« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

久し振りの勝ち星だぁ~happy02

エトワールドパリ
7月21日(土)函館・ダ1700m(牝)に藤岡佑介騎手で出走。馬体重は8キロ減の474キロ。チークピーシーズ着用。ここしばらくパドックで小うるさい素振りを見せていたが、今日は終始落ち着いた様子で周回。ジョッキーが跨がってもイレ込むことはなく、多少気合いを表に出しつつ馬場へ。ダートコースに入ってすぐ促されるとスムーズに駆け出していった。
レースでは、好スタートを切り気合いを付けて前へ。外の馬が二の脚良く並びかけてくるが、譲らず1コーナーのコーナーワークでハナへ。2番手の馬が半~1馬身差に付けて来るが、ハナを取り切ってからは気分良さそうにマイペースの逃げ。3コーナーに入ると早めに仕掛けて後続を4~5馬身引き離して直線に向かった。引き離してからも手を緩めずに追われ、脚色一杯になりつつも2馬身半のリードを残し見事優勝。勝ち時計は1分47秒2、上がり3ハロンは39秒2。
松元調教師は「2番枠を引き、外から来られてもコーナーワークで思っていたとおりに先手を取ることが出来ました。ジョッキーも譲らない気持ちで行ってくれて、早めの仕掛けから最後まで凌いでくれました。先週の追い切りでジョッキーの『いつもの動きではない』という話から出走を見送り、1週間疲労回復に努めたのも良い結果に繋がったと思います。ようやくですが結果を出せて本当に良かったです。この後のことはいったん栗東に戻して馬の状態を見てから検討します」とのことだった。
藤岡佑介騎手は「1週延ばしたことで馬に前向きさが戻り、自分のペースで行けたこともあり道中の手応えは今までで一番良いくらいに感じました。早めに仕掛けて後続を引き離しているのは分かっていましたが、後ろは待たず更に後続に脚を使わせるつもりで必死に追い、馬もそれに応えて最後まで良く頑張ってくれました。勝ち切れず悔しい思いもしましたが、時計も悪くありませんし、ここで結果を出せて良かったです」とのこと。
◆ようやく勝ってくれましたcoldsweats01
やれやれcoldsweats01
佑介がこの仔のことを良く知ってくれて切れないけどバテないことを実践してくれましたhappy01
でもこの仔で馬券を儲けるのは難しいですねsweat01

リンデンブリューテ
7月21日(土)函館・芝1800mに小崎綾也騎手でデビュー。初出走の馬体重は466キロ。メンコ着用。落ち着いた雰囲気でパドックに入場。少し気合いが物足りない印象ではあるが、体をふっくら見せ、張りも良く具合は良さそう。ジョッキーが跨がると多少はピリッとした雰囲気で二人引きで馬場へ。馬場をしばらく歩かせた後、厩務員が離れると少しうるさい素振りを診せていたが、促されて駆け出してからはスムーズ。
レースでは、フワッとしたスタートで出遅れてしまい最後方からの競馬。馬群の最後尾に取り付いて1~2コーナーに入るも、向正面で少し置かれ気味となり気合いを付けながらの追走。そのまま少し離れた最後方を追走し、直線も伸びることが出来ず12着。
小崎調教師は「思いの外スピードに乗ることが出来ず、調教からはもっと競馬に参加できると思っていただけに残念です。離れた位置での追走でしたが、最後までバテずに走れていたのでスタミナ面は大丈夫そうです。ギリギリの時計でタイムオーバーは免れましたので、引き続き函館に置いておき、ダ1700m戦で出られるところに使いたいと思います」とのことだった。
小崎騎手は「初出走で経験が無い分、スタートで遅れてしまいましたが、悪い癖などはありませんし慣れれば大丈夫だと思います。道中は一生懸命走っていて、ゴールを過ぎるまで気を抜くことも無く頑張っているのですが、終始同じペースの走りになってしまいました。スピードに乗り切れていないので、ダートを試すのも良いかもしれません」とのこと。
◆レースに参加できませんでしたねsweat02
次変わり身を期待したいですcoldsweats01

アースコネクター
7月21日(土)中京・桶狭間S(混・ダ1400m)に鮫島良太騎手で出走。馬体重は増減無しの510キロ。メンコ着用。馬体はガッシリして筋肉の張りもあり除外後の影響は小さそう。小脚を使ったり、曳き手に擦り寄ったり、落ち着きのない仕草が目立つ。他の馬にジョッキーが跨がるタイミングから特にテンションが上がり曳き手をグイグイ引っ張るようにして馬場へ向かった。内馬場でジョッキーが跨がり馬場入りをごね、馬場入り後もジョッキーを振り落とそうとするが、ジョッキーが上手く制御しゆったりと駆けていった。
レースでは、好スタートからジョッキーが軽く促しながらの3、4番手で先行。4角の手前から前の馬の外側を上がっていき絶好のポジションで直線へ。坂をジリジリ伸びていくようで伸びず後方からの馬にやられ11着。
林調教師は「4角から直線に入ったところでは、掲示板は十分あるかと思いました。坂で止まってしまったようなので、やはり平坦コースの方がこの馬には合っていそうです。先週の福島ダート1700mで、どんな競馬ができるのか見てみたかったのが正直なところですが、準オープンは番組が限られますので、レース後の状態と番組を見ながら次走を考えたいと思います。暑い中、輸送もこなし良く頑張ってくれていると思います」とのこと。
鮫島良太騎手は「坂で甘くなってしまいましたね。4角では掲示板に乗ることを意識しましたし、坂下では反応があり伸びてきましたが、坂の途中で急に反応がなくなり、最後150mぐらいで止まってしまいました。前に乗せてもらったときよりも馬が良くなっていて、脚の捌きも気にならないぐらいになってます。1400では忙しかったので、コーナー4つの平坦で1700ぐらいならまだまだやれそうですよ」とのこと。
◆次あるのかなぁ…

★先週の長浜さん★
キタノテイオウ…7着
◆ちょっと前進sign02

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »