« 週刊愛馬情報 | トップページ | 16年を振り返って »

先週の結果

本当の最終週に追い込みましたhorsedash

アンデスクイーン
12月23日(祝・金)阪神・ダ1400mに藤岡康太騎手で出走。馬体重は2キロ増の470キロ。パドックでは耳も付いたメンコ着用。時折前脚を振り出すいつもの歩き方をしつつ、首を下げつつグッと気合いを見せつつパドックを周回。体もふっくら見せ状態は良さそう。ジョッキーが跨がってもイレ込みは無く、気合いを見せ集中した様子で馬場に向かった。小脚を使って馬場入りし、ダートコースに入るとすぐ1頭単独で駆け出し、少し行きたがる感じだったが抑えて軽いキャンターで返し馬を行った。レースでは、大外枠から好スタートを切り、芝コースのところでは一息の行きっぷりも、ダートに入るとスッと先団へ。3番手外目を楽な手応えで進み、3~4コーナーで2番手に上がり、前に並びかけるようにして最後の直線へ。追い出されてから少しモタ付くも、残り100m辺りで周りの馬を振り切って抜け出し1馬身4分の3差で見事優勝。勝ち時計は1分24秒4、上がり3ハロンは36秒9。藤岡康太騎手は「不良の馬場コンディションと相手関係を考え、今日は前目で自分のペースで競馬をさせるつもりでした。内枠だったら揉まれていたかもしれませんが、前向きさも出ていましたし、大外枠からスムーズに前目の位置に付けられました。余力十分に直線に向かいましたが、抜け出したら耳を絞って怒っている感じで少し突っ張り気味になったものの、最後はきっちりと抜け出してくれました。時計も優秀ですし、こういう競馬も出来るようなら上のクラスに入っても楽しみですね。ここはチャンスと思っていただけに決められて良かったです」とのコメント。西園調教師は「ジョッキーも今までの感触から自信を持って乗ってくれましたし、時計も詰めて良い内容の競馬だったと思います。この後のことはレース後の状態を見て決めたいと思います」とのことだった。
◆快勝でしたhappy02
康太も考えて乗ってくれましたねhappy01
ここ2戦が捕まえられずの2着でしたから
きっちり勝ち切るレースをしてくれましたhappy01
さすがですhappy01
やっぱり2歳で勝ち上がってくれるのは気持ちが良いものですnote

ファンタジステラ
12月24日(土)阪神・芝1400mにアッゼニ騎手で出走。馬体重は8キロ増の438キロ。メンコ着用。落ち着いた様子でパドックに登場。小柄な体だがふっくらと見せ、馬体のハリも上々で具合は良さそう。舌を出しながらパドックの内目を歩き、それ程グイグイ行く感じではないものの、時折鼻を鳴らすなどして気配はまずまず。ジョッキーが跨がると気合いを表に出し、集中した様子で馬場に向かった。小脚を使って馬場入りし、芝コースに入ってすぐ促されると弾むようなフットワークで駆け出していった。レースでは、スタートでダッシュが付かなかったものの、気合いを付けてインを上がって行き、前3頭の直後に付け4~7番手からの競馬。7番手で3コーナーヘ入り、徐々に外目を上がっていき4番手の一線に並ぶように4コーナーを周り直線へ向かうと、先頭に立った馬の内をグイグイと伸びてきて残り100mで先頭に立つと、3/4馬身抜け出して見事優勝。勝ちタイムは1分23秒6。レース後、アッゼニ騎手は「スタートで立ち遅れてしまいましたが、前へという指示もあったのでポジションを取りに行きました。気性的にまだすごく幼く、道中は物見ばかりしていました。直線入口などはタイトな位置でしたが、しっかりと良い脚を使ってくれました。まだまだ良くなりそうな雰囲気です。距離は1600m位まではもつのでは」とのコメント。また音無調教師は「スタートで焦ったのか少し躓いていましたし、道中も物見をしてフラフラし、まだまだ子供っぽい走りでしたが、ジョッキーはさすがと思わせる騎乗で、上手くポジションを取り馬の良いところを引き出してくれました。この馬もまだまだ良くなると思いますし今後が楽しみです。この後問題が無ければ年明けの1月14日(土)京都・白梅賞(芝1600m)を目標にしたいと思います」とのことだった。
◆さすがアッゼニ~happy02
ちゃんと仕事をしてくれましたhappy02
この仔も休んで成長してくれていましたねhappy02
さすが音無先生ですhappy02

★先週の長浜さん★
トウカイシュテルン…3着
◆勝ったと思ったんですがね…
抜け出すのが早かったかなぁ…

ハルクンノテソーロ…6着
◆1番人気だったんですねcoldsweats01
人気に応えられなかったのは残念ですが良いレースはしたと思いますhappy01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 16年を振り返って »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 16年を振り返って »