« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

暑い暑いsweat01

ローレルトレゾール
8月1日(土)小倉2R・3歳未勝利・D1700m・16頭立1枠2番に川須栄彦56.0kg・馬体重498kg(±0)で出走し、タイム1分47秒6で1.7秒差の6着。
川須騎手「気が若く集中力に欠けますね。競馬そのものが分かっていないから、ハミを上手く取れないですし、手前を替えられない。大トビでフォーム自体は綺麗なので、トモに力が付いて身体を使った走りが出来れば良いのですが。何となく走って来た感じで、走り切っていないです」
中竹師「競馬の内容は良くなったけど、5着が欲しかったですね。権利を取ったら小倉に残しておこうと思って準備はしてきたのですが、権利がないと使えても小倉の最後あたりになってしまうので、一度栗東に戻すことにします」
◆まだ不安定ですがようやくレースによってくれましたねcoldsweats01
タイムオーバーになるかsign02本格化するかsign02
どうなりますかsign02

アランチャ
8月1日(土)新潟・2歳新馬(芝1400m)に西田騎手で出走。初出走の馬体重は476キロ。メンコを着用し落ち着いた様子でパドックに登場。他の馬たちがうるさくする中、終始落ち着いた様子で周回。歩様もスムーズで具合も良く力を発揮できそうな状態。騎手が跨がってからも雰囲気は変わらず、落ち着いた様子のまま馬場へ向かった。芝コースへ入ると、他の馬たちと一緒にしばらく行進してから、ゆっくりと返し馬に入った。レースでは、スタートで行き脚が付かず後方からの競馬。鞭が入ると集団の後方に取り付き、後方3番手インからの競馬。後方4番手のインを通り3~4コーナーを周り直線へ向かうと、ジワジワと前との差を詰めるが9着まで。レース後、西田騎手は「スタートでまわりの馬たちが一気に出てくると、馬が怯んでハミを取ってくれませんでした。気合いを付けてからはハミを取ってくれて、最後まで伸びていました。今日の感じならマイルでも問題なさそうです。今日は初めての競馬でしたので、次は変わってきてくれると思います」とのコメント。また武藤調教師は「美浦からの輸送も、体を減らすことなく無事にこなしてくれました。ただ落ち着きすぎていて、スタートで戸惑ってしまったようです。途中からは競馬に参加できていましたし、次は変わってきてくれると思います。レース後の具合を見てからにはなりますが、引き続き使いたいと思っています」とのこと。
◆新馬だからね…coldsweats01
次は頑張ってねcoldsweats01

ティノ
8月2日(日)小倉1R・2歳未勝利・芝1200m・8頭立1枠1番に▲鮫島克駿51.0kg・馬体重388kg(+6)で出走し、タイム1分10秒0で0.5秒差の3着。
鮫島(駿)騎手「スタートで寄られフラフラしてしまって位置取りを悪くしてしまいましたが、良いスピードを持っていて直線は手応えが良かったので、一瞬勝てるかもと思ったくらいでした。開幕週という馬場状態も条件的に合っていたと思います」
坂口師「小さいながらもパドックでの歩様はトモの踏み込みが力強く、走れる雰囲気が出ていました。あとはスタートと、距離ももう少しあった方が良さそうですね」
◆行けると思いましたが…
鞍上の差と言えばそれまでですがそれも込みのアンちゃん起用ですからcoldsweats01
次は楽しみですねhappy01

★先週の長浜さん★
サントノーレ…4着
◆良いペースで行ったと思ったんだけどな…coldsweats01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »