« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

3歳勢は力が足りませんでしたsweat02

レースノワエ
9月5日(土)札幌3R・3歳未勝利・D1000m・12頭立7枠9番に荻野琢真56.0kg・馬体重476kg(-2)で出走し、タイム1分0秒0で0.6秒差の6着。
荻野(琢)騎手「もうちょっとで掲示板で、次の権利が取れそうだったのですが…。ひと息で走るこの距離が合っていると思いますし、ブリンカーも上手く効いていて、ずっと集中して走れていました。ただスタートダッシュは周りが速いので行き切る事は出来ませんでしたね。なるべく前目に付けたかったので、仕掛けてポジョションを取りに行きましたが、狭いところに入って行く時に勝ち馬に寄られてしまいました。もうちょっと早めに判断して、スムーズに運んだ方が良かったかも知れません」
◆初めてちゃんとレースをした感じですねcoldsweats01
…遅いよsweat01
掲示板は惜しかったsweat01

グリーンザナドゥ
9月5日(土)新潟・3歳未勝利(混・ダ1200m)に吉田隼人騎手で出走。馬体重は4キロ増の450キロ。メンコを着用し落ち着いた様子でパドックに登場。プラス体重も太目感はなく、キッチリと仕上がった感じ。前肢の出が硬めもいつものこと。気合い乗りが今ひとつも、他の馬たちに騎手が跨がると、少し気合いも乗り馬場へ向かった。気合いを面に出しつつダートコースへ入ると、しばらく歩かせた後、元気良く駆け出して行った。レースでは、出が今ひとつで後方からの競馬。中団よりやや後方を促しつつ向こう正面を進むが、3コーナーの手前から徐々に遅れ始めてしまう。最後方で4コーナーを回り最後の直線に入るが、伸びきれず15着。レース後、吉田騎手は「スタートから最後まで体を捩り気味に走っていました。道中はそれでもついていけたのですが、直線は離される一方になってしまい…」とのコメント。また、武藤調教師の話しでは「スタート後も付いていけていましたので、1200mでも競馬になると思っていたのですが、騎手の話にもあったようにバランス良く走れていなかったのは、下が硬い馬場を気にしていたのかもしれません」とのことだった。武藤調教師から「このレースでタイムオーバーとなり1ヶ月間の出走停止処分を受けておりますので、限定未勝利戦も使うことが出来ません。ここまでのレース内容を見ますと今後の展望は持ちにくいと思われ、残念ではございますがここで引退させることにしたいと思います」との話があり、師とも協議を進めた結果、引退させることになった。なお同馬は平成27年9月9日に中央競馬の馬名登録を抹消する予定。
◆完全に力が足りませんでしたねsweat02

ラームリュンヌ
9月5日(土)小倉5R・3歳未勝利(牝)芝1200m・18頭立1枠2番に秋山真一郎54.0kg・馬体重474kg(±0)で出走し、タイム1分9秒3で0.7秒差の11着。
秋山騎手「良いポジションで進められて、今日は手前も替えてくれました。芝も思った以上に走れましたが…。内が荒れて外が伸びやすい馬場ではあるけれど、手応えがあるのに追ってもそのままですものね。めっちゃ可愛くて、普段から色々手を掛けてきたのですが、残念です」
飯田(祐)師「スムーズな競馬で、懸念していたゲートや手前も替えてくれたのに…。手応え良さそうなのにあの位置から直線で伸びないとは…。うーん、ちょっとなぜだか分かりません」
◆芝がどうのこうのより…力が足らないんでしょうsweat01

セフィーロ
9月5日(土)新潟・燕特別(3歳以上500万円以下・混・芝2200m)に西田騎手で出走。馬体重は2キロ減の460キロ。落ち着いた様子でパドックを周回していたが、周回を重ねていくと少しずつうるさいところを見せ始め、気合いが乗ってくる。他の馬たちに騎手が跨がると、さらに気合いが乗り馬場へ向かった。気合いを面に出しつつ芝コースへ入ると、しばらく歩かせてからゆっくりと抑え気味の返し馬に入った。レースでは、マズマズのスタートを切るも、行き脚が今ひとつで後方からの競馬。16~17番手で1~2コーナーを通過して向こう正面に入ると、後方のまま道中は進み、3コーナーの手前から徐々に外目を上がっていく。13~14番手で3~4コーナーを回り最後の直線に入ると、ジワジワと脚を伸ばすが9着。レース後、西田騎手は「スタート後、行ければ行きたかったのですが、左のハミを強く咬み気味で、そのまま追うと内にかなり刺さりそうでしたし折り合いを欠くのも嫌でしたので、前半は無理をさせませんでした。折り合いもついて直線内にモタれ加減になりつつも伸びてくれましたが、前も止まってくれませんでした。結果論になってしまいますが、3コーナーから自分で早めに動いても良かったかもしれません」とのコメント。また、黒岩調教師は「競馬の内容としては悪くなかったかもしれませんが、もう少し積極的な競馬をしても良かったのかもしれません。2回使えましたので、レース後いったん放牧を挟み、秋の新潟、福島辺りでの出走を考えたいと思います」とのことだった。
◆いつか爆発してくれると思っているのですが…coldsweats01

ファインスカイ
9月5日(土)札幌10R・札幌スポニチ賞・3歳以上1000万下(H)芝1200m・16頭立7枠13番に古川吉洋52.0kg・馬体重482kg(+2)で出走し、タイム1分10秒5で1.1秒差の11着。
古川騎手「体調も良かったし、前走54キロで4着でしたから、今回52キロなら何処まで前に行けるかと、色気を持っていました。外枠からでしたから内から3本目は致し方なかったのですが、3コーナー過ぎに前の馬が下がって来たので、4本目に出さざるを得なかったロスはありました。それに4コーナー前に挟まれてしまい、追わせて貰えなかったのもありました。乗り味がとても良くもっと上のクラスに行ける馬だと思うのですが、何かのスイッチを入れてあげたいと思っていて、それを探しているのですがなかなか見つかっていません。やっぱりダートの方がいいのかなぁ…」
角田師「今回の結果を見ると、函館の競馬では洋芝で走っていたからある程度格好がついたのかなと思いますね。今後はやはりダートを中心に使って行きましょう」
◆やっぱりダートでしょうcoldsweats01

アースコネクター
9月6日(日)新潟・両津湾特別(3歳以上500万円以下・混・ダ1800m)に戸崎騎手で出走。馬体重は2キロ増の502キロ。メンコを着用し落ち着いた様子でパドックに登場も、周回を重ねていくにつれ気合いが乗ってうるさい面を見せ始める。馬体の張りも良く引き続き状態は良さそう。止まれの合図の後、隊列のいちばん後ろへまわり馬場へ向かった。いちばん最後に馬場へ姿を見せたが、少し馬場入りを嫌がる仕草を見せたがダートコースへ入ると同時に勢い良く駆け出していった。レースでは、大きく躓くスタートとなるが、行き脚が付くと掛かり気味に上がって行き中団外目で1~2コーナーへ。かなり外を周り5~6番手で向こう正面へ入り5番手で3コーナーへ。徐々に上がって行き先頭に並ぶような形で4コーナーを周り直線へ向かうが、直線中程で手応えが怪しくなってしまい5着。レース後、戸崎騎手は「今日はスタートがすべてでした。大きく躓いた後にペースが遅くなってしまい、掛かったまま大きく外を回る形になってしまいました。力は上だと思うので、スムーズな競馬ができず残念です」とのコメント。また和田調教師は「肘が着きそうなスタートとなり落馬寸前でしたが、よくもちこたえてくれました。今日はスタートがすべてだと思いますが、掛かって大外を大きくまわったのに掲示板に載れたのはこの馬の能力の高さだと思います。放牧を挟むかもしれませんが、レース後の具合を見て判断したいと思います」とのこと。
◆スタートで諦めましたcrying
段々レース前がうるさくなって来てますねcoldsweats01
それが直ればこのクラスにいる仔じゃないんですが…sweat01

★先週の長浜さん★
トウシンシロフジ…18着
◆レースに参加出来ませんでしたsweat02

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »