« 2018 ローレルツアー | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

勝てないね…

ハートビートダンス
10月6日(土)京都・2歳新馬戦(牝・芝1600m)に松山弘平騎手でデビュー。初出走の馬体重は460キロ。メンコ着用。パドック入場時は、物見をしていたが、周回を重ねる内に頭を下げ落ち着きを。ジョッキーが跨がってからも雰囲気は変わらず馬場に向かった。芝コースに入り他の馬の隊列に混ざったあと、ジョッキーに促されしっかりとしたフットワークで駆けていった。
レースでは、スタート良く少しジョッキーに促されながら先行体勢を整える。向正面では折り合いがつき外めを4、5番手で追走し、直線で外から追い出されるも直線伸びず12着。
音無調教師は「このレースは相手も揃っており、今日のところは力及ばずでした。ハーツクライの仔なので距離をもう少し伸ばした方が良いのかな?栗東へ戻ってから馬の状態を見て次を検討していきます」とのこと。
松山騎手は「良いポジションを取れましたが外枠の分、外々を回されて最後は一杯になってしまいました。芝向きで距離はこれぐらいが良さそうです。もうちょっとやれて良いと思いましたので使って良くなるタイプですよ」とのこと。
◆最後追い出すまでは良かったのですが…

アンデスクイーン
10月6日(土)京都・平城京ステークス(3歳以上1600万円以下・ダ1800m)に松若騎手で出走。馬体重は増減無しの496キロ。メンコ着用。終始落ち着いた様子でパドックを周回。馬体締まっており力を出せそうに見える。停止命令のあと少しテンションが高くなるもジョッキーが跨がると落ち着きを取り戻した。返し馬はダートコースへ入ってすぐ駆けていった。
レースでは、好スタートを切り先行争いに食い込むも、内と外に挟まれた6番手で1角を通過し向こう正面から3角まで同じポジション。4角からジョッキーに追われ前との差をジワジワ詰めるが0秒5差の7着まで。
西園調教師は「差の無い競馬でよく頑張ってくれています。前走より数段競馬内容が良くなっています。次が楽しみですね。勝ち時計が速く、7着でもベストタイムを出したのではないかと思います。2週空けて京都のハンデ戦に向かいましょう」とのこと。
松若騎手は「いつも通りゲートを出て一生懸命走ってくれました。前走より良くなっていて時計が速い中での差の無い競馬なのですが・・・欲を言えば逃げ馬の後ろを取りたかったですね」とのこと。
◆頑張っているんですがね…

ボールライトニング
10月8日(祝・月)京都・長岡京ステークス(芝1600m・ハンデ戦)に松山騎手で出走。馬体重は6キロ減の520キロ。メンコ着用。終始リラックスした雰囲気で周回。まだ太く見えるくらいの馬体も、ハリはあって具合は良さそう。絶えず滴るほどの発汗だが、気温がかなり高く、このくらいの発汗も悪くない気配に映る。他の馬にジョッキーが跨がってもイレ込むことはなく、芝コースに入ってすぐ促されると、軽いキャンターでスムーズに駆け出していった。
レースでは、ゲート内で首を下げたところで扉が開いてしまい、大きく出遅れて1頭離れた最後方からの競馬。急かさない程度に前へ接近していき、3コーナー手前で最後尾に取り付く形。4コーナーで外に持ち出し追われると力強い脚色で伸びたものの4着まで。
松山騎手は「外枠の最後入れでゲートに入り、首を下げたところでゲートが開いてしまいました。終いに良い脚を使っただけにもったいない内容でした。今日はゲートが全てで本当に残念です」とのこと。
調教助手は「首を下げたところで扉が開き、本当にもったいない競馬でした。前走を一つ使ったことで馬が大分ピリッとして良くなっていましたし、最後も伸びていただけに残念です。今回直線でかなり脚を使いましたし、今後については入念に脚元のチェックをした上で検討することになると思います」とのこと。
◆メンバー的にチャンスだと思っていましたがスタートでズッこけるとは…sweat01

★先週の長浜さん★
ハルクンノテソーロ…2着
◆これぐらい走って当然ですgood

|

« 2018 ローレルツアー | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2018 ローレルツアー | トップページ | 週刊愛馬情報 »