« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

先週で今期100戦を達成しました。
そして9勝目。
こうなったら節目の10勝は是非とも達成したいですね。

ラームリュンヌ
11月29日(土)京都1R・2歳未勝利(牝)D1400m・16頭立5枠9番に秋山真一郎54.0kg・馬体重478kg(±0)で出走し、タイム1分26秒8で1.8秒差の9着。
秋山騎手「不良馬場で流れが速く、ポジションをキープするのが精一杯。あの位置からでもひと息入れられて、もう一段ギアが入ればいいのですけどね。こういう馬場も良くないですが、今日は追走一杯でした」
飯田(祐)師「前回はメンバーに恵まれていたのは確かですが、時計の速い馬場は合わないのかな。全く余裕がなかったですものね。ゲートも中での姿勢が悪いから、バランスの悪いスタート。致命的ではありませんが、ロスにはなっています。昨日の練習では上手だったのに…。これで3戦しましたので放牧します。リフレッシュさせて来春までには結果を出したいと思います」
◆馬場も合いませんでしたが相手も強かった…
リフレッシュして立て直して欲しいですね。

ベアトリッツ
11月30日(日)京都・芝1600mに△松若風馬騎手で出走。馬体重は増減無しの436キロ。絶えず小脚を使い、いつも同様のテンションの高さ。短期放牧を挟んでも馬体を維持して状態はとても良さそう。レースでは、揃ったスタートから控えて中団後方の位置。後方4番手の外に付け、道中で馬群の中に入れてなだめつつそのままの位置を追走。直線で外目に出して追い出されると1頭だけ違う脚色で伸びて先行集団を捉え、ゴール前は4頭横並びの追い比べとなり、首の上げ下げでハナ差抑えて見事優勝。勝ち時計1分34秒8。上がりの3ハロン33秒7。松若騎手は「京都の1600mなら確実に末が伸びる馬なので、馬の力を信じてじっくりと後ろで折り合いに専念しました。道中もスムーズでしたし、直線では良い脚を使ってくれて上手くハマったと思います。結果を出せて良かったです」とのコメント。音無調教師は「やはり京都の馬場は合いますね。自分の競馬に専念して最後ですごい脚を使ってくれました。この後のことはレース後の状態を見て考えます」とのこと。
◆得意の京都で斤量53kgなら確勝と思っていましたが…
ギリギリ勝ってくれました。
今回、松若くんの作戦だったのならこの子相当な器かもしれません。
松若くん注目です!

★先週の長浜さん★
ゼロワンシンジロー…10着
◆馬場がな…

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »