« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

台風が直撃だぁ…typhoon

シネマソングス
9月1日(土)札幌7R・3歳以上500万円以下(ダ1700m)に丸山元気騎手で出走。馬体重は4キロ減の426キロ。メンコ着用。軽く小脚を使い少し気負い気味な感じでチャカチャカしながら周回。馬体の張りは良く状態を維持している雰囲気。ジョッキーが跨がると更に気合いを見せ、小脚を使いながら馬場へ。芝コースを横切るときに少しうるさいところを見せたが、ダートコースに入ってすぐ促されるとスムーズに駆け出していった。
レースではまずまずのスタートを切り、すぐに行き脚が付いてインの4番手の位置。道中はそのまま先団インを進み、3~4コーナーから気合いを付けつつ直線へ。4コーナー手前からムチが入ると直線ではラチ沿いの狭いところを良く伸びて4着。
小笠調教師は「厳しい位置でも我慢が効いて、昇級戦としては内容が良く、次に繋がる競馬になったと思います。この後はいったん美浦へ戻して、馬の状態を確認して続戦するか短期放牧を挟むかを検討します。まだ馬が幼いですが、競馬を覚えてくれれば楽しみが増えると思います」とのこと。
丸山騎手は「直線は外に出すのが理想の形だと思いますが、昇級初戦だけにまだ道中で外に出すだけの余裕がなく狭いところからの追い出しとなりました。1コーナーで砂を被ると少し嫌がっていましたし、馬と馬の間を抜けるときに多少躊躇するところはありましたが、そこからしっかりと脚を使ってくれました。昇級初戦としては良い内容でしたし、これからの馬だと思います」とのこと。
◆やっぱり1つ勝つと安心して観れますねcoldsweats01
このクラスでも充分やって行けるみたいですし力を付けてこのクラスも早々に卒業して欲しいですhappy01

フリージアスター
9月1日(土)小倉7R・3歳未勝利(芝1800m)に酒井学騎手で出走。馬体重は10キロ増の420キロ。パドックではメンコ着用。輸送後も体重が増えており、見た目からふっくらし、馬体にも張りが出てきている。歩様に硬さはなく、終始落ち着いて周回。馬場へ向かう途中でジョッキーが跨り芝コースに入ると、鼻を鳴らしテンションの高いところをジョッキーが抑え返し馬を行った。
レースでは、マズマズのスタートを切るが外の馬に前へ入られ、1角入り口で進路が無くなり後方へ下がる。馬群の後方外めを追走し、向こう正面では後ろから2頭目でそのポジションのまま3角に入る。外々を回りながら直線へ向くと馬場の5分所を追われジリジリと伸びて12着。
加用調教師は「数を使えるタイプではないので、グリーンウッドで時間を掛けてふっくらさせてもらいましたが結果を出せずにすみません。栗東に戻った状態をみて今後を検討していきます」とのこと。
酒井騎手は「先生からゲートをスッと出るようなら中段で競馬を進めるよう指示を受けていました。1角で進路が狭くなったときに口がききづらくなりポジションが下がってしまいました。今の小倉の馬場は、パワーが必要で小柄な馬には厳しかったかもしれません。」とのこと。
9月1日・小倉7R・3歳未勝利(芝1800m)に出走し12着。3日、加用調教師から「レース後、栗東トレセンに戻ってきていますが、今回の競馬と輸送でかなり体力を消耗してしまい、飼い葉も食べられない様子です。前回同様に厩舎内でイライラした素振りを見せており、馬体を立て直すには時間が必要です。ここまで3戦のため、限定未勝利戦に出走する権利はありますが、短期間で調整するのは難しいと思います。本当に残念ですがここで引退させることにしたいと思います」との話があり、残念ではあるが同馬は引退することとなった。近日中に馬名登録を抹消する予定。
◆実力が無さ過ぎた…sweat02
お疲れ様でしたsweat02

★先週の長浜さん★
デルニエリアリテ…17着
◆負け過ぎです…sweat02

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »