« 2018年6月 | トップページ

先週の結果

暑過ぎます…sweat01

アイムワン
7月14日(土)函館6R・3歳未勝利・D1700m・9頭立2枠2番に川島信二56.0kg・馬体重464kg(-6)で出走し、タイム1分48秒5(稍重)で2分の1馬身差の2着。
矢作師「トモに力がなくスタートダッシュが効かず後手を踏んでしまう。それを急かせて出して行くとフォームがバラバラになってしまうから、こんな競馬しかできないよね。今日はメンバー的にチャンスと思っていたのであそこまで行ったら勝ち切りたかったけど、勝った馬は強かったし変わり身は見せてくれたね。しかし、あれだけ伸びて来ても直線は一度も手前を替えていない。この辺はこれからの課題として調教で取り組まなければならないね。さすがに連闘好きな私でもこの馬には酷だと思うので、次は札幌を予定し進めていくつもりです」
◆まずは馬券ごっちゃんでしたdollar
でもあそこまで行ったら勝ちきりたかったですねcoldsweats01

★先週の長浜さん★
スプレンジーナ…9着
◆距離なのかsign02馬場条件なのかsign02

| | コメント (0)

週刊愛馬情報

暑過ぎます…wobbly

アイムワン
7月14日(土)函館6R(発走12:45)3歳未勝利・D1700m・9頭立2枠2番に川島信二56.0kgで出走します。
助手・7月11日(水)札ダ稍・5F67.9-53.3-39.7-13.7(6分所・一杯に追う)
エントシャイデン(古馬500万)一杯の内1.2秒先行1.4秒遅れ
矢作師「札幌で追い切ってから、函館の馬房へ今日移動しました。もっと走れていい馬なんだけど、せめて見せ場を作って権利を取ってくれるような走りを見せて欲しいね」
◆今回のメンバーで掲示板に載れなかったらアウトだろうなぁ…

アフオラカ
これまでの競走成績を考慮して関係者間で協議を行なった結果、登録を抹消して川崎競馬・林隆之厩舎へ転籍する事になりました。なお、出資会員の皆様には報告書を別途送付させて戴きます。これまで本馬を応援して戴き、誠にありがとうございました。
加用師「気が勝っていた兄のブラックバードを預かっていたので良いイメージはあったのだけど、牝馬で兄ほど身体がなく性格も競走馬としては大人しすぎてしまったのかな。脚元で泣くような事はなかったから、もしかしたらまだ全力で走っていない可能性もあるが、中央ではもう時間を掛けられない。残念だけど、地方での活躍を遠くから見守りたいと思います」
◆力不足でしたねsweat02
一人口取り要因だったんですが…

キングディグニティ
この中間も変わりなく調整されていますが、滋賀県の吉澤ステーブルWESTへ明日放牧に出る予定です。
兼武助手「馬は変わりない状態ですが、トレセンに居ても節で使えない想定ですので、一旦放牧に出して間隔を取ることになりました」
◆次頑張ろうcoldsweats01

アースコネクター
7月14日(土)福島・安達太良ステークス(混合・ダ1700m)に江田照男騎手で出走の予定。11日、林調教師は「ここのところ天候が悪かったので、週末に坂路で52秒くらいのところを乗っていて、本日ウッドチップコースで最終追い切りを行いました。週末にある程度やっているので、今日の調教は5ハロンから15-15で入り、終いだけ強目に12.1秒で追っています。いつも計量している南馬場の計りが故障の為、今日の体重は計れていませんが、仕上がり具合は良さそうです。出走希望頭数が多いので、先ずは抽選に通ってくれればと思います」とのこと。
7月12日、林調教師は「残念ながら除外になってしまいました。そのため権利を持って来週の中京に向かいたいと思います」とのことで、7月21日(土)中京・桶狭間S(混・ダ1400m)に出走の予定。
7/8 助手 美南坂良 1カイ 51.6-38.6-26.0-13.2 一杯に追う
7/11 助手 美南W良       55.1-39.6-12.1 強目に追う
◆残念です。来週頑張りましょうcoldsweats01

シネマソングス
7月11日、小笠調教師は「先週の追い切り後、少し挫跖の症状が見られたため週末は少し楽をさせましたが、昨日から乗り運動を再開しました。歩様に問題はなさそうなので、このまま出走に向けて、ペースを上げていこうと思います」とのこと。
7月13日、小笠調教師は「現在は普通キャンターで調整しています。来週追い切った後に、札幌競馬場に移動し、札幌1週目のダート1700mへの出走を考えています」とのこと。
◆札幌で頑張ろうsign01

リンデンブリューテ
7月5日に函館競馬場へ移動。12日、小崎調教師は「予定通り先週末に1本乗り、本日もウッドチップコースで時計を出しています。5ハロン71秒台で終い13秒をマークしました。単走で行ったのでまだ自分からガツガツと行く感じでは無かったものの、ハミをしっかりかけて追い切って上がりの息遣いも問題ありませんでしたし、体力やスタミナ自体はしっかりしているように感じます。今週末と来週の追い切りの中で併せ馬も消化し、この調整で仕上げられそうです。跨がった小崎綾也騎手の感触も『忙しい競馬よりは距離があった方が』ということでしたので、函館最終週の芝1800mに向かいたいと思います」とのこと。7月21日(土)函館・芝1800mを目標に調整する予定だ。
7/8 小崎 函館W稍         61.2-45.2-14.7 馬なり余力
7/12 小崎 函館W稍      71.6-56.1-40.9-13.0 一杯に追う
◆来週頑張ろうsign01

フリージアスター
7月7日・中京・芝1600m(牝)に出走し12着。10日、加用調教師から「レース後も脚元などには問題ありませんが、馬体を少しでも膨らませたいことと、少し節を開けるために放牧に出したいと思います。木曜辺りに移動させます」との連絡が入った。
12日にグリーンウッドTへ移動。13日、担当者の話では「脚元等に問題は見られませんが、テンションが高く馬房でもイライラした様子で、飼喰いもあまりよくありません。体も少し淋しく見えますので、まずは馬を落ち着かせて馬体回復に努めたいと思います。しばらくはウォーキングマシン調整でリフレッシュに努めます」とのこと。
◆次が最終戦かなぁ…
何とか頑張って欲しいけどなぁ…

エトワールドパリ
今週の函館・ダ1700mを予定していたがトモに疲れが見られ回避することに。7月11日、松元調教師は「今週のレースに向けて藤岡騎手が跨がって調整を行ったのですが、藤岡騎手から『トモの力の入り方がいつもと少し違う』という話があり、獣医師に診てもらったところ『トモに疲れが見られる』という診断でした。前走でも躓いていましたし、詰めて使った疲れが出てきたのかもしれません。今週のレースは回避し、中間は運動と角馬場での調整で疲労回復に専念したいと思います。週末の馬場入りについては土曜に診察を受けた上で検討し、疲労の回復具合によりますが、函館最終週か札幌1週目を目標に切り替えます」とのこと。
7/11 藤岡佑 函館W稍         57.4-42.8-14.1 馬なり余力
◆次が最後と思って…
一戦必勝sign01

★今週の長浜さん★
日曜 函館6R スプレンジーナ
◆久し振りの芝へ。勝ち上がって欲しいですが…

| | コメント (0)

先週の結果

3歳馬の去就が決まりつつあります…

フリージアスター
7月7日(土)中京・芝1600m(牝)に鮫島良太騎手で出走。馬体重は8キロ増の410キロ。パドックではメンコ着用。毛艶は悪くなく前走よりふっくらした感じの馬体。チャカつき小脚を使うところもあるが、基本的には大人しくパドックを周回。他の馬にジョッキーが跨がってからも気配は変わらず、芝コースに入ってからチャカつき行きたがるところをジョッキーが宥めてから返し馬を行った。
レースでは、良いスタートを切ったように見えたが、1000m標識通過の時点で後ろから3番目。3、4角の折り合いもついて直線に向くと馬場の一番外に出され追われる。ジョッキーの懸命なアクションに馬も応え12着まで上がってきた。
加用調教師は「よく頑張ってくれているけど・・・ダートではなさそうなので、ジョッキーも進言してくれた小倉1800以上の距離で使ってみたいと考えています。ただどのぐらいの節で出られるのかが気掛かりですね」とのこと。
鮫島良太騎手は「まだ2戦目でこの悪い馬場の中、最後よく頑張っていますが脚が溜まり切っていませんでした。1600では忙しいので1800、2000と距離はあったほうが良いですよ。脚が溜まれば変わってもいいかなと感じました」とのこと。
◆まだ使っていただけるんですね…
ラストチャンス頑張ってcoldsweats01

アフオラカ
7月8日(日)中京6R・3歳未勝利・D1400m・16頭立2枠3番に△川又賢治52.0kg・馬体重446kg(-4)で出走し、タイム1分25秒7(不良)で2.4秒差の11着。
川又騎手「ポジションを取ろうと多少出し気味に行って、それには応えてくれたのですけど、その分ラストまで持ちませんでした。なんとか権利はと意識していましたが、申し訳ありませんでした」
加用師「具合は良かったんだがな…。ちょっと厳しいかもしれないね」
◆今回でラストランになる公算が大ですねsweat02
仕方がないですね、結果が全てsweat02
能力が無かったということですsweat02

★先週の長浜さん★
キタノテイオウ…9着
◆厳しいなぁ…

クラークキー…10着
◆負け過ぎですsweat02

| | コメント (0)

週刊愛馬情報

雨が降り続くよ~rain

フリージアスター
7月7日(土)中京4R・3歳未勝利(牝馬限定・芝1600m)鮫島良太騎手(54キロ)で出走予定。7月4日、加用調教師は「本日坂路で併せ馬の追い切りを行っています。4ハロン54秒3、終い13秒2を計時し、末までしっかりした脚取りで併せた馬と同入し、まずまず動けていたと思います。暑い時期なので馬体キープに苦労しますが、何とか維持して臨みたいところです」とのこと。
7/1 見 習 栗東坂良 1カイ  59.7-43.4-28.3-14.2 強目に追う
7/4 冨 田 栗東坂良 1カイ  54.3-39.6-25.9-13.2 末強目追う
アフオラカ(三未勝)馬なりに0.2秒先行クビ遅れ
◆愛馬同士の稽古ですnote
非力なこの仔にこの天候は…sweat01

アフオラカ
7月8日(日)中京6R(発走12:50)3歳未勝利・D1400m・16頭立に△川又賢治52.0kgで出走します。
見習・7月4日(水)栗坂良1回・4F54.1-39.3-25.7-13.1(末強目追う)
フリージアスター(3歳未勝利)馬なりを0.2秒追走クビ先着
加用師「毎回のように交流にも申し込んでいるが、頭数が多くてなかなか当たらないね。先週今週と動きはいいから、なんとか前進してくれないものか」
◆愛馬同士の稽古ですnote
時間が無いから…sweat01

キングディグニティ
レース後の上がりの状態に特に変わりありません。
兼武助手「外枠を引いてずっと外側を走っていましたから、距離ロスの影響もあったと思いますね。かなり熱い中での競馬でしたが、目立った反動はないようです」
◆小倉で頑張りましょうcoldsweats01

アイムワン
この中間も変わりなく調整されており、札幌競馬場内矢作厩舎出張馬房へ向けて栗東トレセンを本日出発しました。
矢作師「メンバーや番組的な使いやすさ、節などを考えると北海道の競馬が良いと判断しました。とりあえず札幌の馬房に入れて、状態に変わりなければ来週の函館D1700を予定することも考えています」
◆北海道は行きは賛成で~すhappy01

アンデスクイーン
6月30日・中京・白川郷S(ダ1800m・ハンデ)に出走し4着。7月4日、西園調教師は「レース後も脚元等に問題は見られません。ここまで詰めて使ってきてましたし、出走したどのレースも一生懸命全力で走り、よく頑張ってくれましたので、ここで一息入れさせたいと思います。夏休みを挟んで、秋に向けて態勢を整えてもらいます」とのこと。7月6日にノーザンファームしがらきへ移動。担当者の話では「到着後の状態を確認し、まずはリフレッシュに専念させたいと思います。疲れの抜け具合を見て今後の調整メニューを検討します」とのこと。
◆秋の京都のJBCに出たいなぁ…

アースコネクター
7月14日(土)福島・安達太良ステークス(混合・ダ1700m)への出走に向けて調整中。4日、林調教師は「本日、レースに向けた1週前追い切りをウッドチップコースで行いました。5ハロンからの時計は67.1、終いの1ハロンが13.4秒でした。ここまでは至って順調にきていて、体も少しずつ引き締まりシャープな動きを見せてくれています。昨日の調教後の体重は510キロです」とのこと。
7/1 助手 美南坂良 1カイ 56.5-41.1-26.3-12.9 馬なり余力
7/4 助手 美南W良     67.1-53.4-38.8-13.4 強目に追う
◆来週頑張ろうsign01

シネマソングス
7月4日、小笠調教師は「飼い葉喰いも徐々に戻っており、復調してきています。現在は普通キャンターの調整ですが、もう少し体重が戻ってきた段階で進めて行こうと思うので、次走についてはその後の進み具合を見て、検討していく予定です。現在の馬体重は426キロです」とのこと。
7月5日、小笠調教師は「馬の状態も徐々に上がってきているので、本日ウッドチップコースで併せ馬を行いました。15-15のペースから少し時計を詰めるような指示で、併せた相手に対し終い馬なりで併入でした。動きも悪くなかったので、このあとの飼い葉喰いの状況や馬の気配などを確認して、このまま進めるかを決めていきたいと思います」とのこと。
7/1 助手 美南坂良 1カイ 60.3-45.1-29.9-14.9 馬なり余力
7/5 助手 美南W稍       54.3-39.9-13.1 馬なり余力
トゥルボー(新馬)強目の外同入
◆何処使うんだろうsign02

リンデンブリューテ
山元TCで順調に乗り込まれ、7月5日の検疫で函館競馬場に移動する。4日、小崎調教師は「牧場にも検疫に合わせて送り出して欲しいと伝えており、直前に強目を乗った上で函館に向かうことになっています。移動後問題がなければ、今週末に1本、来週2本、当該週の1本で、計4本追って函館最終週に間に合えばと考えています」とのこと。
7月5日、山元担当者は「順調に週1~2回の強目の調教をこなし、本日470キロの体重で送り出しました。輸送で少し減る可能性があるので、できればもう少しフックラさせたかったのが本音です。出走に向けしっかり乗り込みましたし、調教量は問題ないと思いますので、輸送後に体が維持出来ていれば良いのですが」とのこと。
◆時間が無いから…sweat01

エトワールドパリ
7月1日、松元調教師は「躓いたとき右前球節の前面に擦り傷を負っていたので、昨日獣医師に診てもらっていますが、傷は大したこと無く使った後のダメージも大きくはないという診断でした。馬の状態とメンバーを見て中1週か2週で使いたいと思います。次は少し無理をしてでもハナにこだわって行きたいですね」とのこと。4日、松元調教師は「傷も問題は無く、昨日まで引き運動を行い、今日から乗り出しています。最終週は出走希望馬が増える可能性もあるので、もし使えるようなら来週使った方が良いかもしれません。馬の状態と相手関係等を見て検討するつもり」とのこと。7月14日15日のダ1700mに向かう可能性あり。
◆次こそは…sweat01

ガーデンコンサート
6月30日(土)福島・2歳新馬戦(芝・1200m)に出走し12着。7月4日、尾関調教師は「使った後も脚下等に問題はありません。レースでは、競馬に対しての気持ちが馬にまるっきり感じられませんでした。原因はハッキリ分かっていませんが、急に暑くなった中、牝馬にしては調教で攻め過ぎたのも影響したのかもしれません。これまでの調教でも息遣いが気になったことがあるので、念のため内視鏡で喉の状態を調べてみましたが、問題はありませんでした。いったん天栄に放牧を出して、リフレッシュして立て直したいと思います」とのこと。
◆出直しですsweat02

★今週の長浜さん★
土曜 函館4R キタノテイオウ
◆怒りの連闘ですが…

土曜 福島10R クラークキー
◆勝って同条件。ここは連勝狙いましょうhappy01

| | コメント (0)

先週の結果

勝てる気がしません…crying

エトワールドパリ
6月30日(土)函館・ダ1700m(牝)に藤岡佑介騎手で出走。馬体重は6キロ増の482キロ。チークピーシーズ着用。パドック入場時から小うるさいところを見せ、小脚を使いパドックの外目を歩いて前の馬を追い抜く勢いで周回。2周目から二人曳きとなり、厩務員を引っ張りつつ上々の気合い乗り。馬体をふっくら見せて状態は変わりない様子。ジョッキーが跨がると更に気合いを見せ、首を上下し小脚を使って馬場へ。芝コースを横切りながらいったん馬をなだめ、ダートコースに入ってすぐ促されるとスムーズに駆け出していった。
レースでは、ゲートの一歩目で躓いてしまい後方からの競馬。向正面で外目を押し上げていき6番手で3コーナーへ。3コーナーでムチが入り、先団グループとの差を詰めつつ4~5番手で直線へ向かったが、本馬の直後に付けていた勝ち馬に抜け出されてしまい、最後までジワジワ伸びるも4着まで。
松元調教師は「今日はスタートが全てでしたね。膝を付きそうなくらいバランスを崩し、危うく転倒しかけるところでした。馬自体は大分しっかりしてきましたが、以前から躓きやすいところはあり、それが大事なところで出てしまいました。やはり自分の競馬ができないと難しいですが、何とか権利は取ってくれましたし、滞在のまま次走を検討したいと思います」とのことだった。
藤岡佑介騎手は「以前はゲートから出よう出ようとする余りに危ういところもありましたが、今日は落ち着いていたにもかかわらず、一歩目が出ず躓いてしまいました。後ろからの競馬となりこの機会に馬の後ろに入れてみたところ、砂を被ると進んでいけず、やはり自分のペースで行けてこその馬で、今日はスタートが全てでした。向正面から気合いを付け3角からのムチにも応えて頑張ってくれたのですが・・・。一時感じられた歩様の硬さも無く、体も大分しっかりしていましたし、走れる状態にあっただけに残念です」とのこと。
7月1日、松元調教師は「躓いたとき右前球節の前面に擦り傷を負っていたので、昨日獣医師に診てもらっていますが、傷は大したこと無く使った後のダメージも大きくはないという診断でした。馬の状態とメンバーを見て中1週か2週で使いたいと思います。次は少し無理をしてでもハナにこだわって行きたいですね」とのこと。
◆歯痒いなぁ…

ガーデンコンサート
初出走の馬体重は456キロ。メンコを着用し、二人曳き。程好い気合い乗りでパドックに登場。周回を重ねていくと、徐々にリラックスでき、途中から二人曳きから一人に。体は大きくないが、バランス良い体つき。仕上がり具合も悪くなさそう。騎手が跨がると、少し気合いが入り馬場へ向かった。芝コースへ入ると他の馬たちと一緒に4コーナーへ向かい行進した後、反転して抑え気味に駆け出していった。
レースでは、マズマズのスタートも隣の馬に寄られて、二の脚も付かず後方からの競馬に。道中も馬が行く気を見せずに最後方で直線に向かったが、ゴール前も伸び脚がなく12着。
尾関調教師は「スタートから進んでいってくれず、今日はこの馬の良さがまったく発揮できなかったようです。こんなに負ける馬ではないと思うし、今日の結果がこの馬の力だとは思えません。レース後の具合を見て、今後の予定を考えたいと思います」とのこと。
戸崎騎手は「ハミを取らなかった訳ではなく、まったく進んでいってくれませんでした。返し馬の時もレースの時もまわりを少し気にしている様子でした。気持ちの問題だと思いますが、今日はまったく競馬になりませんでした」とのこと。
◆期待していただけに…
ダート馬じゃないかなsign02

アンデスクイーン
6月30日・中京・白川郷ステークス(ダ1800m・ハンデ)に福永騎手で出走。馬体重は増減無しの490キロ。メンコ着用。しっかりと作られた馬体は引き続き良い状態のよう。終始、落ち着いてパドックを周回し、他の馬にジョッキーが跨がってからも動じることなく馬場へ向かった。返し馬は、内埒沿いを少し歩いた後、反転し伸びやかなフットワークで駆けていった。
レースでは、少し躓き加減のスタートから持ち直し、ジョッキーも促して先行体勢を整える。一番人気の馬を後ろから見る形で5番手から1角はコーナーワークで4番手。向こう正面から外から来た馬を行かせて最内5番手で3、4角を回り直線に向いた。内埒沿いからジリジリと詰めていき、残り250mからジョッキーの鞭が飛び前を交わそうと伸びるが牡馬達を差し切ることは出来ず悔しいハナ差の4着。
西園調教師は「内々の経済コースをピッタリ回ってきてジョッキーも上手く乗ってくれました。このクラスで十分やれることがわかりましたし、小回りより広いコースに連れてきて良かったと感じました。秋に向けて放牧に出したいと思います」とのこと。
福永騎手は「良い位置で競馬を進められて勝ち馬についていきたかった・・・最後にもうひと伸び欲しいところだけど準オープンなので・・・牝馬なのによく頑張っていますよ」とのこと。
◆頑張ってくれてるのはこの仔だけですよsweat02

キングディグニティ
7月1日(日)中京7R・3歳以上500万下・D1400m・16頭立8枠15番に☆荻野極56.0kg・馬体重462kg(-6)で出走し、タイム1分24秒7(良)で0.9秒の10着。
荻野(極)騎手「コーナーは上手に回れましたけど、直線はやや張り気味でした。追っている時に鞭を落としてしまいましたが、それがなくても勝ち負けまでは難しかったように思います。コーナーが上手なので、小倉のような小回りコースは合うでしょう。1000では忙しいので、1700ならばポジションが取りやすいと思います」
池江師「気配や手応えは悪くなく前進気勢もあったけど、直線で隣の騎手の鞭が(荻野)極の手に当たって鞭を落としてしまった。これがなければ入着はあったよ。この後は節を見ながらだけど、小倉に使えるようなら1700を使ってみたいね」
◆悪くない気配だったけどなぁ…

★先週の長浜さん★
スプレンジーナ…3着
◆ウチのエトワールドパリを差して3着でしたcoldsweats01

キタノテイオウ…9着
◆進歩がありません…

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ