« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

勝ち星欠乏症になってきましたね…shock

グレイスフルデイズ
2月13日(土)京都・ダ1800mに荻野琢真騎手で出走。馬体重は増減無しの496キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。ゆったりと歩いておりのんびりとした雰囲気に見えるが、体のハリは良く歩様に力強さもあり具合はとても良さそう。ジョッキーが跨がってもイレ込みはなく、落ち着いた様子で馬場に向かう。ダートコースに入ってすぐ促されるとスムーズに駆け出していった。レースでは、マズマズのスタートも無理せず控えて中団より少し前からの競馬。6番手前後のインを通り1~2コーナーを周り向こう正面へ。徐々にインを上がって行き5番手のインで3~4コーナーを周り直線へ向かうと、早目に抜け出した前2頭からは大きく離されてしまうが、ジワジワとした伸び脚で競り合いを制して3着。レース後、荻野騎手は「ワンターンの競馬が続いていたので、最初のコーナーに入る時から馬が勝負所のつもりで行く気になっていました。道中はなだめるのに必死でしたが、内枠で前に馬も置けたので何とか我慢してくれて、縦長の展開になったこともあり自分からスムーズに動いていくことが出来ました。今日は展開が向いたことが大きいと思いますが、距離に関わらず、前半は急かさずに自分から動いていって渋太い脚を使わせるのが合っていると思います。最後も良く頑張ってくれました」とのコメント。また西園調教師は「距離が伸びましたが、よく我慢して最後まで良く頑張ってくれたと思います。権利も取れましたし、厩舎に戻ってからの具合を見て今後を考えます」とのことだった。
◆頑張ってくれますね~note
1800で頑張ってくれたのも選択肢が増えて良かったですhappy01
これで良いんです。このクラスで稼いでくれたらgood
正直勝たなくて良いと思っていますcoldsweats01
勝ったら上のクラスでは流石に厳しいcoldsweats01
だからこのクラスで稼いでくれたら良いんですhappy01

ティノ
2月14日(日)小倉3R・3歳未勝利・芝1200m・18頭立6枠11番に△鮫島克駿52.0㎏・馬体重384㎏(-10)で出走し、タイム1分9秒3で0.4秒差の5着。
坂口師「今日の一番の敗因は馬体減ですね。この馬にとっての-10kgは、かなりハンデになりますから。それとスタートは速い方ではないので、良い位置を取ろうと出して行って前が詰まったりとチグハグになってしまいました。もう少し前で進められたら、差のない競馬ができるのですけど。でも、この馬なりに良く走っています。次は小倉4週目を予定。馬体減対策として、1週間前に小倉入りさせて体調を整えて挑みたいと思います」
◆やっぱり当日輸送がネックですねcoldsweats01
しかし最低限の仕事(権利取り)はやってくれたのでホッとしていますcoldsweats01
次は万全で挑みましょうhappy01
でも天気はわからないしな~sweat01

ナポレオンズワード
東京2R 曇 稍重 3歳未勝利 ダ2100
2:16.0(2.5) 7/16 56柴山雄一 494(-2)
好スタートを切り内の馬を見ながら好位へ。道中は2、3番手を進み、4角で内から先頭に並び掛けて直線を向くと、反応良く伸び途中まで粘っていたが、後続に交わされてしまった。「いいポジションで行けたんですが、向正面で外から交わされて流れが速くなり、息の入らない厳しい展開になってしまいましたね。道中は右にモタれていて、直線ではうまく手前を替えられませんでした。左回りよりも右回りの方がいいかもしれませんね。距離も1800mぐらいが良いかもしれません」(柴山雄一騎手)
◆う~ん…勝ち負けだと思っていたのに…sweat02
中山で出直しかsign02

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »