« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

絶不調です…crying

ルーチェミラコロ
3月18日(土)阪神・ダ1200mに2キロ減量の坂井瑠星騎手で出走。馬体重は4キロ減の448キロ。メンコ・ブリンカー着用。落ち着いた様子でパドックに登場。周回を重ねると徐々に気合いが乗ってきて、鼻を鳴らし気持ちは乗っている様子だが、チャカチャカと横歩きをしたり子供っぽい仕草を見せ、まだ集中しきれていない雰囲気。馬体の張り艶は良く、具合は良さそう。他の馬にジョッキーが跨がると首を大きく上下し、うるさいところを見せつつ馬場へ。ダートコースに入ってすぐ促されると、抑え気味のキャンターでスムーズに駆け出していった。レースでは、フワッとしたスタートで立ち後れてしまい中団後方からの競馬。12~13番手を追走し、直線に向いて外目に出して追われるとジワジワと伸びたが9着まで。坂井騎手は「ゲートでうるさいところも無かったのですが、出があまり良くなく後方からになってしまいました。ブリンカーの効果もあって行きっぷりは良かったのですが、促すとハミを噛んでしまって・・・。スタートを決められればもっと上位に来られたと思います。距離はもう少しあっても大丈夫そうです」とのコメント。須貝調教師は「今回もゲートは一息でしたが、馬は行く気になっていましたし内枠でもあり押さえずに行った方が良かったですね。権利も取れませんでしたので、いったん放牧に出し再調整します。次は距離を伸ばしてみるつもりですが、前走の1400mの内容が良くありませんでしたので、1700m辺りで検討したいと思います」とのことだった。
◆スタートが全然良くなりませんsweat01
今回の放牧で心身ともに成長して欲しいところですcoldsweats01

ハラペーニョペパー
今週3月19日(日)阪神・ダ1400mに松山騎手で出走。休み明けの馬体重は14キロ減の490キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。14キロ減でも細くは見えず、活気もあって具合は良さそう。前のレースが終わって人が増えてくると小うるさいところを見せ始め、途中から二人引きに。先入れで馬場に向かい、ダートコースに入ってすぐ促されるとスムーズに返し馬を行った。レースでは、揃ったスタートから気合いを付けて前へ。行き脚が付くと他の馬を制してハナに立ち、1馬身ほどのリードを取って逃げる形。3コーナー過ぎで早めに後続に並びかけられ、僅かに先頭をキープして4コーナーを回ったが、直線に入って交わされると脚色一杯となり14着。松山騎手は「ハナに立ち自分のリズムで行って4コーナーで引き離す競馬をと考えていたのですが、勝ち馬に早めに来られて厳しい流れになってしまいました。使いつつ良くなってくると思いますし、自分の競馬が出来ればもっとやれるはず」とのコメント。加用調教師は「攻め馬でも動けていて、前走時より良くなっていましたが、本来ならゲートから促さなくても自分から勢い良 く出て行く馬ですし、まだ本来の調子に無いのかもしれません。続けて使えれば使いながら上向いてくれそうなのですが、短距離戦は権利がないと使えないのが難しいですね。馬体は特に細くは無かったと思います。今後については厩舎に戻ってからの具合を見て検討します」とのことだった。
◆見た目は悪くないのですが…coldsweats01
牝馬特有の調子落ちなのかなぁ…sweat02

キングディグニティ
3月20日(月・祝)中京5R・3歳未勝利・芝1400m・18頭立6枠11番に川田将雅56.0kg・馬体重464kg(初)で出走し、タイム1分23秒1で0.8秒差の9着。
川田騎手「良いスピードを持っているし、気性が気性なので、そのスピードを活かすなら現状1200の方が良いでしょう。経験馬相手で初めての競馬だったから、4コーナー辺りで他の馬が動き出した所から反応が鈍くなりましたが、一度使って中身は変わってくるはずだから、次は良くなるはずです」
池江師「直線伸びあぐねてしまったね。川田は1200が良いというからそこを中心にしたいと思うけど、芝短距離は節が必要になってくるから、在厩か牧場で調整かはテンションや脚元など上がりの状態と想定を見ながら考えたいと思います」
◆心身ともにまだまだ幼いのかなぁ…coldsweats01
良いスピードは持っているのですがまだ身体が出来ていないので中京の急坂には耐えられませんでしたsweat01
将雅の言うように現状1200の方が良いと思いますが短距離は優先がないと思い通りに出れませんからねsweat01
負のスパイラルにハマらなければ良いのですが…sweat01

ルファルシオン
3月20日(祝・月)中山・韓国馬事会杯(ダ1800m)に出走。馬体重は2キロ増の520キロ。メンコを着用して二人曳きでパドックに登場。もう少し気合いが乗っても良さそうに見えるが、終始落ち着いた周回。トモの踏み込みが力強く、引き続き状態は良さそう。パドックで騎手が跨がると、少し気合いが乗り馬場へ向かった。落ち着いた様子でダートコースへ。他の馬たちが走り出すと少し行きたがる仕草も、我慢させてからスムーズに駆け出していった。レースでは躓き加減のスタートも先行争いに加わり3番手のインで1コーナーへ。3番手のまま2コーナーを周り向こう正面へ。3コーナーでペースが上がると少し置かれ気味となり3~5番手の最内を通り4コーナーを周り直線へ。いったんは3番手に上がるが最後の叩きあいで遅れてしまい6着。レース後、戸崎騎手は「直線で外に出せていれば、もう少し頑張れていたと思いますが、上手く外に出せませんでした。ペースも落ち着いてしまい、この馬には厳しい流れになってしまいました」とのコメント。また調教助手は「前半はかなり遅いペースになり、後半の切れ味勝負になってしまい、 この馬には厳しい展開でした。スタートで躓いた時に落鉄していたようで、その影響も少なからずあったようです」とのこと。
◆良いレースはしてくれましたが…
もっと絞らなきゃpig

★先週の長浜さん★
サントノーレ…13着
◆使い過ぎですね…sweat01
今週も特別登録が…shock

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »