« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

完敗sweat02でしたがやり切った感はありますsmile

グランパルファン
3月26日(土)中京1R・3歳未勝利(牝)D1200m・16頭立5枠10番に藤岡康太54.0kg・馬体重458kg(+12)で出走し、タイム1分14秒0で0.3秒差の3着。
藤岡(康)騎手「内を見ながら良いポジションが取れましたし、4コーナーを回った時には『よしよし!』と思いましたが、追ってからもうひとつだったのは、やはり間が空いた分でしょうね」
池江師「休み明けとしてはまあまあやね。出して行く時と直線の反応がソレ。康太はもっと短くてもいいと言っていたから、本場と福島の両睨みで在厩のまま進めていきましょう」
◆良いスピードはありますが詰めが甘いですねcoldsweats01
本当は小倉のダ1000なんかが一番良いのかもしれませんが夏ですからねcoldsweats01
何とか1200は保つ仔になって欲しいsweat01

オープンユアアイズ
3月26日(土)中京・ダ1800m(牝)にバルジュー騎手で出走。馬体重は8キロ減の506キロ。メンコ(レース前に外す)を着用し、二人曳きでパドックに登場。入れ込むことなく、落ち着いた様子でパドックを周回。馬体が絞れ素軽さも感じられ、前肢の出もスムーズで状態は良さそう。他の馬たちに騎手が跨がると、少し気合いが乗り馬場へ向かった。落ち着いた様子のまま二人曳きでダートコースへ入場すると、誘導馬のところまで歩かせてから反転して、ゆったりとした返し馬に入った。レースでは、スタートでダッシュがつかなかったものの、行き脚を付けて5番手の外目で1コーナーへ。終始5番手の外目で競馬を進め3~4コーナーを周り直線へ向かうと、勝ち馬との叩きあいになるが、残り1ハロンあたりで脚色が鈍ってしまい2着。レース後、バルジュー騎手は「馬がまだまだ若く、スタートも自分から前へ行ってくれず、促してやっとあの位置でした。その分もあってか、最後の直線では勝ち馬よりも早く手応えがなくなってしまいました。道中も集中しきれていないところもありました。ただ力はある馬なので競馬を覚えてスムーズなレースができればすぐにチャンスもきそうです」とのコメント。また松田調教師は「体重が減っていましたが、しっかり食べているのでそのへんは問題なかったと思います。まだ2戦目のキャリアでダッシュがつかない可能性もあるかと思っていましたが、その通りになってしまいました。馬なりで好位が取れていれば、もっと頑張れたと思います。そのあたりは経験を積んでいけば変わってきてくれると思います。また4コーナーで早めに勝ち馬に交わされたのも少し影響したかもしれません。まだビッシリと仕上げたわけではなく、少しずつ仕上げていっている段階で、これだけの競馬ができるのですから、能力はかなりあると思います。レース後の馬の状態を確認しながら予定を考えたいと思います」とのこと。
◆今回は勝ち馬に完敗ですねcoldsweats01
ただ勝ち馬に抜かれた後も再ファイトしていましたし前走よりも進歩ですかねcoldsweats01
まあダートの仔ではありませんし徐々に慣れてくれたら…coldsweats01
そして早く勝ち上がってくれれば…coldsweats01

ナポレオンズワード
中山1R 曇 良 3歳未勝利 ダ1800
1:56.6(0.0) 2/16 56柴山雄一 486(-8)
先行争いに加わり、道中は先頭から差のない3番手を追走。4角で外から先頭に並び掛け、直線半ばでは一旦抜け出したが、内で盛り返してきた馬との競り合いに僅かに遅れて、悔しいアタマ差の2着。「一旦は抜け出したんですけどね…。最後は突き抜けるまでの余力は残っておらず、差し返されてしまいました。前半は外から競られて展開が厳しかったんですが、途中からは自分のリズムで行けました。右回りの方が走りやすいようで、コーナーもスムーズに回り、直線もしっかり伸びてくれましたが…。着差が僅かなだけに、余計に悔しいですね。勝たせられなくて、すみませんでした」(柴山雄一騎手)
◆新人くんに遠慮した訳でもあるまいに…sweat01
ここはきっちり勝って欲しかったcoldsweats01

ローレルベローチェ
3月27日(日)中京11R・高松宮記念(G1)芝1200m・18頭立7枠15番に中井裕二57.0kg・馬体重508kg(±0)で出走し、タイム1分7秒9で1.2秒差の16着。
中井騎手「速い流れになるのはわかっていましたが、行くことは最初から決めていました。それでも決して無理をさせたわけではないですし、ラップはやや速いかなという程度。4コーナーでも手応えがあったので、馬場の良い外へ進路を取ったのですが…。絶対の自信を持って乗っただけに、これだけの敗戦はショックですが、ベローチェは最後まで頑張ってますので、この先の自信に繋げたいと思います」
飯田(雄)師「スタッフもこれ以上ないくらいに頑張って仕上げましたし、自分のスタイルを貫いたうえでの結果ですから、残念ですが悔いはないです」
◆凄く良いレースはしてくれましたhappy01
ただG1初挑戦で勝てるほど甘くはないってことですわcoldsweats01
人馬ともこれが現状の実力かな…coldsweats01
やっぱり最後の直線は馬場の良い所を走るのではなく、ラチ沿いを走るのが良かっただろうし…
まあ、あのハクサンムーンにスピードで勝ったのは威張って良いんじゃないですかhappy02
まだ5歳、来年頑張りましょうhappy02

グレイスフルデイズ
3月27日(日)阪神・ダ1800mに荻野琢真騎手で出走。馬体重は4キロ減の494キロ。メンコ着用。終始落ち着いてリラックスした様子でパドックを周回。状態は安定しており、変わりなく来ている感じ。ジョッキーが跨がってもイレ込みはなく、馬場入りの時には首を上下して気合いも乗ってきた様子で、促されるとスムーズに駆け出していった。レースでは、揃ったスタートを切り、無理せず控えて中団後方を追走。3~4コーナーはインの経済コースを通り12番手前後で直線へ。直線では馬群の中からジワジワ差を詰め8着。荻野騎手は「スタートは出ていますが、今日は力みもなく控えることができスムーズに追走できました。向正面まではそうでもなかったのですが、3コーナー辺りで流れが落ち着いてしまい、この馬向きの流れになってくれませんでした。合わない展開の中でも良く伸びていますし、1800mの競馬も形になってきており、展開さえハマれば上位に食い込んでいけそうです」とのコメント。
◆1800のレースが板についてきましたねcoldsweats01
徐々に力を付けて行ってくれたらhappy01

★先週の長浜さん★
シゲルチャグチャグ…優勝shine
◆自分の型になればなかなか崩れませんからhappy02
スピード馬場だったとしてもレコード勝ちは立派でしたhappy02
ちなみに長浜さんは3連単を買っていたようで…いくら買ってたのかなsign02dollar

ポートレイト…9着
◆スタートが良過ぎましたかねcoldsweats01
いつもの末脚が不発でしたsweat01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »