« 週刊愛馬情報 | トップページ | 14年を振り返って »

先週の結果

10勝目は届きませんでしたsweat01

ルファルシオン
12月27日(土)中山・グレイトフルS(芝2200m)に横山典弘騎手で出走。馬体重は8キロ増の512キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。パドックではチークピーシーズの上から面子を着用。特にうるさい面は見られないが、途中から二人引きとなり、パドックの外目を気分良さそうに周回。馬体増も太くは見せず、全体的にしっかりして迫力が増した印象。ジョッキーが跨がってからも入れ込みはなく、気合いを見せつつ馬場へ。小脚を使って馬場に入り、行きたがる馬をなだめてゴール板まで歩かせ、促されると小気味よいフットワークで駆け出していった。レースでは、マズマズのスタートから無理せず先行争いに加わり4番手のインで1コーナーへ入ると、コーナーワークで3番手へ上がり2コーナーを周り向こう正面へ。ペースが上がり4~5番手のインで3~4コーナーを周り直線へ向かうが、ジワジワとしか伸びることができず後続に交わされてしまい9着。レース後、横山騎手は「先行力もあり、道中もスムーズで手応え十分に直線に向かいましたが、切れる脚がなく伸びることが出来ませんでした。現状ではこのクラスの芝レースでは、スピードと決め手の点で物足りない感じでした。特にこういう硬くて速い馬場では厳しいですね。上がダートで成績を残していますし、目先を変えてみるのも良いかもしれません」とのコメント。また松田調教師は「絶好の手応えで4コーナーを回ってきましたが、直線で伸びられませんでした。今回の競馬を見ると現状でこのクラスを使うなら条件を変えてみた方が良いかもしれません。ダートのレースも検討してみます。栗東に戻ってきたらいったん放牧に出し具合いを見て今後を考えます」とのことで、宇治田原優駿ステーブルに移動予定。
◆手厳しいですね…sweat02
現状このクラスでは力不足のようですcrying
ダートを試すのは良いかも知れませんが行く行くはやはり芝で頑張って欲しいhappy01
来年力を蓄えましょうhappy01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 14年を振り返って »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 14年を振り返って »