« 週刊愛馬情報 | トップページ | 先週の結果 »

先週の結果

世間はGWなのに…sweat01

ルファルシオン
4月29日(祝・土)東京・春光S(ダ2100m・ハンデ戦)に柴山騎手で出走。馬体重は6キロ減の514キロ。パドックではメンコを着け、チークピーシーズを着用。落ち着いた様子でパドックに登場。首を下げ気味にして終始リラックスした雰囲気。パドックの外目をしっかりと歩けており具合は良さそう。周回を重ねて集中力が増し、ジョッキーが跨がると気合いを見せつつ馬場へ。ダートコースに入ると少し行きたがる素振りを見せ横歩きをしていたが、なだめて促されるとスムーズに返し馬に入り、力強いキャンターで駆け出して行った。レースでは、まずまずのスタートも出脚一息で、気合いを付けて1コーナーまでに先団まで上がっていく。4~5番手外目で1コーナーに入り、更にじわじわとポジションを上げ3番手で向正面を通過。前2頭を見ながら3~4コーナーを回り、並びかける形で直線に向かったが、直線半ばで脚色一杯となり13着。柴山騎手は「テンはもう少し楽に行けるかと思っていたのですが、今日はイメージと違ってゲートを出てからモサモサしていて行き脚が良くなく、ポジションを取りにいったら力んでしまい、その分終いが甘くなってしまった感じでした。向正面辺りでかなり力んでいましたからね。テンで楽に行けていたらもう少し頑張れたと思います。力みがあったのでわからない部分もありますが、1800m位の方が競馬しやすいかも」とのコメント。松田調教師は「1コーナーまで行き脚が付かず、スムーズにポジションが取れませんでした。外枠でしたがスッと行けていれば内に潜り込むことも出来たと思いますが、追いかけて外々を回る形になり、道中も力みがありました。やはり準オープンクラスで力を出し切るには、イメージ通りの競馬が出来ないと厳しいですね。レース後の具合を見て今後を検討します」とのこと。
◆距離でしょう…sweat02

アースミステリー
4月29日(土)新潟・ゆきつばき賞(3歳500万円以下・混・芝1200m)に津村騎手で出走。馬体重は6キロ減の458キロ。ブリンカーを着用して落ち着いた様子でパドックに登場。体重は減っているが、体に張りがあり歩様もスムーズ。周回を重ねていくと徐々に気合いが乗ってくる。パドックで騎手が跨がってからも、大きく気配が変わることはなく、程好い気合い乗りで馬場へ向かった。入れ込むことなく芝コースへ入ると、誘導馬のところまで歩かせてから、ゆっくりとスムーズに駆け出していった。レースでは、揃ったスタートから行き脚を付け先行争いに加わるが、無理せず3番手で3コーナーへ。4コーナーから徐々に前との差を詰め始め、先頭に並びかけるように5頭が横並びになり直線へ向かうと、いったんは先頭に立ちかけたが、内と外から伸びてきた後続に交わされてしまい5着。レース後、津村騎手は「4コーナーで早めに外から来られた分、早めに動かざるを得なくなり、最後はその分きつくなってしまいました。もう少し追い出しを我慢できる展開なら、もっと際どかったと思います。芝の走りはとても良かったので、芝のこのくらいの距離は合っていそうです。スピードもあるので、展開一つで直ぐにチャンスもきそうです」とのコメント。また和田調教師は「内枠で有利に競馬を進められるかと思いましたが、結果的に外を伸びてきた馬に勝たれてしまいました。開幕週の馬場にしては時計も掛かりましたし、もっと走りやすい馬場の方が合っているのかもしれません。今日は5着でしたが芝でも完全に目処が立ちました。中1週で使いましたので、眼の治療をして放牧に出すつもりです」とのこと。
◆もうワンパンチ欲しいですねcoldsweats01

★先週の長浜さん★
ハルクンノテソーロ…優勝shine
◆快勝でしたねnote
ようやく差し競馬が板に付いて来たと長浜さんも喜んでおられましたhappy02
オーナー側の友人も喜んでいましたhappy02

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 先週の結果 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 先週の結果 »