« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

白星欠乏症でしたが月末ギリギリで勝ち星をあげてくれましたhappy02

アースコネクター
2月27日(土)小倉・4歳以上500万円以下(混・ダ1700m)に幸騎手で出走。馬体重は前走より6キロ減の500キロ。メンコ(レース前に外す)、浅いブリンカーを着用し、2人曳きでパドックに登場。時折小脚を使っているが特に入れ込んでいる様子はなく、気合いの乗った様子でパドックを周回。仕上がり状態も良好で、この馬の力は出せそう。パドックでジョッキーは跨らずに馬場へ。ダートコースに入ると、すぐに返し馬に入った。レースでは、好スタートから行き脚もつきハナへ。半馬身程度のリードを保ちながら道中は進み、先頭のまま4コーナーを回り最後の直線へ。追い出されると後続をスッと突き放し、そのまま危なげなく押し切って快勝。レース後、幸騎手は「前走の内容から、力がある馬だと思っていましたので、結果を出せて良かったです。スタートを出ると隣の枠から馬が来ましたが、こちらの方が出脚が速かったので、上手く1コーナーに入れました。道中は結構ガチガチやり合っていましたので、普通なら直線で止まってしまってもおかしくはないのですが、最後まで脚が衰えることはありませんでした。今日は力が違っていたと思います」とのコメント。また、調教助手は「惜しい競馬が続いていましたが、ようやく結果を出すことが出来て良かったです」とのことだった。
◆中谷くんには悪いけど…coldsweats01
やっぱり幸なら結果を出してくれますねcoldsweats01
さあ、上のクラスでもバンバン稼いでくださいよ~dollar

ボールライトニング
2月27日(土)阪神・アーリントンカップ(GⅢ・芝1600m)に福永騎手で出走。馬体重は4キロ増の510キロ。メンコを着用し落ち着いた様子でパドックに登場。少し余裕のある体つきも、フックラと見せメリハリの効いた馬体。トモの踏み込みも力強く、状態は良さそう。周回を重ねていくと少しだけ気合いも乗ってくる。騎手が跨がってからも大きく気配が変わることはなく、馬場へ向かった。芝コースへ入ると、ゆっくりと掛かることなくスムーズな返し馬に入った。1頭が競走除外となり14頭立て。レースでは、まずまずのスタートを切るもあまり行き脚がよくなく、中団からじわじわ後退して10番手前後の位置。少し促しながら中団後方を追走し、前との差を詰めつつ3~4コーナーを通過。直線入り口で少し外に持ち出し追い出されるが、弾けるほどの勢いはなく、他の馬達と一緒になだれこんでの8着。レース後、福永騎手は「できれば逃げ馬の直後くらいで競馬ができればと思っていましたが、馬が進んで行ってくれず、促してはいたのですが、あの位置につけるのがやっとでした。道中は折り合いも問題なく、悪い感じではありませんでしたが、直線で進路を探しているうちに手応えが怪しくなってしまいました。斤量も少し応えたのかもしれません。ただ調教の感じからは、もっと前半から掛かるくらいの行きっ振りなのかと思っていたので、進んでいかなかったのは意外でした。距離はマイルまでなら問題ないような気はします」とのコメント。また宮本調教師は「阪神が合わないのか前走と同じで、前半の行きっ振りが悪かったようです。ただ直線では前走よりも走れていましたので、距離の問題ではないかもしれません。ただ2勝の勝ちっ振りに比べると内容が物足りなく、原因もはっきりしません。ダートも合いそうな気はしますが、当面は芝のレースを使いつつ、適性をはっきりさせていきたいと思います」とのこと。28日、宮本調教師からは「レース後も脚元等に問題はありません。今回は馬体を絞るために調教でかなり攻めてきたこともあり、使った後にテンションが上がっている感じです。ここから強敵を相手に戦っていくためにもここで一息入れてガス抜きをしたいと思います。3月3日(木)にノーザンファームしがらきへ移動させ、2週間の短期放牧を挟んで帰厩させます」との連絡が入っている。
◆阪神が合わないのか…sign02
ただ着差ほど負けていないんですよねcoldsweats01
超早熟なんだろうか…sign02
巻き返して欲しいな…sweat01

ルファルシオン
2月28日(日)阪神・伊丹S(ダ1800m)に岩田騎手で出走。馬体重は2キロ増の518キロ。チークピーシーズを着用し、パドックでは上からメンコを着用。二人引き。落ち着いた様子でパドックに登場し、力強い歩様でリラックス出来ており具合は良さそう。他の馬にジョッキーが跨がってもイレ込みはなく、程良い気合いを見せつつ馬場へ。ダートコースに入って一息付かせた後、促されるとスムーズなキャンターで返し馬を行った。レースでは、揃ったスタートを切り無理せず5番手の外の位置。道中は6番手前後で折り合い、3~4コーナーで外の3番手まで上がっていったが、直線で追われても思うように伸びられず9着。岩田騎手は「具合は悪くなかったと思いますが、体が少し立派な感じで、直線半ばで一杯になってしまいました」とのコメント。松田調教師は「外枠で外々を回る形となり、道中で息を入れられない流れになってしまった感じです。もう少し前の位置か、どこかで内に潜り込めればもう少し楽だったかもしれません。調教でも動いていますし、痛いところも無いと思います。この後のことはレース後の具合を見て検討します」とのこと。
◆仕掛けが早かったのかsign02
確かにまだちょっと太かったかな…coldsweats01
今回はメンバー的にもチャンスだと思っていたのに…sweat01

★先週の長浜さん★
ポートレイト…2着
◆スタートがもうちょっと良かったらな~sweat01
結構使って来ているので勝って休んで欲しいですcoldsweats01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »