« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

面白くな~いsweat02
馬券も当たらないし、馬も走らないcrying

アースコネクター
5月29日(日)京都・與杼特別(4歳以上1000万円以下・混・ダ1800m)に幸騎手で出走。馬体重は前走より増減無しの502キロ。メンコ(レース前に外す)、浅いブリンカーを着用しパドックに登場。周回の前半は小うるさい素振りを見せていたが、周回を重ねていくと徐々に落ち着いてくる。適度に気合も入っており、メリハリのある馬体で状態は良さそう。止まれの合図の後は2人曳きになり、ジョッキーは跨らずに馬場へ。ダートコースに入る前に勢い余って芝コースに入ってしまい、ここで他馬がダートコースに入るのを宥めながら待機。全ての馬がダートコースに入った後、宥めながらダートコースに入ると、すぐに返し馬に入った。レースでは、マズマズのスタートから行き脚もつきハナへ。単騎先頭で道中は進むが、3コーナー過ぎから手が動く厳しい展開に。4コーナーの手前で外から交わされてしまい、2~4番手で最後の直線に入るが、余力が残っておらず徐々に後退してしまい15着。レース後、幸騎手は「今日は跨ってからのテンションがおかしく、ずっとテンションが高いままでした。馬場入場時もそうですが、待機所やゲート裏でもテンションが高いままでした。小倉や新潟で乗せてもらった時はそうでもなかったのですが、今日のテンションで力を発揮するのは難しいかもしれません。レースでは出脚良く前に行けましたが、終始外から被される展開で引くに引けず、ペースを落として息を入れさせることが出来ませんでした。敗因はハッキリしていますし、今日の結果がこの馬の実力ではありません」とのコメント。また、和田調教師は「パドックではいつも通りでしたが、ジョッキーを乗せてからはテンションが急におかしくなってしまいました。何が原因でスイッチが入ってしまったのは分かりませんが、スタート前までずっとテンションが高く、この状態では力を発揮することは出来ません。レースでも外から来た馬に突っつかれる展開になってしまい、道中のペースが速くなってしまいました。京都の馬場は差しも決まることが多いので、こういう展開になってしまうのも覚悟はしていたのですが…。今日は全てにおいて悪い方に出てしまって結果を出すことが出来ませんでしたが、しっかりと立て直して巻き返したいと思います。今後のことについては、今日は変なテンションで競馬をする形になってしまいましたので、1度放牧に出して気分転換をさせたいと思います」とのことだった。
◆折角の京都だったのにレース前で終わってしまってましたcrying

★先週の長浜さん★
インディーズルアー…2着
◆惜しかったsweat01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »