« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

キャノンプレート
1月16日(土)中京10R・庄内川特別・4歳以上500万下・芝1400m・18頭立7枠13番に藤岡康太56.0kg・馬体重490kg(±0)で出走し、タイム1分21秒3で0.3秒差の7着。
藤岡(康)騎手「リズム良く4コーナーまでは思い描いた通りでした。調教に乗せてもらって感じてもいましたけど、直線でゴーサインを出すと段々頭を上げ突っ張るような感じになってきたので、タイミングを図って思いっきりステッキを一発入れたのですが、全く効きませんでした」
昆師「4コーナーまでは持ったままで来れているのだから、能力がない訳ではない。気の悪さだね。今日なんかは装鞍で少しでも腹に触れようなら蹴りまくりだから。それに乗り手の指示に反抗するようになってきてしまっている。身体は本当に良くなっているんだけどね。このままやってもジリ貧になるのは目に見えているし、権利を取れなかったから10節以上は使えないだろう。ならばこの間に去勢してみようと思う。効くかどうかわからないが、やるなら早めに手を打った方が可能性が高まるのは間違いないから」
◆去勢ですか…
仕方が無いですねcoldsweats01
取って変わってくれたら御の字ですcoldsweats01

ベアトリッツ
1月16日(土)京都・花見小路特別(芝1600m)に岩田騎手で出走。馬体重は前走より4キロ増の448キロ。メンコを着用しパドックに登場。終始小脚を使って小うるさいところを見せながらの周回で、周回後半は発汗が目立ち始める。馬体が増えてフックラとした体つきをしており、状態自体は悪くなさそう。ジョッキーが跨ってからも大きく様子は変わらずに馬場へ。芝コースに入ると外ラチ沿いを進み、反転すると一旦静止し、促されると軽いキャンターで駆けていった。レースでは、好スタートを切るも控えて後方からの競馬。道中は最後方を進み、最後方のまま4コーナーを回り最後の直線に入ると、馬場の外目から脚を伸ばすが前も止まらず11着。レース後、岩田騎手は「落ち着いてレースに臨めましたし、この馬の競馬が出来たと思います。終いもこの馬なりに脚を使っていますが、前が止まりませんでした。こういう脚質なので、展開の助けが必要ですね」とのコメント。また、音無調教師は「この馬の競馬は出来ていると思いますが、展開がハマらないと少し厳しいですね。具合を確認して特に問題がないようなら、引き続き次開催の京都で使 いたいと思います」とのことだった。
◆次もありそうで良かったですcoldsweats01
何とかあと1つ勝って最後は重賞で終わらせてあげたいですhappy01

★先週の長浜さん★
ポートレイト…6着
◆自分のレースは出来たと思います。
頑張ったんだけどな…もうひと踏ん張り欲しかったなcoldsweats01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »