« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

今週も勝てませんでしたが愛馬馬券はなかなか好調ですnotehappy02

ローレルベルカント
4月11日(土)中山2R・3歳未勝利・D1800m・12頭立7枠9番に藤岡康太56.0kg・馬体重442kg(-2)で出走し、タイム1分54秒9で1.7秒差の10着。
藤岡(康)騎手「指示があったように控えて行ったのですが、あの位置からだと今日のような馬場ではかなりスピードが要求されてしまいますから厳しかったですね。乗っていても、溜めて行けばラストで伸びて来るような感じには思えなかったので、これまでのようにスタートの良さを活かして、好位の揉まれないポジションからの競馬が合いますよ。まわりを気にするならチークなんてどうですか」
高野師「完全に作戦失敗です。馬場状態をもっと考慮できれば良かったと反省しています。それに全く走っていないのに、クッションの薄い馬場を走ったのが影響してか、トレセンに戻ったらソエが出てしまいました。馬も気にしているようですので、近日中に放牧に出すことになると思います」
◆完全に遠征失敗でしたねsweat01
このことが後々響かなければ良いのですが…

アースライジング
4月11日(土)中山・3歳未勝利(混・ダ1800m)に3キロ減の石川騎手で出走。馬体重は前走より2キロ増の514キロ。メンコを着用し2人曳きでパドックに登場。少し落ち着き過ぎている感じで、もう少し気合い乗りが欲しいところ。止まれの合図のあとジョッキーが跨がると、若干ピリッとした様子を見せて馬場に向かった。ダートコースに入ると、落ち着いた様子のまま内ラチ沿いを進み、促されるとスムーズに駆け出していった。レースでは、好スタートから行く気を見せ先頭争いに加わるも、無理せず2番手の外目で1コーナーヘ。終始先頭をマークするように2番手で、向こう正面、3~4コーナーと通過し直線へ。逃げた勝ち馬には徐々に離されてしまったものの、後続が迫ってくるも、良く粘ってり交わされることなく2着。レース後、石川騎手は「スタートも出てくれましたし、少しハミを噛むところがありましたが許容の範囲内でした。ただ、あそこまでやる気を出してくれるのであれば、結果的にはハナに立っても良かったかもしれません。良い意味でフワフワするところがありますし、最後の直線でも手前を替えてもう一踏ん張りしてくれました。今日は勝った馬が一枚上手でしたが、この馬自身良く頑張ってくれたと思いますし、砂を被らない位置でスムーズに競馬が出来たことも良かったんだと思います」とのコメント。また、和田調教師は「初戦は全く競馬をしていませんでしたので、まともに走れればこれぐらいは走れると思っていました。前半であれだけ行く気を見せたのはビックリしましたが、最後まで良く走ってくれました。レース後の具合に問題がなければ、5月9日(土)東京・3歳未勝利(混・ダ2100m)に向かいたいと思います」とのことだった。
◆石川くん、なかなかやってくれましたねnote
今回の馬場も味方してくれたと思いますhappy01
今回は勝ち馬が強かったですが次こそは勝ち上がりたいですねhappy01

レースノワエ
4月12日(日)福島2R・3歳未勝利・芝1200m・16頭立8枠15番に川須栄彦56.0kgで出走を予定していましたが、左肩ハ行のため出走取消となりました。
大和田師「左前の蹄鉄を落鉄して釘を踏んでしまい、出血しましたので取り消します。申し訳ありません。幸い大事には至っていないので、次は新潟あたりで使えたらと考えています」
◆この仔は運が無いのかチグハグですsweat01

ハラペーニョペパー
4月12日(日)福島2R・芝1200mに☆小崎騎手で出走。1頭が出走を取り消し15頭立て。馬体重は4キロ減の478キロ。少し神経質そうな雰囲気も、終始落ち着いた様子でパドックを周回。輸送後でもイレ込みは無く馬体をキープ。脚長の体型でのびのびした歩様で歩けており、具合自体は良さそう。他の馬にジョッキーが跨がると気合いを見せつつ馬場へ。芝コースに入ると行きたがる馬をいったんなだめて、他の馬と一緒にゴール板付近まで行進し、促されるとスムーズに返し馬を行った。レースでは、揃ったスタートから行き脚良く先団へ。3頭横並びとなった2番手外の位置を無理なく進み、3~4コーナー中間でスッと動いて上がっていくかに見えたが、直線入り口で脚色が鈍って後退し12着。小崎騎手は「福島の1200mですし、スッと前に行けて良い位置が取れたと思ったのですが、道中も楽に行けたにも関わらず、最後は脚色が一杯になってしまいました。3~4コーナーでも反応はあったのですがそこからが案外でした。調教の感触も良かったし期待していただけに残念です」とのコメント。加用調教師は「前回より距離を短縮してみましたが、今回も最後の脚が無くなってしまいました。牧場でもかなり乗り込まれてきましたし、帰厩後の動きは良かっただけに残念です。距離は短い方が良いと思うので、少し節を開けて番組を検討することになると思います。次はダートを試してみます」とのこと。
◆この仔はダートの短距離だと思いますよcoldsweats01

グリーンアモーレ
4月12日(日)福島・3歳未勝利(混・芝1200m)に西田騎手でデビュー。初出走の馬体重は384キロ。メンコ着用。初出走だが物見も少なく落ち着いた様子でパドックを周回。小柄でまだ非力な印象も、体に締まりはあり仕上がりは悪くない感じ。ジョッキーが跨がってもイレ込むことはなく、馬場入りしてしばらく行進した後、促されるとスムーズに駆け出していった。レースでは、スタートで立ち遅れ大きく離された最後方の位置。直線で追われるとまずまずの伸び脚を見せたが、前の馬を交わすことは出来ず16着。勝ち馬から3.5秒差の入線でタイムオーバーとなってしまい1ヶ月間の出走停止処分を受けている。西田騎手は「初めての競馬で、ゲートの扉にびっくりして大きく出遅れてしまいました。1頭だけになってしまい、ハミを取ってくれませんでしたが、周りに馬がいたら反応は違っていたと思います。前との位置が離れすぎていてさすがに届きませんでしたが、最後はこの馬なりに良く伸びていました。スタートのタイミングが合えばもっと頑張れそうですが・・・」とのコメント。小笠調教師は「出遅れたこともありますが、今日はまわってくるだけになってしまいました。体がない馬なので、輸送で減ったことも影響したと思います。タイムオーバーになってしまいましたので、馬体をチェックした後、放牧に出すことになると思います」とのこと。
◆厳しいな…

グレイスフルデイズ
4月12日(日)福島・ダ1150mに石橋脩騎手で出走。馬体重は増減無しの484キロ。大変落ち着いた様子でパドックを周回。気合いを表に出さないものの、歩様に力があり、パドックの外目をしっかりとした脚取りで歩いており具合は非常に良さそう。ジョッキーが跨がってもそのままの雰囲気で馬場に向かう。ダートコースに入ってすぐ促されるとスムーズに駆け出していった。レースでは、まずまずのスタートを切り、行く気を見せた馬達を行かせつつ無理せず10番手前後の位置。3コーナーから気合いを付け、徐々に上がっていって6~7番手で直線へ。直線で追われると良く伸びて3着。石橋騎手は「もう少し前に行けるかと思っていたのですが、テンに行けずあの位置から。3コーナー辺りで自分から動いていけましたし、最後まで良く伸びていて、この位の距離は良さそうですね」とのコメント。西園調教師は「やはりダートは安定していますし、今日も良く頑張っていました。権利もありますし状態に問題がなければ続けて使いたいと思います。再度福島というのは中1週でキツいかもしれませんので、新潟のほうが良いかもしれません。栗東に戻ってからの具合を見て検討します」とのことだった。
◆やはりダートでは安定していますhappy01
バンバン頑張って行きましょうhappy01

★先週の長浜さん★
サントノーレ…10着
◆直線までは良い感じで進められるのですが…

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »