそのまま押しきるかに思われたが、ゴール寸前2頭に交わされてしまい3着。
小笠調教師は「勝ちにいく競馬をして、最後は交わされてしまいましたが、自分の力は出せたと思います。レース後の、馬体を見てからになりますが、使えるようなら中山2週目の同条件に引き続き出走させたいと思います」とのこと。
田辺騎手は「2~3番手からの競馬も考えましたが、前がやり合う感じだったので前半は無理させませんでした。まわりを気にする感じでしたので、どこかで早めに先頭に立ちたいと思っていたので、思っていたような競馬はできました。最後は交わされてしまいましたが、流れ一つでチャンスはきそうです」とのこと。
◆仕掛けが早過ぎましたね…

★先週の長浜さん★
クラークキー…9着
◆負け過ぎです…

| | コメント (0)

週刊愛馬情報

仕事が忙しい…

シネマソングス
12月16日(日)中山・3歳以上500万円以下(牝・ダ1800㍍)に田辺騎手で出走の予定。12日、小笠調教師は「本日、ウッドチップコースを併せ馬で追い切りました。4ハロンの時計が54秒前後で、雨で重くなった馬場を考えると時計も次第点です。追走から並びかける時に、前の馬を気にする仕草を見せましたが、気合いをつけてからは良い反応で並びかけていました。初めての中山コースを克服してくれればと思います」とのこと。
12/9 助手 美南坂良 1カイ 60.9-43.8-28.5-14.2 馬なり余力
12/12 助手 美南W重       52.3-37.6-13.6 馬なり余力
カズノマックイーン(新馬)強目の外0.6秒追走0.4秒先着
◆星勘定が出来るのはこの仔ぐらいだからなぁ…
頑張って欲しい

ダンケシェーン
今朝の歩様に違和感があったため、検査及び治療を受けました。
昆師「朝一番に馬房から出した時の歩様が悪かったので、予定していた追い切りを中止しました。検査を受けると右前肢蹄球の内側部分に血豆ができたような状態になっていたため、患部を針で刺して血を抜く処置しました。ひとまずはこれで経過を見ていく予定です」
◆来年頑張りましょう

トゥールナージュ
12月22日(土)阪神3R・2歳未勝利(牝)芝1600mに中井裕二で出走を予定しています。
中井・12月13日(木)栗坂稍1回・4F57.1-41.4-26.7-12.8(馬なり余力)
飯田助手「『競馬に使ったことで状態がグッと良くなってきました』と中井騎手が言っていました。引き続きゲート練習を続けながら来週の阪神(牝)1600を予定しますけど、節が足りず出られない場合は、28日の1800に使いたいと思っています」
◆ゲートは改善されたのかなぁ…
無理に使わなくて良いのに…

カヴァレリア
12月9日(日)中京・3歳以上500万円以下(ダ1900㍍)に出走し7着。12日、竹内調教師は「レース後も、脚もとは問題ありません。歩様や飼い葉喰いも良く、明日跨って状態を確認してから、今後の予定を検討していきます」とのこと。
◆来週使うかな

アンデスクイーン
次走は阪神4週目の摩耶ステークス(ダ1800m・ハンデ戦)を予定。12月13日、西園調教師は「日曜から強目を乗り出し、本日も坂路で時計を出しています。単走で4ハロン55秒5、39秒7、25秒3、終い12秒6を計時しています。詰めて使ってきていますし、単走で気分良く上がらせ上がり重点の調整を行いました。終いの時計は上々で、調子を維持していると思います。これで5戦目となりますので、使った後は休ませるつもりです。勝って一休みさせたいですね」とのこと。
12/9 助手 栗東坂良 1カイ  60.4-42.6-27.2-13.2 馬なり余力
12/13    栗東坂稍 1カイ  55.5-39.7-25.3-12.6
◆偉い仔です…

アースプレリュード
12日、武井調教師は「本日、ウッドチップコースを併せ馬で追い切りました。外から追走して行き、直線で併せています。道中が想定より速いペースになり、終いがややいっぱいになりましたが、追う毎に状態は上がって来ています。脚もとも問題なく、来週の追い切りでデビューの時期も具体的に決めていけそうです。現状ではダートの1200mが良さそうですね」とのこと。
12/9 助手 美南坂良 1カイ 56.9-42.0-27.5-13.5 馬なり余力
12/12 助手 美南W重       55.6-41.3-13.6 馬なり余力
ナスノダケ(新馬)直一杯の外0.4秒先行0.4秒遅れ
◆ダ1200かぁ…

★今週の長浜さん★
日曜 中山12R クラークキー
◆勝ち負けでしょう

| | コメント (0)

先週の結果

今年はもう勝てないなぁ…

カヴァレリア
12月9日(日)中京・ダ1900㍍に公営・笠松競馬所属の佐藤友則騎手で出走。12月9日(日)中京・3歳以上500万円以下(ダ1900㍍)に公営笠松所属の佐藤友則騎手で出走。馬体重は2キロ増の514キロ。メンコ着用し、落ち着いてパドックを周回。少し余裕がある体つきも、体をフックラと見せ、歩様もスムーズ。止まれの合図がかかると、先出しで馬場へ向かった。頭を上下させながら気合いを面に出しダートコースへ入ると、直ぐにスムーズに駆け出して行った。
レースでは、揃ったスタートから先行争いに加わり5番手で1コーナーへ。中段インで競馬を進めるが、ペースが上がった3コーナーで反応できず、6番手で直線に。馬群にいったん飲み込まれかけるが、ジワジワと伸び7着。
竹内調教師は「競馬がスローで、上がりの速い決着になり、あの位置では厳しかったです。乗り役の話からも、左手前より右手前の方がスムーズという話がありましたので、次は右回りの中山を考えたいと思います。距離は長くても平気だと思います」とのこと。
佐藤騎手は「ゲート内で怪しい挙動は見せていましたが、宥めた時に上手くゲートが開きタイミング良くスタートが切れました。勝負処の4コーナーで、外から他の馬たちが上がってきた時に、捌けず上がれませんでした。直線で手前を替えたら、最後までしっかり走ってくれました。左手前だとスムーズさを欠きますが、右手前だとしっかり走れています。コーナーを右手前で走れる右回りの方が競馬はしやすそうです。切れる感じではないので、好位から、自分のペースで早め先頭の競馬が合っていそうです」とのこと。
◆距離が問題無いのは良かったことですが左回りがダメなのかぁ…
まあどんどん使ってもらって適正を見極めてもらいましょう

★先週の長浜さん★
トウカイシュテルン…5着
◆最低限掲示板は確保してくれましたが…
復帰戦でももうちょっとやれると思いましたが…

キングディグニティ
去勢手術の中止および近走の成績を踏まえて今後について関係者間での協議を行なった結果、競走馬登録を抹消して無償譲渡のうえ地方競馬へ転籍することになりましたのでお知らせいたします。なお、出資会員の皆様には報告書を別途送付させて戴きます。これまで本馬を応援して戴き、誠にありがとうございました。
池江師「燃えやすい性格が災いして、競馬の前に体力を消耗したり集中力を欠いたりと、能力を十分に発揮できないでいます。現級を勝ち切って出世させるためには精神面の改善が不可欠と去勢を決めて、トレセンの診療所で手術を行なう予定にしていましたが、外部施設にいる馬がトレセン内に入場するには、競馬を予定する場合も治療だけの場合も検疫所を通らなければなりません。年末の混雑もあってなかなか検疫の確保が難しいので、放牧先の島上牧場で去勢手術を行なうことにしましたが、相当な拒否反応を示したので手術を中止したと報告がありました。仮に手術したとしても精神面が100%改善する保証はないですし、人馬に危険がおよぶリスクを冒してまで実施する手術ではないと考え、これ以上前進させることは厳しいと判断しました。力およばず申し訳ありませんが、異なる環境での再出発を見守りたいと思います」
◆突然の引退ですね…
正直ビックリしましたが…
文面からは…関係者から見捨てられたって感じですかね
近走の成績を踏まえてと言われてもそれほど凡走が続いている訳ではなく…
去勢手術の中止が原因と言われても勝てないまでも着は拾えるだろうしファンドとしては成立するんだけどなぁ…
この仔に重賞とか獲らせようと思っているのだろうか
憶測ですが相当な拒否反応を示したことによって人馬の信頼関係が壊れてしまって競走馬としてダメになってしまったとか…これなら人災ですけどね
やっぱり弱小ローレルクラブの所属馬はトップトレーナーの下では家賃が高過ぎたと言っても過言ではないでしょうね
まあ真相がわからないので今度スタッフさんに聞いてみましょうかね

| | コメント (0)

週刊愛馬情報

今年もあと1カ月…

カヴァレリア
5日、竹内調教師は「本日Dコースで追い切っています。時計は5ハロン66~67秒位だと思います。調教の動きに素軽さが出てきてスムーズな走りができています。今日は単走で追い切りましたが、1頭でも最後までしっかり走れていたので、今回はブリンカーを外してみようと思います。今週の中山競馬での出走を予定していましたが、除外の可能性が高いため中京の1900㍍にまわろうと思います」とのこと。12月9日(日)中京・ダ1900㍍に公営・笠松競馬所属の佐藤友則騎手で出走の予定。
11/30 助手 美南D良  69.7-53.5-39.0-12.5 馬なり余力
12/5 助手 美南D稍  66.5-50.1-36.3-12.4 強目に追う
◆何とか頑張って欲しい…

ダンケシェーン
12月28日(金)阪神9R・春待月賞・3歳以上1000万下・D1400mに横山典弘で出走を予定しています。
西谷・12月5日(水)栗坂良1回・4F56.6-39.6-25.5-12.6(馬なり余力)
昆師「休養前は競馬場の装鞍所で鞍付けする時だけ、異常にテンションが上がることが多かった。そして使われていく毎にその傾向が強く出ていたけど、前走時はまったくその気を出さなかったからね。このまま落ち着いてくれたら、体力のロスが少なくていいのだけれど」
◆来年頑張ってくれたら…

トゥールナージュ
次走については未定です。
飯田(雄)師「レース後たいした反動はないから、今朝も角馬場での調教をやっておきました。中井騎手が出遅れ改善に立候補してくれたので、責任を持って今後の練習に取り組んでもらいます。元々あった癖なので簡単ではないですけど、辛抱強く進めていけたらと思います。例年12月の開催は頭数が多くなる傾向ですし、それなりに間隔がないと出られないかもしれませんが、ある程度スタート時の動作に変化が出てきたら使う番組を考えていきましょう」
◆まずはゲートですからね…
まともにならなければ勝ちはありませんから…

アンデスクイーン
次走は阪神3週目の摩耶ステークス(ダ1800m・ハンデ戦)を予定。12月5日、西園調教師は「この中間も変わりなく順調にきています。来週の船橋(クイーン賞)は補欠2番手で繰り上がりの可能性はほとんど無さそうで、阪神の摩耶Sに向かうつもりです。ハンデも据え置きと思われますし、今回も頑張って欲しいですね」とのこと。
◆次も頑張れ

アースコレクション
12月2日(日)中山・3歳以上500万円以下(混・ダ1200m)に出走し7着。5日、尾関調教師は「レースで右トモに軽い外傷を負いましたが、腫れもないので直ぐに治ると思います。今週の想定次第では連闘も考えていましたが、トモに少し疲れが見られるので放牧を挟んで、年明けの中山にするかもしれません」とのこと。
◆中山より中京の方が良いと思うんだけどなぁ…

シネマソングス
5日、小笠調教師は「ウッドチップコースで半マイルから併せ馬を行いました。今週は、先週よりもしっかり追って53.5秒位で併入しています。今朝の調教の動きは、先週よりも良くなってきています。馬体重は424キロですので、欲を言えばもう少し肉がついて欲しいですね」とのこと。来週16日(日)中山・ダ1800㍍(牝)に田辺騎手で出走の予定。
12/2 助手 美南阪良 1カイ 60.0-43.4-28.4-14.2 馬なり余力
12/5 助手 美南W良       52.8-39.0-13.8 一杯に追う
ツウカイステラ(新馬)馬なりの外0.4秒追走0.2秒遅れ
◆来週頑張れ

エトワールドパリ
両前膝外傷の縫合手術を受け、引き続き入院馬房で経過観察中。12月5日、松元調教師から「獣医師より移動の許可が下り、明日退院することになりました。ただ、何かあったときにすぐに駆けつけられるよう1週間~10日はトレセン近くに置いて欲しいという指示でしたので、すぐ近くのライジングリハビリテーションに移動予定です。なお、獣医の話では『当初の見込みより傷の回復に時間がかかり、運動を再開できる時期もズレ込む見通しです。復帰は早くても春頃になりそう』ということです」との連絡が入った。
6日、松元調教師から「本日、トレセン近くの牧場へ移動しました。移動後1週間~10日の間、問題がなければ遠くの牧場へ移動しても構わないということです。放牧前に改めて診察してもらったところ『全治3ヵ月』という診断で、暖かくなる頃の復帰を目指すことになりそうです」との連絡が入った。
◆早く治って

アースプレリュード
5日、武井調教師は「牧場での調整も進んでいますので、今週土曜日の検疫で入厩させます。入厩後の動きを見て、具体的なデビュー予定を決めようと思います」とのこと。
◆デビューは年明けの府中かな

★今週の長浜さん★
土曜 中京8R トウカイシュテルン
◆降級初戦。力はクラス上位でしょうがブランクが長いからなぁ…

| | コメント (0)

先週の結果

今年はもう勝てないなぁ…

トゥールナージュ
12月1日(土)阪神5R・2歳新馬・芝1600m・13頭立5枠6番に松若風馬54.0kg・馬体重442kg(初)で出走し、タイム1分37秒3(良)で0.7秒差の6着。
松若騎手「ゲートが開いてすぐと、ゲートを出てから両サイドの馬に驚いたのと、2回も頭を上げてしまって、大きく遅れてしまいました。でも、ゲートだけです。あとは馬群も平気でしたし、直線は脚も使えましたから、スタートから流れに乗れれば、すぐに順番が回ってきそうです。条件も1600は悪くないですし、1800でも良いくらいだと思います」
◆ゲート以外は新馬戦としては及第点かなぁ~
ただ話では気性に難があるとのこと
ちょっと致命的だなぁ…

アースコレクション
馬体重は10キロ増の530キロ。メンコとシャドーロール着用。パドック入場後はうるさい仕草を見せていたが、周回を重ねていくと集中した歩きに。馬体にはボリュームがあり、毛艶も良く状態の良さがうかがえる。馬場入りの途中でジョッキーが跨り、ゆったりとしたキャンターで駆けて行った。
レースでは、まずまずのスタートから、中団やや後方を追走。ハイペースの中、促しながら8番手で進め4コーナーへ。直線に向くと外に出され追い上げていくも、他の馬も同じく伸びており7着。
尾関調教師は「勝ち馬の後ろに付けて、良い競馬は出来ていました。直線でも伸びてはいますが、勝ち時計が速く、後ろからの馬には厳しかったようです。少し馬体に余裕はありましたが、体調は良かっただけに残念です。厩舎に戻ってからの状態を見て今後を検討したいと思います」とのこと。
石川騎手は「いつもは自らハミを取り、道中でも上手く脚を溜めることが出来ていますが、今日はペースが速く、追走で忙しくなりました。直線では一瞬良い反応がありましたが、最後は厳しくなっていました。勝ち時計も速く、もう少しペースが落ち着いてくれれば」とのこと。
◆頑張っているんだけどなぁ…

★先週の長浜さん★
エスターテ…5着
◆昇級初戦でしたが良いレースをしてくれました
このクラスでも通用しますね

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »