« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

雪は懲り懲りsweat02

エトワールドパリ
2月10日(土)小倉・ダ1700m(牝)に藤岡佑介騎手で出走。チークピーシーズ着用。馬体重は2キロ減の470キロ。落ち着いた様子でパドックを周回。馬体が絞れつつもフックラと見せ、イレ込みも見られず状態は変わりなくきている様子。ジョッキーが跨がると気合いを見せ集中した雰囲気で馬場へ。軽く小脚を使ってダートコースに入り、促されるとスムーズに返し馬を行った。1頭が競走除外となり15頭立て。レースでは、好スタートを決めてハナに立ち、外の馬が並んでくるも譲らず先頭で1コーナーに入り、コーナーワークで1馬身ほどのリードを取る。道中は2~3番手の馬が1~半馬身差に付けてくる厳しい流れも、自分のペースで逃げて先頭のまま直線へ。直線入口で3番手からの馬に並びかけられ、2頭が後続を大きく引き離す形。交わされてからも渋太く脚を使っていたが及ばず2着。藤岡騎手は「この条件、小回りも距離も合っていますね。よく頑張ってくれたのですが」とのコメント。松元調教師は「急遽このレースに回ってきた馬にやられてしまいました。最後ももう一度盛り返そうとしていましたし、この距離も小回りのコースも合っていそうですね。レース直後の上がりを見ても脚元等に問題は無さそうですが、今回初めての出張競馬で少しイライラしたところが見られました。栗東に戻ってからの状態を見て今後を検討します」とのこと。
◆頑張っているんですがね…coldsweats01

ピアレスピンク
2月10日(土)京都8R・4歳以上500万下・D1400m・15頭立2枠2番に△森裕太朗53.0kg・馬体重500kg(+4)で出走し、タイム1分26秒3(稍)で0.6秒差の3着。
森(裕)騎手「ゲートでガチャガチャして立ち遅れてしまいました。先生からは出たなら先行、でも遅れ癖があるのでそうなっても慌てず、どちらでも競馬はできるからと言われていたので、腹をくくって乗りました。遅れはしましたけどその後が速かったですし、すぐに流れに乗れました。前残りの展開や馬場状態の中でも脚は使ってくれましたよ。まともだったらもっとやれていたと思うと悔しいです」
◆最良の結果でしたねhappy02
ここで勝ってしまうとそこでジエンドでしたからcoldsweats01
勝つのも良いですがあと2走はしてもらって最後に勝つのが理想ですかねsmile
とりあえず次も権利を取ってくれたらgood
馬券圏内ならなおgoodgood

アースコネクター
2月13日(火)小倉・門司S(4歳以上1600万円以下・混・ハンデ・ダ1700m)に鮫島良太騎手で出走。馬体重は4キロ増の524キロ。二人曳き。メンコを着用して程好い気合い乗りでパドックに登場。体重は増えているが太目感なく、馬体に張りがあり状態は良さそう。いつものうるささはなく、入れ込みなくリラックスした中に程好い気合い乗り。1頭先に勢い良くダートコースへ入るとそのまま走り出していった。レースでは、マズマズのスタートから先行争いに加わるが、内2頭の馬も譲らず外目3番手で1コーナーへ。2コーナーで2番手に上がり向こう正面へ入ると、前に迫り逃げ馬の外に付け3コーナーへ。4コーナーで逃げ馬を交わすが、外から2頭に交わされて3番手で直線へ。大きくはバテていないものの踏ん張りきれず10着。レース後、鮫島騎手は「内の馬が譲らない感じでしたので無理はさせませんでしたが、砂を被らなかったので、今日は番手からでもスムーズな競馬ができました。良い感じで4コーナーをまわれたかと思いましたが、先頭に立った馬に前へ入られると砂を被るのを気にしていました。ただ大きくバテてはいませんし、最後まで砂を被らなければもう少しやれそうです。距離は1800mだと少し長い気がしますし、1700mが合っていそうです。ただ小倉の1700mは1コーナーまでが忙しいので、1度1600mを試してみても良いかもしれません。ゲートは速いので砂さえ被らなければ、こなせそうな気がします。馬体や走りはとても良いので、もう少し条件を変えてみても良いのでは。ただ芝よりはダートの方が良さそうに感じます」とのコメント。また和田調教師は「逃げられませんでしたが、鞍上はそれなりに上手く乗ってくれたと思います。もうひと踏ん張りが効けば良いのですが。明日小倉を出発して美浦へ戻した後いったん放牧に出す予定です」とのこと。
◆やっぱりハナに行かないとダメですねcoldsweats01

★先週の長浜さん★
トウカイシュテルン…5着
◆頑張ってるんですがね…coldsweats01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »