« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

連勝ストップcrying

ウイングソルジャー
10月31日(土)東京・2歳未勝利(混・芝1600m)に田中勝春騎手で出走。馬体重は増減無しの480キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。物怖じすることなく、隊列の先頭を入れ込むこともなく、リラックスして周回。馬体に張りもあり歩様もスムーズで引き続き状態は良さそう。止まれの合図がかかると、ガラリと気配が変わり、嘶きながらも気合いを面に出し二人曳きになり馬場へ向かった。気合いを面に出しつつ芝コースへ入ってくると、しばらく歩かせた後スムーズに返し馬に入ると、少し持っていかれ気味になるが、1コーナーでは折り合いもつき問題なさそう。レースでは、マズマズのスタートを切り、先行争いに加わり2番手からの競馬。外の馬を行かせて、逃げ馬の直後の4番手インで3~4コーナーを周り直線へ。直線での伸びがいまひとつに見えたが、坂上からグイグイと脚を伸ばして3着。レース後、田中勝春騎手は「まだ馬が子供で集中して走れていません。同中も内ラチ沿いをずっと物見をしていました。直線に入って、追い出してからの反応がいまひとつで1、2着馬に先に抜け出されてしまいましたが、横の馬が伸びてくると、それに反応して伸びてくれました。力はあるので、すぐにチャンスはくると思います」とのこと。
◆やっぱり距離が足らないでしょうcoldsweats01

ベアトリッツ
11月1日(日)京都・芝1600mに秋山騎手で出走。馬体重は6キロ増の446キロ。パドックに入ると小脚を使い始め、いつものように終始軽く小脚を使いながらの周回。他の馬にジョッキーが跨がってからもほぼ同じ雰囲気で、チャカチャカしながら馬場へ。芝コースに入ってすぐ促されるとごく軽いキャンターでスムーズに駆け出していった。レースでは、まずまずのスタートを切り、多少促しつつ無理なく中団インの位置。10頭立ての少頭数で道中は6~7番手を進み、直線で追い出されるとジワジワ伸びたが、他の馬もほぼ同じ脚色でなだれ込み7着。秋山騎手は「折り合いに苦労するが最後は弾ける馬というイメージだったのですが、今日は仕掛けてようやくあの位置でしたし、かかることもなく折り合っていました。その割に追ってからの反応が無く、思うように伸びてくれませんでした」とのコメント。調教助手は「前走の内容から、促してでもある程度の位置でという指示を出していました。悪くない位置でしたし、今までのこの馬なら弾けていてもおかしくないと思うのですが・・・。この後のことについては厩舎に戻ってからの様子を見て検討することになると思います」とのこと。
◆数字だけ見るとソコソコ走っているのですが…
このメンバーであの展開なら勝たなければいけないレースでしたsweat02

★先週の長浜さん★
キャメロンロード…3着
◆さすが丸田くんnote

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »