« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

馬券も愛馬も絶不調shock

グレイスフルデイズ
11月27日(日)東京・シャングリラ賞(ハンデ戦・ダ1600m)に荻野琢真騎手で出走。馬体重は10キロ増の496キロ。メンコを着用して落ち着いた様子でパドックに登場。体をフックラと見せ、歩様に硬さも見られず状態は良さそう。騎手が跨がってからも、大きく気配が変わることはなく、程好い気合い乗りで馬場へ向かった。入れ込むことなくダートコースへ入ると、スムーズに駆け出して行った。レースでは、マズマズのスタートも控えて後方からの競馬。後方3番手のインで3~4コーナーを周り直線へ向かうと、インをジワジワと伸びてくるが12着まで。レース後、荻野騎手は「具合は良く、インをロスなく進めたのですが…」とのコメント。また西園調教師は「できれば内枠が欲しかったのですが、外枠から直ぐに内に入れて上手く乗ってくれましたが、12着がやっとでした。今回はかなり良い状態で使えただけに残念です」との話があり今後について協議することになった。
◆抹消かな…

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »