« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

正直今年はもう勝てないと思っていましたがアースコレクションが勝ってくれましたshine
頑張れsign01ローレルsign03

アンデスクイーン
12月3日(土)阪神・ダ1400mに藤岡康太騎手で出走。馬体重は4キロ増の468キロ。メンコ着用。時折前脚を振り出す歩き方をしたり、舌を出したりしつつも落ち着いた様子でパドックを周回。イレ込んでいる感じは無いが腹回りに発汗が見られ、気持ちはかなり入っている様子。ジョッキーが跨がるとピリピリしたところを見せ小脚を使って馬場に向かった。気合いを見せつつダートコースに入り、他の馬と一緒に行進した後、早めに反転させて先頭を切って返し馬に。止め際までスムーズなキャンターで返し馬を行った。レースでは、マズマズのスタートから押していくが思ったほどダッシュが付かないものの、ダートコースへ入ると行き脚が付いて7~9番手からの競馬。下がってきた馬を1頭交わして8番手で3コーナーヘ。徐々に外目を上がっていき5~6番手で4コーナーを周り直線へ向かうと、しっかりとした脚色で伸び、逃げ馬との差をグングンと詰め、勝ち馬にクビまで迫ったところがゴールで惜しい2着。レース後、藤岡康太騎手は「前走よりゲートも出てくれましたが、出てからの行き脚はまだ一息で促しながらの追走になりました。その辺りがスムーズならもっと楽にポジションを取れるのですが。阪神の坂でも止まらず、最後まで詰め寄ってくれましたし、このコースも十分対応可能なところを見せてくれました。大分気持ちが入っていましたが、テンション面もこの位なら大丈夫だと思います。もう少しのところでしたし勝ちたかったですね。すみませんでした」とのコメント。また西園調教師は「ジョッキーも良いイメージを持って乗ってくれて、内容は良かったと思います。馬体も増えて気合いも乗っており、どういう競馬が出来るか楽しみでしたが、もう少しのところでしたね。勝ち馬は自分のペースで楽に行っていた分だと思いますし、こちらの方が内容があったんじゃないでしょうか。レース振りも安定し、チャンスは近そうです。この後のことはレース後の状態を見て決めたいと思います」とのことだった。
◆惜しかった…
3着以下はまた離していたので運がなかったのかなぁ~coldsweats01
年内もう1戦あるかなsign02

グランパルファン
12月3日(土)中京2R・3歳以上500万下・D1200m・16頭立4枠7番にV.シュミノー54.0kg・馬体重464kg(+8)で出走し、タイム1分14秒0で1.6秒差の15着。
シュミノー騎手「ゲートの中でガチャガチャして立ち上がりそうな感じもあって、タイミングが合わずに遅れてしまいました。その後は促しながらポジションを上げようとしましたが、リズムが最初に狂ったのが響いてしまったようで、進んでくれませんでした」
池江師「ゲートは速い馬だからジョッキーにはそう伝えていたのですが、こんなことは初めてだね。ポジション的にも揉まれる位置だったから、戸惑いがあったのかも。今日は競馬の前からイレ気味でもあったよ」
◆レースになりませんでしたねsweat02
年明けの中京まで使えないだろうなぁ…

アースコレクション
12月3日(土)中京・3歳以上500万円以下(混・芝1600m)にM.バルザローナ騎手で出走。馬体重は前走より6キロ増の526キロ。メンコ(レース前に外す)を着用しパドックに登場。休み明けで馬体重は増えているが、重め感はない。入場当初からやや緊張しながらの周回で、周回を重ねていくと小脚を使う機会が増えてきたため、途中から2人曳きに。パドックで騎手が跨っても特に様子は変わらずに馬場へ。芝コースに入ると、すぐに返し馬に入った。レースでは、タイミングが合わずに後方からの競馬となるが、その後行き脚がつくとそのまま先頭へ。道中は単騎先頭でレースを進め、先頭のまま4コーナーを回り最後の直線へ。直線に入ってもしっかりと脚を伸ばし、最後は後続に2馬身の差をつけて快勝。レース後、バルザローナ騎手は「ゲート裏で少しうるさかった影響で、ゲートでタイミングが合わずに後方からの競馬になってしまいました。その後の行き脚はスムーズで、調教師からは『前目での競馬を』との指示でしたが、馬が行く気になっていましたので、そのまま先頭に立ちました。先頭に立ってからはリラックスして走れ、直線に入ってからもしっかりと脚を使ってくれて、やや疲れ始めたところでムチを入れるともうひと踏ん張りしてくれました。この馬はいかにリラックスして走れるかが重要だと思いますので、距離はこれぐらいでも良いですし、もう少し距離を伸ばして前目でリラックスさせながらという競馬でも良いかもしれません。ダート戦も悪い選択肢ではないと思います。今日は本当に強かったと思います」とのコメント。また、尾関調教師は「少し気が入り過ぎていた影響で、ゲートのタイミングが合わなかったようです。そこからまさか先頭に立って競馬をするとは思いませんでしたが、開幕週の割には少しペースが遅かったので、結果的には好判断だったと思います。4コーナーでも手応えがありましたので、あとはどこまで頑張れるかと思いましたが、そのまま押し切ってくれました。少し大味な競馬の内容でしたが、それでもしっかりと勝つのですから、能力がないとなかなか出来ない芸当だと思います。今後のことはレース後の具合を見てから決めたいと思います」とのことだった。
◆なかなか強かったですねhappy02
途中から行っちゃった時は終わったぁ~と思いましたがそこから押し切っちゃうんですからなかなか強かったhappy01
次はどうするんですかねsign02
まあ焦ることもないですからじっくり確実に頑張ってもらいましょうhappy01
それにしても配当はおいしかった~dollar
ガッチリ頂きましたgood

ジョディーズロマン
12月3日(土)中山10R・舞浜特別・3歳以上1000万下(牝)D1200m・16頭立3枠5番に柴田大知55.0kg・馬体重452kg(-4)で出走し、タイム1分11秒8で1.6秒差の13着。
柴田(大)騎手「走りは悪くないのですが、流れがスローになってしまいましたし、自分で競馬を作れないから、ラストの脚色も他馬と一緒になってしまいましたね」
飯田(雄)師「輸送はうまくクリアして、到着直後から飼い葉を食べてくれていました。栗東でのチェックでも心臓の音は完璧だと獣医さんから太鼓判をもらっていたのですが、馬場状態も前が止まらない流れもこの馬には不向きな展開でした」
◆末脚不発でしたsweat02
もう一戦出来るのかなぁ…

★先週の長浜さん★
トウカイシュテルン…4着
◆もう一押し欲しかった…

サントノーレ…8着
◆格上挑戦にしては頑張ったかなsign02

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »