« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

毎度同じVTRを観ているような…crying

シネマソングス
5月19日(土)東京・3歳未勝利(牝・ダ1600m)に内田博幸騎手で出走。馬体重は6キロ減の424キロ。メンコを着用して、落ち着いた様子でパドックに登場。体重は減っているが見た目細過ぎる感じはなく、力を発揮できそうな状態。時折ソワソワする仕草を見せるが、ひどくはなく問題なさそう。パドックで騎手が跨がると、少し気合いが乗り馬場へ向かった。気合いが乗り馬場へ入ってくると、じっくり歩かせた後、ダクで待機所へ。
レースでは、まずまずのスタートも出脚でスピードに乗れず後方からの競馬。外目の砂を被らない位置に付けて徐々に進出開始。3コーナーでは8番手前後に付け、前との差を詰めつつ直線へ。直線入口でモタ付いてしまったが、坂を登り切ってから最後までジワジワ伸びて7着。
小笠調教師は「位置取りが後方からになってしまい、難しい競馬になってしまいました。最後は脚が使えているだけに、上手く流れに乗れれば良かったのですが…。レース後の具合を見て、使えるようなら東京の後半で使えれば」とのこと。
内田騎手は「スタートからスピードに乗れず後方からになってしまいました。外枠で外目を上がっていきましたが、内の馬が外に張ってきたため、かなり外を通る形になってしまい、内から5~6頭外を通る、かなりの距離ロスに。直線で手応えが怪しくなりましたが、手応えの割りに坂を上がったところで、もうひと伸びしてくれました。結果論になりますが、もう一つ後ろのポジションで脚を溜めた方が良かったかもしれません。聞いていたほど他馬のことは気にしていませんでしたが、テンションが高かったため、返し馬は軽めにしました。難しいところのある馬ですが、力はある馬なので、流れひとつだと思います」とのこと。
◆ルメールとは違うのかなぁ…
ちょっとこの仔も変な癖が有りそうですねcoldsweats01
最後も伸びてるようで伸びてないような…

エトワールドパリ
5月20日(日)京都・ダ1800m(牝)に藤岡佑介騎手で出走。馬体重は14キロ増の482キロ。チークピーシーズ着用。パドックは2番目に登場し、元気が有り余っている様子のまま馬番通りでない3番目に入る。馬体重は増えているが馬体に太め感は全く無く、体高が伸びたようにも見える。周回中のチャカつきはいつも通りで、他の馬にジョッキーが跨がってからも気配は変わらず、ダートコースに入ってから直ぐ力まず駆けていった。
レースでは、スタートを五分に切りジョッキーに促されながらハナを切る。1角に入るところで外枠の馬に並びかけられるが1角に入ったところで1馬身、2角2馬身のリード。1000m通過が1分2秒1で3角を迎えるとリードが1馬身となり、4角では交わされてしまう。直線に入ると差し返す脚を見せるも、前との差は詰まらないが3番手以下の馬とは1馬身差のまま粘り、最後後ろから来た馬をクビ差凌いで2着。
松元調教師は「交わされてからもよく頑張りました。4角であのような交わされ方をすると着外に沈んでもおかしくありません。馬体が増えリフレッシュ効果も出ていました。次は函館で決めたいですね」とのこと。
藤岡佑介騎手は「勝たせられずすみません。交わされてからもよく走っているのですが勝ち時計はこの馬にとって速いです。使い詰めた疲労は抜けていても、良化が思っていたよりスローですね。レースは一歩目が遅いときもありますが、二の脚がついて今日も上手く逃げられたと手応えがありましたし、同じメンバーで小倉なら勝てたと思います。函館の1700も条件的に合っていますよ」とのこと。
◆また2着…sweat01
北海道に行くのは賛成ですが札幌で勝って欲しいcoldsweats01

★先週の長浜さん★
クラークキー…優勝shine
◆強かったhappy02
豊くんもナイスな騎乗でしたnote
長浜さんも手放しで喜んでおられましたhappy02

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »