« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

6頭出走で掲示板確保が1頭shock
トホホな週末でしたsweat01

ピアレスピンク
12月13日(土)阪神3R・2歳未勝利(牝)芝1600m・14頭立3枠3番に和田竜二54.0kg・馬体重488kg(+2)で出走し、タイム1分36秒9で0.9秒差の5着。
和田騎手「返し馬からおかしなテンションで、外ラチへ跳んで行くし他の馬に近寄ろうとしなかった。道中も内に入ったらハミを取らないし、外へ出せば左に張る感じ。伸びそうな手応えはあったんだけどね。まだ競馬慣れが必要みたい」
◆チグハグですねcoldsweats01
まあそんな中で掲示板を確保出来るんだから力はある証拠。
山内厩舎なんで年内もう1走あるでしょうsmile

ハラペーニョペパー
12月13日(土)阪神・芝1600m(牝)に藤岡佑介騎手で出走。馬体重は4キロ増の482キロ。メンコを着用し、小脚を使いながらパドックに登場。終始小脚を使っての周回で、もう少し落ち着きが欲しいところ。休み明けでのプラス体重も太くは見えず、仕上がり状態は悪くなさそう。止まれの合図のあと、ジョッキーは跨がらずに馬場へ。芝コースに入ると、すぐに返し馬に入った。レースでは、揃ったスタートを切り行きっぷり良くハナに立ち、1馬身から1馬身半ほどのリードを取って3コーナーへ。3~4コーナーで後続が外から並びかけてくるもコーナーワークもいかしつつ先頭のまま直線へ。粘り込みをはかろうとしたが最後は脚色が一杯となって後続に交わされ12着。レース後、藤岡騎手は「道中は無理に引っ張ることはせず、馬の行く気に任せてレースを進めました。良い形で進めることが出来たと思いますが、直線では思った程頑張ることが出来ませんでした。気が悪い感じではなくて逆に気が良すぎるところがあり、スタートから真っ直ぐに走れていたのが、走るのに飽きたのか4コーナー辺りからモタれるところもありましたので、距離を短くした方が集中力も持続して良いかもしれません」とのコメント。また、加用調教師は「良い形でレースを進めることが出来ていたと思うのですが、直線では思った程粘ることが出来ませんでした。今日のレース内容を見る限り、距離は短くした方が良さそうです。このあとは権利がないので1度グリーンウッドTに放牧に出し、節を見て戻す時期を検討したいと思います」とのことだった。
12月13日・阪神・芝1600m(牝)に出走し12着。14日、加用調教師から「今朝になって歩様に気になるところがあったので検査を受けたところ、右前にソエが出ていました。予定していたようにグリーンウッドTに放牧に出し、脚元の経過を見てもらうことにします」との連絡が入った。
◆良いスピードはあるようですね。
しかし…やっぱりダート馬でしょうsmile

アースコネクター
12月13日(土)中京・浜松特別(ハンデ・ダ1800m)に松田騎手で出走。馬体重は4キロ減の488キロ。メンコを着用し少し緊張気味にパドックへ登場。スタンド側を通る時は顔を背けるように内側を向きながらの周回。体に張りはあるものの、もう少しフックラしても良い体つき。少しうるさいくらい元気はあり、状態自体は悪くなさそう。騎手が跨ってからも、大きく気配が変わることはなく、少し気合いが乗り馬場へ向かった。小脚を使いながらダートコースへ入ると、直ぐに抑え気味の返し馬に入った。レースでは、まずまずのスタートを切り、外の馬を行かせて3~4番手で1コーナーへ。道中は3番手で折り合いスムーズに追走も、4コーナーあたりでムチが入り、直線半ばで脚色が一杯となってしまい12着。レース後、松田騎手は「良い感じで行けていたと思いますが、久々のせいか直線で一杯になってしまい伸びられませんでした」とのコメント。また、和田調教師は「久々の分粘れませんでしたが、ここを使って変わってきてくれると思います。レース後の具合を見て今後の予定を検討したいと思います」とのこと。
◆いつ復活するのかな…
2歳時の輝きは…sweat01

レースノワエ
12月14日(日)中山1R・2歳未勝利・D1200m・16頭立5枠9番に三浦皇成55.0kg・馬体重464kg(-6)で出走し、タイム1分14秒1で1.2秒差の8着。
三浦騎手「道中は良い感じで行けてたから楽しみに乗っていましたが、追って踏ん張れなかったですね。返し馬では行く気を見せていたのに競馬になると突っつきながらでしたから、もう少し距離が有る方が良いのかな。それと芝スタートで芝の部分での走りが軽かったから、芝を試しても良いかも知れません」
大和田師「途中までは良かったですけどね。次については芝も含めて検討しますが、何れにしても節は空けないとですね」
◆前走も今回も気分良く行かせ過ぎですね。
ちょっと前に行く癖が付いちゃったかな…
直線一気が見たかったcrying

ローレルベルカント
12月14日(日)中京1R・2歳未勝利・D1800m・16頭立5枠10番に▲長岡禎仁52.0kg・馬体重460kg(+18)で出走し、タイム1分58秒4で1.3秒差の6着。
長岡騎手「スタートが速かったので、すぐに良い位置につけられました。変な癖もないので、前に行く馬を見ながら馬群の2列目で落ち着いていましたが、仕掛けに対する反応が遅れ気味なのと、砂を被った時に少し躊躇するあたりは課題ですね。最後まで頑張ってくれましたから、何とか5着には入りたかったです。直線で砂を被されない所に出したかったのですが、そんなスペースもなかったのが残念です」
高野師「放牧中に大きく成長してくれましたから、馬の見てくれから言えば、恥ずかしい競馬はしないとは思っていましたが、帰厩してからの動きが良くなくて、新馬の前の方が調教駆けしていたぐらいですから、半信半疑でした。最初から最後まで上手に競馬をしてくれたのを見られて安心しましたし、まだまだこれから良くなるはずの馬ですから、これなら希望を大きく持てますね」
◆全然期待はしていませんでしたが頑張りましたねhappy01
ただ18kg馬体は増えましたがまだまだ軟弱ですねcoldsweats01
使って鍛えて秋までには勝ち上がって欲しいですねhappy01

ブラックノヴァ
12月14日(日)阪神4R・2歳新馬(牝)D1400m・15頭立2枠3番に幸英明54.0kg・馬体重430kg(初)で出走し、タイム1分28秒4で2.7秒差の10着。
幸騎手「芝の走りが良くてスイスイと行けてしまったものだから、最後は余力がなくなってしまいましたね。でも凄く感じが良い馬なので、一度使われた次は変わってくると思いますよ。ほんと芝の走りは良かったので、芝でも面白そうです」
高橋(康)師「キ甲が抜け切れていないように、まだ成長途上の馬ですからね。競馬を使った経験を活かして、次へ進めます」
◆それにしてもペルルそっくりでしたhappy02
ただ走りはまだまだcoldsweats01
こちらも気分良く行かせ過ぎたような感じでした。

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »