« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

今回も1頭強いのがいるのよね~

ルファルシオン
9月28日(日)阪神・甲東特別(ハンデ・芝1600m)に岩田騎手で出走。馬体重は8キロ減の500キロ。二人引きで落ち着いた様子でパドックに登場。パドックではチークピーシーズの上からメンコを着用。首を下げ気味にして集中し、四肢の運びも力強く状態はすごく良さそう。周回を重ねて気合いが乗ってきたのか小うるささを出し始めるも、元気があって良い雰囲気に見える。他の馬にジョッキーが跨がると気合いを表に出しつつ馬場へ。チャカチャカしながら入場するも、芝コースに入ってすぐ促されるとスムーズに駆け出していった。レースでは、揃ったスタートから行きたい馬を行かせつつ無理なく6番手へ。そのままの位置取りで3~4コーナーを回り、直線入口での反応が一息で少しもたつくも、追われてじわじわと伸び、坂を登り切るともう一伸びして2着争いに加わり、アタマ差交わしての2着。岩田騎手は「じわじわとしか脚を使えませんが、最後まで止まらずしっかりと伸びてくれました。こういう脚質なので京都の下り坂でスピードに乗せ早めから動いていく競馬が良さそうです。京都の外回りは合いそうですね。落ち着きがあって乗りやすく、跨がった感触は良いですね」とのコメント。松田調教師は「装鞍所やパドックでは落ち着いていましたが、今日の朝、だいぶテンションが上がっていて心配しました。この後についてはテンションや脚元の具合を見て検討します。最低でも中2週位は開けて使うことにしたいと思います」とのこと。
◆前走もそうですが今回も相手が悪かった。
1頭強いのがいるんですよね。
この仔も弱くはないので次こそは勝ちたいですね。

★先週の長浜さん★
チゲルチャグチャグ…3着
◆惜しかったな~
先行勢は競り落としたんですが外から一気に来られたら仕方が無いですね。
年末の大きいところに出て欲しいです。

●新戦力紹介●
今日でグリーンの方の支払いが完了しましたので1歳馬の新戦力を紹介したいと思います。
今年は予定通りの4頭となりました。
あとは来年の海外調教馬が良かったら追加でいくかも!?

●アーヴェイの2013♀
父ヴィクトワールピサ
母父Danehill Dancer
◆父は正直未知数で不安要素がいっぱいでしたが馬体に惚れましたね~

●デフィニットの2013♂
父ダイワメジャー
母父デヒア
◆仕上がり早く半姉のように2歳戦から活躍してくれたらな~

●ウイングレットの2013♂
父ハービンジャー
母父タイキシャトル
◆ウイングドウィールの半弟です。今注目の父なら迷わないでしょう!

●オレンジブロッサムの2013♀
父シンボリクリスエス
母父サンデーサイレンス
◆堅実な仔を毎年送り出してくれている母。迷わずです。

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »