« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

また勝てませんでした…sweat01

ボールライトニング
10月14日(土)東京・白秋S(芝1400m)に蛯名騎手で出走。馬体重は増減無しの514キロ。メンコ着用。終始落ち着いた様子でパドックの外目を悠々と周回。ボリューム感ある体は相変わらずで、力強い歩様で歩けており具合は良さそう。ジョッキーが跨がってからもイレ込みはなく、多少気合いを見せつつ馬場に向かう。芝コースに入って促されるとスムーズなフットワークで駆け出していった。レースでは揃ったスタートを切り無理せず7~8番手の位置。道中は7番手外目で流れに乗り、そのままの態勢で4コーナーを回った。外目を追われて伸びかけるが、弾けるほどの勢いはなくそのままなだれ込んで7着。蛯名騎手は「前半は無理せず、直線は外目を追い出す形でレースを進めました。スタートも出てくれたのでそのまま流れに乗れたのですが、追い出して弾けることができませんでした。2歳時は体を伸縮させた良い走りでしたが、今日は追い出してからのギアチェンジができていない感じでした。稍重でしたが今日は比較的馬場が良く、気にならない馬場だったと思います」とのコメント。宮本調教師は「ジョッキーとも事前に話をし、指示通りの競馬をしてくれました。弾けると思って見ていたのですが・・・。上がり3ハロンも33秒9で上がってきており、差は無かっただけに悔しいです。この後については、レース後の状態を見て検討します」とのことだった。
◆頑張ってはいるんですがね…

アースジーニアス
10月15日(日)新潟・2歳未勝利(混・芝2000m)に川須騎手で出走。馬体重は6キロ増の498キロ。初戦の時に比べ、落ち着いた様子でパドックを周回。体重は増えているが、見た目に太目感はなく、状態は悪くなさそう。騎手が跨がってからも入れ込む感じはなく、馬場へ向かった。気合いを面に出しながらダートコースを横切り芝コースへ入ると、他の馬たちの返し馬が終わるまで歩かせてから、ゆっくりと返し馬に入った。レースでは、マズマズのスタートから行く気を見せて先行争いに。外から行く馬を行かせて5番手のインで1コーナーヘ。1頭に交わされ6番手で2コーナーを周り向こう正面へ。7~8番手で3~4コーナーを周り直線へ向かうが、伸び脚がなく12着。レース後、川須騎手は「乗り味も良く、走りそうな感じでしたが、4コーナーから直線にかけて、息が苦しくなり、少し喉が鳴っていました。良いものは持っていそうなので、短い距離の方が良いかも」とのこと。また和田調教師は「調教の時から、時々息苦しさを見せることはありましたが、レースで喉が鳴ったみたいですので、一度喉の検査をしてみようと思います。また行き脚はある馬なので、喉のことを考えると距離を短くすることも検討します」とのこと。
◆喉鳴りか…

アンデスクイーン
10月15日(日)京都・愛宕特別(ダ1800m・ハンデ戦)に松若風馬騎手で出走。馬体重は4キロ減の478キロ。メンコ着用。パドックでは終始大人しく、頭を下げたまま周回。ジョッキーが跨がってからも気配は変わらず落ち着いている。ダートコースへ入る前にやや首を振る仕草が目立ったが、ジョッキーに促されるとスムースに駆けていった。レースはあまり良くないスタートから無理せず内に進路を取り中段やや後方からの競馬。3角手前からジョッキーの手が動き進出を開始すると、4角では一番外から膨らみ加減で直線へ。勝ち馬の脚色には及ばないが2着馬と同じ鋭い末脚を繰り出し5着。松若騎手は「リズム良くいけました。今日の馬場を考えて無理をすれば前にも付けられたと思いますが、後ろからの競馬も問題ないですね。レースに応じて走れるので近いうちに順番が回ってきますよ。良い馬に乗せて頂きありがとうございます。」とのコメント。西園調教師は「走る馬ですね。昇級5着は大したもんだよ。4コーナーでの立ち回り次第によっては2、3着はありました。悔やんでも仕方ないので次を見据えて調整します。このクラスでも期待が持てますね」助手は「この馬走りますね。昇級、そして休み明けでよく頑張ってくれました。レース後の状態も見た上で調教師と相談しますが、メンバーレベルの下がる福島の1700を目標にしたいと思います。ジョッキーも1700は適按と言ってくれましたので。」とのこと。
◆良く頑張ってくれましたhappy01
あともうちょっとで馬券圏内でしたが…
次に期待しましょうhappy01

★先週の長浜さん★
トウカイシュテルン…優勝shine
◆なかなか強い競馬でしたhappy01
それにしても配当が結構付きましたねdollar

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »