« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

走らない…sweat01
当たらない…sweat01

ピアレスピンク
2月25日(土)阪神8R・4歳以上500万下(牝)D1400m・16頭立2枠4番に古川吉洋55.0㎏・馬体重502㎏(0)で出走し、タイム1分25秒1で1.0秒差の12着。
古川騎手「これまでにないくらいの抜群のスタートだったけど、芝の切れ目の手前で外の馬が急に内へ切れ込んで、引っ張った拍子でハミが抜けてしまった。そこから立て直したけど、ポジションを悪くしてしまったし、今日は直線で外に出してもこの馬らしい脚は出してくれなかったね。どうもうまくいかん娘やね」
◆やっぱりこの仔は当てにならないなぁ…sweat01
さすがに上がり目も無いしもうお休みでしょうcoldsweats01

ヴァベーネ
2月26日(日)中山・3歳未勝利(ダ1200m)に柴田善臣騎手で出走。馬体重は12キロ増の460キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。体をフックラと見せ、デビュー戦の時に比べ体つきがしっかりとした様子。もう少し気合いが乗っても良さそうな雰囲気も、思っていた程歩様に硬さも見られず、状態自体は良さそう。パドックで騎手が跨がってからも、少し気持ちが入った程度で、落ち着いた様子のまま馬場へ向かった。うるさいところを見せることなくダートコースへ入ると、ゆっくりと歩かせてから、反転し掛かることなく駆け出していった。レースでは立ち遅れ気味のスタートとなり最後方からの競馬。徐々に内を上がっていき、後方2番手で3コーナーへ。13番手で4コーナーを周り直線へ向かうと内をジワジワと伸びてきて10着。レース後、柴田善臣騎手は「スタートが出なかった上に、勝ち馬に寄られてしまいダッシュがつけられませんでした。内々で競馬を進めましたが、砂を被ることも嫌がらずに競馬ができました。最後までしっかり走れていましたし、競馬を覚えてくれば、もっとやれそうです。距離はこのくらいが合っていそうです」とのコメント。また小笠調教師は「スタートで寄られる不利がありましたし、中山のダート1200で後方からになる厳しいレースでしたが、着順ほど内容は悪くなかったと思います。競馬慣れしてくれば、変わってきそうです。できれば続けて使いたいのですが、権利がとれませんでしたので、ソエの具合を見た上で一度放牧を挟むことになりそうです」とのこと。
◆スタートがダメだなぁ…sweat01
あれではレースにならないshock

ルファルシオン
2月26日(日)阪神・伊丹S(ダ1800m)に藤岡佑介騎手で出走。馬体重は18キロ増の518キロ。パドックではメンコを着け、チークピーシーズを着用。二人引き。落ち着いた様子でパドックに登場。以前より腹回りが立派に見えるも緩い感じは無く、体全体がしっかりとして久々でも具合は良さそう。少しのんびりした雰囲気に見えたが、周回を重ねて気持ちが乗ってきた様子。他の馬にジョッキーが跨がると気合いを見せつつ馬場へ。馬場入りの時も落ち着いており、ダートコースに入ってすぐ促されると反応良くスムーズなキャンターで返し馬を行った。レースでは、揃ったスタートを切り気合いを付けられ行きっぷり良く先団へ。4番手で1コーナーに向かうもコーナー入口で狭くなり、ポジションを下げて7~8番手で向正面へ。道中は中団を進み、9~10番手で3~4コーナーを回った。直線で外目に持ち出し追われるとじわじわ伸びたが8着まで。藤岡騎手は「テンで仕掛けていくと反応良く行けたのですが、1コーナー入口で狭くなり引っ張らざるを得ずポジションが下がってしまいました。切れる脚が無いので自分から早めに動いていきたかったのですが、道中も被されて動くに動けませんでした。直線入口では反応もあり決め手がある馬なら勝ち負けだったと思います。ただ、ここしばらくの内容と比べても行きっぷりは良かったですし、以前のような緩さも無く、良くなりそうな兆しを感じました」とのコメント。松田調教師は「切れる脚が無いだけにポジションが取れなかったのは残念ですが、直線の反応も良く見所はあったと思います。放牧から戻ってビッシリ調教を積んでの馬体増でしたから心配はしていませんでしたが、次は更に良くなってくれそうです。ジョッキーの感触も良かったようですし、あまり間隔を開けずに続けて平地レースを使いたいと思います」とのこと。
◆見た目変わった感は無かったですが数字ほど太くも無く…
次も平地みたいだし頑張って欲しいですhappy01

★先週の長浜さん★
トウカイクルーク…12着
◆負け過ぎです…crying

ポートレイト…14着
◆小倉が会わないのかなぁ…coldsweats01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »