« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

勝てねぇ~なぁ~sweat01

ルーチェミラコロ
12月17日(土)阪神・芝1200mに武豊騎手でデビュー。初出走の馬体重は456キロ。メンコ着用。入場時から気合いを見せ、時折小脚を使いながら周回。メリハリのあるコロンとした体型で、初戦から前向きさを見せ、短いところが合いそうな雰囲気だ。他の馬にジョッキーが跨がると更に気合いが乗り、二人引きで小脚を使いながら馬場に向かった。芝コースに入りしばらく歩かせた後、他の馬が返し馬に入る前に1頭単独で駆け出し、出脚はスムーズだったがスピードに乗ると行きたがる素振りを見せつつ待機所に向かった。レースでは、少しフワッとしたスタートで後方からの競馬。ムキになることもなく後方外目を進み、3コーナー辺りから気合いを入れつつ追走。直線に入ると外目を伸びジワジワと差を詰めて8着。武騎手は「調教や返し馬の感じからはもっと行きたがるかと思っていたのですが、レースでは全くそんなところはなく、あの位置からの競馬になりました。3~4コーナーの感触は良かったですし、直線も良く伸びていました。距離はやはり1200が良さそうで、ダートも悪くないのでは」とのコメント。須貝調教師は「調教や返し馬の感じからは想定外の走りで、この馬だけ1600mの競馬をしていましたね。でも終いは良く伸びていましたし、初戦はこういう競馬で良かったのではないかと思います。この後ですが、ここまでかなり攻めてきましたし、いったん放牧を挟むかもしれません。次はダ1200mを使ってみます」とのことだった。
◆若さがモロに出たって感じですねcoldsweats01
ダートで期待しましょうcoldsweats01

キャノンプレート
12月17日(土)中京7R・3歳以上500万下・芝1600m・16頭立1枠1番に太宰啓介57.0kg・馬体重480kg(+2)で出走し、タイム1分34秒8で0.4秒差の5着。
太宰騎手「調教でも追い出すと反抗する馬なので、我慢はしたのですが…。最後はそんな感じになりました。このクラスにいる馬ではないのですが、上手くいかないですね」 
昆師「ヒヤヒヤ権利では情けないよ。調教なら上のクラスで勝ち負けの内容だからね。刺激を与えるために障害調教でも取り入れるかと考えているが…。上がりを見て検討します」
◆去勢しても癖は直らないようで…coldsweats01

ボールライトニング
12月17日(土)阪神・リゲルS(芝1600m)にアッゼニ騎手で出走。馬体重は2キロ増の506キロ。メンコ着用。気負いもなく終始落ち着いた様子でパドックを周回。時折鼻を鳴らし、ゆったりとした脚運びでパドックの外目を悠々と周回。ジョッキーが跨がってもイレ込みはなく、集中した雰囲気で馬場に向かう。芝コースに入るとすぐ自ら走る気を見せ、気負い無くスムーズに返し馬に入った。レースでは、マズマズのスタートも無理せず後方からの競馬。後方4番手からの競馬となり3コーナーヘ。徐々に外目を上がっていき4コーナを周り最後の直線へ。後方3番手から馬場の外目をジワジワと伸びてきて、坂上から前を急追するが4着まで。レース後、アッゼニ騎手は「この馬の持ち味の末脚を生かせるよう、前半は余計なことをせずじっとして馬の力を信じて乗りました。でも展開がこの馬にとってはスローだったかもしれません。最後まで良く伸びてくれました。良い馬ですね。ラブリーホースです」とのコメント。宮本調教師は「スローな流れの中、これだけ差を詰めてこられるのですから力のある馬です。坂を駆け上がる脚色は目立っていました。この馬の持ち味を生かす競馬は出来ましたが、流れが向かず結果が出せなくて残念です。ジョッキーは行こうと思えば前に行けそうな感触はあったようですが、やはりこういう競馬が合っていると思います。この後についてはまず脚元の状態を確認してからになりますが、権利を取っていくことも踏まえ、中山のニューイヤーステークス(芝1600m)、東京のバレンタインステークス(ダ1400m)の登録を考えています」とのことだった。18日、宮本調教師から「レースの後、今回も同じ箇所に疲れを見せています。獣医師に歩様を見てもらうと常歩には出ませんが速歩では少し乱れがあり、念のためレントゲン検査を行いました。骨に異常は見られず、やはり前回同様に球節と繋靱帯の疲れという診断でした。疲れと歩様の経過を見たいのでこのまま厩舎で様子を見ます」との連絡が入った。
◆やはり力はありますねnote
ただ脚元が心配sweat01

★先週の長浜さん★
サントノーレ…11着
◆この仔の力は出してるんですけどねsweat01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »