« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

2月以来の馬券圏内でしたcoldsweats01

ヴァベーネ
5月27日(土)東京・3歳未勝利(ダ1300m)に3キロ減量の横山武史騎手で出走。馬体重は8キロ減の452キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。体重は減っているがまだ少し余裕のある体つきも、以前に比べると歩きに素軽さが見られ、デビュー以来状態は一番良さそう。少し気合い不足にも見えたが、周回を重ねていくと気持ちも乗ってきた様子。パドックで騎手が跨がってからも、大きく気配が変わることはなく、程好い気合い乗りで馬場へ向かった。少しうるさいところを見せながら、ダートコースへ入るが、直ぐに落ち着き、誘導馬のところまで歩かせてから、スムーズに駆け出していった。レースでは、スタートでダッシュが付かず後方からの競馬。後方4番手の外目で3コーナーへ入ると、徐々に外目を上がっていき、8番手に並ぶように4コーナーを周り直線へ。直線で外に出されると伸びるかに思われたが、ジワジワとしか伸びることができず、前を交わすような脚は使えず11着。レース後、横山騎手は「スタートでダッシュはつきませんでしたが、道中は良い感じで競馬をできましたが、前が止まり辛い馬場が合わなかったようです。良馬場でもっと力が要る馬場ならもっと頑張れていたと思います」とのコメント。また小笠調教師は「具合が良かっただけに、権利が取れなかったのは残念です。1300mも少し距離が長かったのかもしれません。節を開けないと出られない可能性もあり、レース後の具合を見て、この後の予定を考えたいと思います」とのこと。
◆最後の直線向くまでは良い感じと思ったんですが…
距離も長いのかなぁ~coldsweats01
でももうちょっと前でレースをしたいなぁ…coldsweats01

グランパルファン
5月27日(土)京都7R・4歳以上500万下・D1400m・15頭立4枠7番に水口優也55.0kg・馬体重462kg(-8)で出し、タイム1分26秒0で2.1秒差の12着。
水口騎手「出たなりでリズム良く、強い馬を前に見る形で、シメシメと思いながら乗っていました。4コーナーまでは『これなら』といった感じで理想的でしたし、直線で外目に出した時も一瞬ハミを取ってグッと伸びてくれましたが、そこから200mぐらいで止まってしまいました。今日の感じなら、距離が長かったのが一番の敗因ですかね。あと、調教でもそうですが、手前を替えるのが下手で、左回りの方が良いかも知れません」
池江師「状態はメッチャ良かったんやけどね。結果的に勝った馬が強すぎたから、その後から付いて行った馬は、ほぼダメだったよね。それと、本当に状態が良い時は1200がベストだと思います」
◆こちらも良い感じで直線向いたのに…
距離なのかなぁ…coldsweats01

ハラペーニョペパー
5月27日(土)京都・ダ1200mに△坂井瑠星騎手で出走。馬体重は8キロ減の490キロ。メンコ着用。二人引き。落ち着いた様子でパドックに登場。時折ごく軽く小脚を使い、まずまずの気合い乗り。体をスッキリ見せ具合は変わりなくきている感じ。周回を重ねると小うるさいところを見せ始め、ジョッキーが跨がると更に気合いを表に出し、先入れで馬場に向かう。1頭のみでスムーズに返し馬を行った。レースでは、揃ったスタートから気合いを付けて前へ。2番手に付けて3~4コーナーを回ったが、外から早めに並びかけられると行き脚が鈍ってしまい11着。坂井騎手は「良いスピードがありポジションは取れたのですが、勝ち馬に早めに来られたところで行けなくなってしまいました。以前のレース振りを見ると、持ったまま自らハナに行く行きっぷりだったようですが、今日はテンに気合いを付けてあの位置でしたし、最後は手応え自体も余り残っていませんでした。スピードは感じる走りでしたが・・・」とのコメント。加用調教師から「揉まれたくないので前へという指示を出し、スムーズな競馬は出来ていましたが、勝ち馬に早めに来られると下がってしまいました。以前ほどの行き脚がなく、なかなか復調が見られません。ここからは降級組との戦いとなり更に厳しいように思われます」との話があり、今後について協議を行うことになった。協議を行った結果、誠に残念ではあるが同馬を引退させることとなり、近日中に馬名登録を抹消する予定。
◆仕方が無いですねsweat02
色々試してくださった先生には感謝ですねhappy01
しかし牝馬はわからないsweat01
急に走らなくなるんだものなぁ…sweat01
オープンは楽に行けると思ったんだけどなぁsweat01
お疲れ様でしたsweat02

アンデスクイーン
5月28日(日)東京・ダ1400mに藤岡佑介騎手で出走。馬体重は増減無しの476キロ。メンコを着用して、少し緊張気味にパドックへ登場。馬体に太目感はなく、状態は良さそう。周回を重ねていくと、緊張も取れリラックスできている感じ。パドックで騎手が跨がってからも、大きく気配が変わることなく馬場へ向かった。気合いを面に出しながらダートコースへ入ると、一番最初にスムーズな返し馬に入った。レースでは、好スタートを決め先頭に立つ勢いも、無理せず6番手で3コーナーへ。前4頭を見る形の5~6番手で4コーナーを周り直線へ。直線前がなかなか開かないが、内を突き馬の間を割先頭に上がったところを外から交わされてしまい惜しい2着。レース後、藤岡騎手は「直線で馬と馬の狭いところを突っ込みましたが、怯むことなく良く伸びてくれたのですが、あと少しでした。4コーナーでは外の馬の手応えが良く見えたので、直線外を突こうとしたところ、前の馬が思ったほど伸びず、結局インを突いてそこから追い出す形になりました。そこがスムーズなら、もっと際どかったと思います。とても真面目に走ってくれる馬で競馬はしやすかったです。距離は1200のスピード馬というよりも、1400mの方が合っていそうです」とのコメント。また西園調教師は「勝てたと思っただけに残念です。この後は、古馬と一緒に走ることになりますので、レース後の具合も見た上で、今後の予定を検討します」とのこと。
◆惜しかった~sweat01
最後の直線もっとスムーズだったら勝っていたでしょうねcoldsweats01
やはりダートスタートの府中は合いますねgood
佑介も上手かったgood
次も期待ですnote

★先週の長浜さん★
サントノーレ…12着
◆さすがに芝のこの距離では…sweat02

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »