« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

勝てないね~crying

ハラペーニョペパー
7月24日(日)中京・香嵐渓特別(ダ1400m)に武豊騎手で出走。馬体重は8キロ増の506キロ。二人引き。メンコ着用。パドック入場時から気合いを見せ、時折小脚を使いながら周回。馬体が増えても緩い感じはなく体にはハリがあり具合は良さそう。先入れで馬場入りし、ダートコースに入ってすぐ促されるとスムーズに駆け出していった。レースでは、揃ったスタートを切り、大外枠からダッシュ良く前へ。先頭を窺うも内の馬が譲らず2番手に控える形。そのままの態勢で3~4コーナーを回り、直線で追い付けるかに見えたが、追われてから伸びを欠き、後続にも交わされてしまい4着。武豊騎手は「内の馬が譲らず控えましたが、2番手の位置だと力みが見られました。内と外が逆ですんなりハナに立てていたら違っていたかもしれません。影響があったかは何とも言えませんが右前を落鉄していました」とのコメント。調教助手は「今日は外枠の分厳しかったと思います。この後は放牧を挟んで一息入れるかもしれません」とのこと。
◆勝ち馬のプレッシャーがきつかったですねcoldsweats01
ただ大きく負けることも無く良く頑張っているんですが…

スーパールミナル
7月24日(日)福島・3歳以上500万円以下(芝1200m)に丸田騎手で出走。馬体重は8キロ増の482キロ。メンコを着用して落ちついた様子でパドックに登場。転厩初戦になるが、この馬としては非常に落ち着いた様子。前肢の出に少し硬さはあるが、体に張りがあり状態は悪くなさそう。周回を重ねていくと徐々に硬さも解れてくる。パドックで騎手が跨がると、気合いが乗り馬場へ向かった。少しうるさいところを見せながら芝コースへ入るとすぐに勢いよく駆け出して行った。レースでは、マズマズのスタートから行き脚を付けて前をうかがうも、無理せず中団からの競馬。8番手で3コーナーへ入るが徐々にポジションを下げてしまい、後方5番手前後で4コーナーを周り直線へ向かうと、ジワジワと伸びてきて12着。レース後、丸田騎手は「もう少し前目で競馬をさせたかったのですが、他の馬のダッシュが速く、この馬の行き脚が付いたところで前が塞がってしまいました。前で競馬をさせた方が良いタイプなだけに、上手く先手が取れず厳しくなってしまいました。忙しくなる1200mよりも1400mの方が先手を取りやすく、競馬がしやすいかもしれません。良いところはある馬ですが、ダートよりは芝の方が良さそうです」とのコメント。また竹内調教師は「パドックでも聞いていたほどうるさくはなく、どんな競馬をしてくれるのか楽しみにしていましたが、今日は位置取りを含め中途半端になってしまい残念です。具合を見てからになりますが、暑い時期が得意なタイプには思えませんし、権利も取れませんでしたので一度放牧に出すかもしれません」とのこと。
◆やっぱり前でレースをやらないと話しになりませんねcoldsweats01
それにしても前に行けないな…

★先週の長浜さん★
トウカイミーロ…18着
◆厳しいな…

ハルクンノテソーロ…2着
◆あともうちょっと…惜しかったcoldsweats01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »