« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

頑張ってくれましたhappy01

ボールライトニング
11月4日(日)京都・清水ステークス(芝1600m)に藤岡佑介騎手で出走。馬体重は増減無しの520キロ。メンコ着用。落ち着いた様子でパドックを周回。時折ハナを鳴らし、早い段階から程良い気合い乗りを見せる。馬体は全体的に締まって、この馬にしてはスッキリと見せ、キビキビとリズム良く歩けており具合は良さそう。ジョッキーが跨がってもイレ込むことはなく、芝コースに入ってすぐ促されると、軽いキャンターでスムーズに駆け出していった。
レースでは、ゲート内で何度も首を下げようとし、ガタガタしていてタイミングが合わず最後方からの競馬。馬群の最後尾を追走し、3~4コーナー中間から外目を徐々に上がっていき、4コーナーで大外に持ち出されると力強い脚色で伸びたものの6着まで。
藤岡佑介騎手は「前々からゲートの良くないところはありましたが、ここに来て更に悪くなりまともに立っていられない状態でした。何とか大きく出遅れず、道中は無理せず脚をため自分の競馬は出来たと思いますが、今日は少し硬さも感じられ直線で思ったほどはじけてくれませんでした。いずれにしてもゲートの癖は矯正しないと厳しいですね」とのこと。
調教助手は「ゲートで今日も悪いところを見せてしまい、対策を取らないといけないと思います。この後については厩舎に戻ってからの状態を見て検討することになると思います」とのこと。
◆結構期待していただけにかなり凹みましたsweat02
ゲートがかなり酷くなっていますsweat01
勝負どころか矯正しないと人馬とも危険ですsweat02

アンデスクイーン
11月4日(日)京都・JBCレディスクラシック(JpnⅠ・牝馬・ダ1800m)に松若風馬騎手で出走。馬体重は増減無しの496キロ。メンコ着用。落ち着いた様子でパドックに登場。気合い乗り上々で厩務員を軽く引っ張り、集中した雰囲気を見せ上々の気配。馬体のハリ艶も良く具合は良さそう。ジョッキーが跨がってからもイレ込むことはなく、馬場入りの際は小脚を使って気合いを表に出し、ダートコースに入ってすぐ促されるとスムーズなキャンターで返し馬を行った。
レースでは、揃ったスタートから内のポジションを探りつつ13番手で1コーナーへ。道中は無理せずそのまま後方を追走し、3コーナー過ぎから徐々に進出開始。手応え良く4コーナーを8~9番手で回ると、先に抜け出した4頭には及ばなかったものの、最後までしっかりと脚を伸ばして5着入線し掲示板を確保。
西園調教師は「使う毎に状態は上向き、これまでで一番のデキでレースに臨むことが出来ました。外枠を引いたため、理想としていたポジションは取れませんでしたが、前の4頭はさすがに強かったものの、後ろからの追撃を退け掲示板に載ってくれました。本当に良く頑張ってくれました。目標としていたレースまで無事に進めてきて、こういう結果を出せて嬉しく思います」とのこと。
松若騎手は「中団を狙っていましたが、テンが速く無理せずあの位置から。テンが流れてくれたので、結果的には良いポジションに付けられリズム良く走らせることが出来たと思います。前半は楽に追走できましたし、3~4コーナーで外を回ることにはなりましたが、上手く上がっていくことができました。最後は何とか掲示板をと必死で追い、馬も最後まで頑張ってくれました。馬の状態もすごく良く、厩舎できっちりしあげてくれたことも大きかったと思います」とのこと。
◆いや~前4頭には離されましたが掲示板確保note
愛馬史上G1最先着になりましたhappy01
まあ実力があることは示してくれたのですが賞金的には格下で今のままでは交流重賞も出れるかどうかsign02
確実に出れるようになるためにこのクラスを早く卒業して欲しいですcoldsweats01

★先週の長浜さん★
クラークキー…2着
◆勝ち馬に上手く抜けられた感じcoldsweats01

ハルクンノテソーロ…3着
◆スタートが…crying

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »