« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

勝てないまでもどん底は脱したかなsign02coldsweats01

ルファルシオン
5月15日(日)東京・BSイレブン賞(ハンデ戦・ダ1600m)に福永騎手で出走。馬体重は14キロ減の496キロ。チークピーシーズを着用。二人引き。落ち着いた様子でパドックに登場。14キロ減っても細い感じはなく、リラックスした様子でパドックを周回。のんびりして見えるが、時折軽く鼻を鳴らし集中した良い雰囲気。地下馬道でジョッキーが跨がってからも落ち着いた様子で馬場へ。ダートコースに入るとごく軽く小脚を使い、誘導馬の後ろをしばらく歩かせた後、促されるとスムーズなキャンターで返し馬を行った。レースでは、スタートと行き脚が一息だったが、向正面で中団まで押し上げ8~9番手の位置。インの位置で折り合い7~8番手で4コーナーを回った。直線に向き外に持ち出した時には手応え十分に見えたが、追われて切れる脚が使えず4着まで。福永騎手は「直線で外に出した時の手応えからは、これならと思いましたが、追い出してからもワンペースな脚しか使えず、伸び切れませんでした。前半も気合いを付けてようやくあの位置ですし、もう少し距離があった方が良さそうです。中山の1800mみたいな馬場は合いますし、小回りや洋芝のように切れ味を必要としないコースも良いかもしれません。ワンペースな脚ながら今日は一生懸命頑張っていたと思います」とのコメント。調教助手は「切れないだけに前半にポジションが取れる流れが良いのかもしれませんが、今日は良く頑張ってくれました。輸送で体が減りましたがイレ込んだりした訳ではなく、輸送で減る分も含めて体がスッキリとし良く動けていたと思います。この後のことはレース後の具合を見て検討することになると思います」とのこと。
◆やっぱり馬体重はコレぐらいの方が走りますねhappy01
あともうちょっとで馬券圏内だったんだけどなぁ~coldsweats01
この仔の今までで一番強いと思ったのは函館での1戦。
北海道シリーズに殴り込みますかsign02smile

★先週の長浜さん★
スズハヤトウー…11着
◆やはり芝でもダートでもある程度前につけないとこの仔の良さは出せませんねcoldsweats01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »