« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

朝方の地震はなかなかのものでしたsweat01
私の家の被害といえば口取り写真(約40枚)がほぼ全て宙吊り状態で揺れておりましたsweat01
でもそれぐらいでしたcoldsweats01
助かりましたsweat01

エトワールドパリ
6月17日(日)函館・ダ1700m(牝)に岩田騎手で出走予定。馬体重は6キロ減の476キロ。チークピーシーズ着用。パドック入場時から程良い気合いを見せ、パドックの外目を厩務員を軽く引っ張りつつ周回。体も程良く締まって動きに活気があり具合は良さそう。ジョッキーが跨がると更に気合いを見せ、小脚を使って馬場に向かい、ダートコースに入ってすぐ促されるとスムーズに駆け出す。ジョッキーが少し抑えるほどの行きっぷりを見せる。
レースではポンと好スタートで前をうかがうも、外の馬が譲る気配無くハナに立ち、2番手で1~2コーナーを通過。向正面では逃げ馬の1馬身から半馬身差に付け早めに動いていったが、4コーナーでモタ付き前との差を詰められないまま直線へ。直線で後続に交わされいったん4番手になるも最後までバテずに伸びて3着。
松元調教師は「行けるなら行って欲しいと指示を出していましたが、外の馬が譲らなかったですね。周りを気にするところがあるので、やはりマイペースで進める方がスムーズに運べます。4コーナーでは今日もモタ付く感じで上がっていけず、ここでスッと動けるようならあっさり勝ち切っておかしくないのですが。レース後の状態を見て続けて使うかどうかを検討します」とのことだった。
岩田騎手は「今日は1頭速い馬がいて行かせてもらえませんでしたが、やはり自分のペースで行く競馬が合っているようです。道中楽に行けていても、4コーナーでスッと動けず遅れてしまいました。反応もあり良く頑張ってくれているのですが」とのことだった。
◆勝てないなぁ…
頑張ってはいるんでしょうがやはり何かが足りないんでしょうねcoldsweats01
でも何とかこの北海道で1つ勝って帰って来て欲しいですcoldsweats01

シネマソングス
6月17日(日)東京・3歳未勝利(ダ1600m)にC.ルメール騎手で出走。馬体重は2キロ減の422キロ。メンコ着用。小走り気味でパドックに登場。馬体は前走よりも体重は若干減っていたが、張りや毛艶が良く力は出せそう。チャカチャカとうるさいところを見せながらの周回も、ジョッキーが跨がる頃には少し落ち着きを取り戻した様子。馬場へ入場すると、少し歩かせてからキャンターへと移り駆けていった。
レースでは、スタート直後に馬が前に躓き、騎手も振り落とされる形で落馬してしまい、競走を中止。
小笠調教師は「このような形になりすみません。ここは期待していただけに残念です。あがってきた馬に外傷などがないか、良くチェックをしておきます。この後は、馬体に問題がなければ続戦を考えていきます」とのこと。
ルメール騎手は「スタート後に、馬が脚をとられてしまい躓いてしまいました。」とのこと。
◆ルメールで落馬かぁ…
立ち直れないなぁ…sweat02

アンデスクイーン
6月17日(日)阪神・灘ステークス(ダ1800m)に松若騎手で出走。馬体重は6キロ増の490キロ。メンコ着用。艶の有る好馬体で、気負いを感じないいつもの様子で登場。パドックに人が増えてきたところで鼻を鳴らし気合い十分か。他の馬にジョッキーが跨がるタイミングでも落ち着き馬場へ向かい、ダートコースに入ってからはスムースに駆けていった。
レースでは、スタート良くジョッキーに少し促され内埒沿いから競馬を進める。1角で5番手ほどに付け、2角では4番手に上がり最内をキープ。向こう正面でも折り合いはついており、4角の入り口からジョッキーに追い出された。直線に入ると2頭の併せ馬となり外から前に出られても懸命に食らいついていく。最後は5頭一線からハナ差凌いで3着。勝った前走重賞1番人気の馬に対して1と1/2馬身+クビ差の健闘。
西園調教師は「勝ったと思いましたが・・・。やはり定量戦ということで、人気の有力馬にねじ伏せられてしまいました。でもこの内容の競馬ですから馬は力を付けています。ジョッキーも上手く乗ってくれましたよ。本日投票した川崎の交流競走は残念ながら賞金順で選出されませんでした。レース後の馬の状態を見ながら次走を検討します」とのこと。
松若騎手は「すごい一生懸命な馬で頭が下がります。最後も『交わそう、交わそう』と頑張ってくれていました。上がってくるときにフラフラでしたので本当によく頑張ってくれました。展開ひとつで勝てますよ」とのこと。
◆勝ち馬はやはり強かったですがこの仔も力を付けていますねhappy01
でもこのクラスになると適鞍がなかなか無いんですよねcoldsweats01
もうしばらく牡馬と戦って力を付けて行かなければならないんでしょうねcoldsweats01
今シーズンはこの仔だけが頑張っている現状ですsweat02

ダンケシェーン
6月17日(日)東京11R・ユニコーンステークス(G3)3歳OP・D1600m・16頭立8枠15番に横山典弘56.0kg・馬体重476kg(+2)で出走し、タイム1分36秒8(重)で1.8秒差の12着。
横山(典)騎手「ここを目標に厩舎で頑張って仕上げてくれたけど、正直前走でパワーを出し切ってしまっていたようだね。スタートがという意見もあるだろうが、たとえまともなスタートであっても今日の状態ならば結果は変わらなかったと思う。しかし以前から言っているように、先のある馬であることは変わりないから、これからも大事にいきたいね」
◆現状これが実力なんでしょうcoldsweats01
一旦リセットして秋に再スタートで良いんじゃないでしょうかsign02
昆先生のところは典ちゃんがエースジョッキーだから仕方がないんでしょうが次は一旦他のジョッキーに乗ってもらう選択肢もあっても良いのかなぁと思ったりもしますcoldsweats01

★先週の長浜さん★
ケイディーズネイル…優勝shine
◆やっと勝ってくれましたhappy02
ちょっと遅かったね(長浜さん談)

スプレンジーナ…6着
◆まだまだ成長が…

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »