« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

いや~ルメールとミルコで勝ち星が無いとは…sweat01

グランパルファン
11月28日(土)京都2R・2歳未勝利・D1200m・13頭立6枠8番にC.ルメール54.0kg・馬体重446kg(-4)で出走し、タイム1分13秒4で0.9秒差の6着。
ルメール騎手「スタートは五分に出ましたが、二の脚が付かずにあの位置取りに。でも悪くはないポジションでしたし、砂を被っても問題なかったですが、直線は他の馬と同じ脚色になってしまいましたね。少し瞬発力が足りない感じです」
川合助手「内容は悪くはないですけれど、惜しい競馬が続きますね。精神的に安定している馬で、使って来ながらもテンションが上がったり、飼い葉が落ちたりしません。先生は距離を考えてもっと前目の位置で積極的に乗って欲しかったと言っていました」
◆上がり目が無い状態で使ったらこんなもんでしょうcoldsweats01
勝つのはそんなに甘くないsweat02
一度リセットして小倉でひっそりと勝ち上がってくれたら良いかなcoldsweats01
この仔は別に桜花賞でもないですからcoldsweats01

ウイングソルジャー
11月29日(日)東京・2歳未勝利(芝1600m)にM.デムーロ騎手で出走。馬体重は前走より2キロ減の478キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。少し周囲を気にするところは見られるが、入れ込むこともなく落ち着いた様子でパドックを周回。仕上がり具合も悪くなく、この馬の力は出せそう。パドックで騎手が跨ると、少しピリッとしたところを見せて馬場へ向かった。芝コースに入り促されると、スムーズに返し馬に入った。レースでは、好スタートからハナに立つも、内から上がってきた馬を先に行かせ、2番手からの競馬。道中は逃げ馬をマークする形でレースを進め、逃げ馬に並びかけるような形で4コーナーを回り最後の直線へ。直線に入ると楽な感じで先頭に立ち、残り300m過ぎから追い出してそのまま押し切ろうとするが、最後は後続の馬達に交わされてしまい3着。レース後、デムーロ騎手は「良いスタートが切れ、良い感じで競馬が出来たと思います。ただ、馬がまだ子供で、レース中に鳴いたりしていましたので、もう少し気性面での成長が欲しいですね。距離はもう少しあった方が良さそうですし、今日は良い経験になったのではないでしょうか」とのコメント。また、宗像調教師は「レース前は特に指示は出していませんでしたが、スタートが良かったのでそのまま前で競馬をしたようですね。道中は掛かることもありませんでしたし、手応え良く直線に入れましたので、いけるかなと思ったのですが、残念です。結果は残念でしたが、この馬自身少しずつしっかりしてきました。今日のレース振りを見ると距離はもう少しあった方が良さそうですし、前回や今回と同様に前にいけるなら中山は合いそうな感じなので、レース後も特に問題がないようなら、次走は中山の芝1800m辺りを検討したいと思います」とのことだった。
◆勝って欲しかったですが…
やはりレース振りを見ると距離があった方が良いですし次に期待ですかねcoldsweats01

★先週の長浜さん★
キャメロンロード…10着
◆この仔なりには脚を使っているんですがね…coldsweats01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »