« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

あと1ヶ月勝てるのだろうか…sweat02

ライクトゥシャイン
11月24日(土)京都・芝1400mに藤岡佑介騎手でデビュー。初出走の馬体重は452キロ。メンコ着用。大人しいがよく物見をする。少し集中力を欠く周回だが初めてのパドックで仕方ないか。馬体は毛艶が良く身体はまだまだ増えてきそうな感じ。ジョッキーが跨がっても雰囲気は変わらず馬場へ向かった。芝コースに入り他の馬の隊列に混ざったあと、ジョッキーに促されてから折り合いのつきそうな様子で駆けていった。
レースでは、スタートは一息も二の脚はついて中段からの競馬に見えた。しかし内からの馬が前へ行き、3角までに後ろから3番手の位置となった。ほぼ最後方から直線に入ると大外に進路をとり強烈な末脚を披露するも7着まで。
宮本調教師は「芝で走れる自信はありましたが結果が出せず申し訳ございません。ジョッキーの言う通り上を目指す為にダートを使っていきましょう。まずは厩舎に帰って脚元など馬体チェックをしてから短期で放牧に出させて頂き、次走はダートを検討していきます」とのこと。
藤岡佑介騎手は「気難しいところは兄弟似てますね。ただ返し馬の段階で重心が低く、芝を気にするような感じではあったのでダート向きですよ。レースに行って芝でもそこそこやれると感じますが、ダートなら兄を超える結果が出ても不思議ではありません。早めにダートを慣れさせていくことが最良の選択と思います。今日のレースではゲートから兄と似ていて危なっかしいところがありました。道中は他の馬を気にして前に進もうとしませんでしたが、4角で外に出してからエンジンのかかりは流石の血統と思いました。次は持ち味を生かせる競馬をしてあげたいですね」とのこと。
◆だからダートでしょう…crying

アンデスクイーン
11月24日(土)京都・花園ステークス(ダ1900m・ハンデ)に松若騎手で出走。馬体重は4キロ増の500キロ。メンコ着用。終始落ち着いておりキビキビとした周回を見せる。馬体はふっくらとして前走と変わらず良さそな様子。ジョッキーが跨がってからも大人しく馬場に向かい、スムーズな返し馬を行った。
レースでは、スタート後に上手くインコースに潜り込み、1角手前で内埒につけ中段で競馬を進めた。向こう正面で馬群の中に入り4角では集団の真ん中に。直線に入って内に進路を見つけてから、懸命に差し脚を伸ばしたが5着まで。
西園調教師は「最後まで頑張ってくれましたが直線で詰まらなければ・・・牝馬なのに砂を被ってもしっかり走ってくれていつも頭が下がります。明日締切のクイーンカップに申し込みをしてみます。賞金的には厳しいかもしれませんが」とのこと。
松若騎手は「上手く内に潜れましたが、馬群を捌けずすみませんでした。脚は残っていたのですが『スパッ』と切れる脚ではないので厳しかったです。1900より1800のが合ってます」とのこと。
◆やっぱり100m長かったですねcoldsweats01

ダンケシェーン
11月25日(日)東京9R・シャングリラ賞・3歳以上1000万下・D1400m・15頭立7枠13番に横山典弘56.0kg・馬体重480kg(+4)で出走し、タイム1分25秒1(良)で0.8秒差の7着。
横山(典)騎手「ゲートが変な感じだった。次に向けては、いい練習にはなったけどね。まあ、今日は休み明けだから。まったく走っていないよ」
昆師「1本足りないことはわかっていたけど、この出来でもヤレると期待をしていたからね。そう甘くはなかったということだけど、使って身体の緩さが取れてくるはずだから、次は変わってくれると思う」
◆やっぱり使い出しが早かったんですってcoldsweats01

★先週の長浜さん★
クラークキー…9着
◆負け過ぎです…sweat02

ハルクンノテソーロ…3着
◆力があるところは見せましたが…あと一歩なんですけどねcoldsweats01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »