« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

相手が悪かった…

ハラペーニョペパー
8月23日(土)札幌・芝1500mに吉田隼人騎手でデビュー。初出走の馬体重は478キロ。イレ込んでいる感じではないものの、少し辺りを気にして神経質な素振りを見せ、時折小脚を使いつつパドックを周回。パドックの外目を柔らかい歩様で伸び伸びと歩いており、太い感じもなく状態は悪くなさそう。ジョッキーが跨がると気合いを見せ小脚を使いつつ馬場へ。芝コースに入ると他の馬と一緒に行進した後、促されるとスムーズに返し馬を行った。レースでは、やや遅れ気味のスタートとなるも行き脚を付けて7~8番手からの競馬。向こう正面を9番手で通過し3コーナーへ入ると、前との差を詰めつつ9番手で4コーナーを周り直線へ。直線大外に持ち出されて追い出されるも、伸び脚は見られず10着。レース後、吉田隼人騎手は「スタートで後手を踏んでしまい後方からの競馬になり、スローペースで流れに乗り切れませんでした。攻め馬の感じから動けるはずと思い、3コーナーで外に出して行ったのですが、思ったような脚が使えませんでした。今日はスタートが全てでした」とのコメント。また加用調教師は「練習ではスタートも速かったのですが、立ち遅れてしまい、道中は外々を回らされ流れに乗れませんでした。調教での動きを発揮できませんでしたね。今後についてはレース後の具合を見て検討します」とのこと。
24日、加用調教師より「レースの後、右前のソエを気にしており、出始めのため痛みもあるようです。問題がなければ中1週で札幌・芝1500mへと考えていましたが、札幌はウッドチップコースがなく脚への負担も考えると、ここで無理に使わない方が良いと思います。いったん放牧に出します」との連絡が入った。
◆もうちょっとやれると思っていましたが…
ダート馬じゃないですかね!?

グレイスフルデイズ
8月23日(土)小倉・小郡特別(芝1200m)に酒井学騎手で出走。馬体重は前走より2キロ増の488キロ。メンコを着用しパドックに登場。一定のリズムを保ちながら落ち着いた様子でパドックを周回。トモの踏み込みも良く、歩様もスムーズで状態は悪くなさそう。止まれの合図のあと、ジョッキーが跨がっても同様の雰囲気のまま馬場へ向かった。馬場入り前に耳覆い付きのメンコを外し、耳覆いなしのメンコで芝コースに入ると、すぐに駆け出していった。レースでは、マズマズのスタートも押して中団からの競馬。9~10番手で3コーナーへ入りジワジワと外目を上がっていき、8番手で4コーナーを周り直線へ向かう。馬場の外目で追い出されるも、伸びることができず11着。レース後、酒井騎手は「道中は思っていた以上に付いていけましたが、外枠のせいで外を回らされてしまいました。また上がりも少し速すぎました」とのコメント。また、西園調教師は「上手く流れには乗れていましたが、外枠のせいで外を回らされてしまい、上がりもこの馬には速過ぎました。前走で片鱗を見せてくれただけに残念です。レース後も特に問題がなければ、中1週で使うことも検討します」とのことだった。
◆こちらももうちょっとやれると思っていましたが…

ルファルシオン
8月24日(日)小倉・西部スポニチ賞(芝1800m)に藤岡佑介騎手で出走。馬体重は前走より12キロ増の508キロ。メンコ、チークピーシーズを着用しパドックに登場。終始落ち着いた様子でパドックを周回。周回を重ねていくと、少し発汗が目立ってくるが、入れ込んでいるわけではないので、特に問題はなさそう。馬体重増も太過ぎることはなく、馬体の張りツヤも良好で状態は悪くなさそう。止まれの合図のあとメンコを外し、ジョッキーは跨がらずに馬場へ向かった。芝コースに入ると、すぐに駆け出していった。レースでは、好スタートからスッと2番手へ。終始逃げ馬をマークする形の2番手でレースを進め、逃げ馬に並び掛けるような形で4コーナーを回り最後の直線へ。直線に入っても逃げ馬に食らい付いていくが、徐々に離されてしまい、ゴール前で後方から脚を伸ばしてきた馬に差されて結果は3着。レース後、藤岡騎手は「今日はバッドボーイが相手と決めてレースを進めていきましたが、先にこちらの手応えが悪くなってしまいました。それでいて手応えのわりには、直線でバテてはいませんでしたし、良く踏ん張っていたと思います。昇級初戦ということを考えれば、良く頑張ってくれました。阪神で乗った時に比べると今日は大分大人しかったので『どうなのかな?』と思っていましたが、ちゃんと走れていましたので、これはこれで良かったのかもしれません。大型馬の割には出脚がスムーズですし、レースがしやすい馬です」とのコメント。また、松田調教師は「2着はあるかなと思いましたが、今日は勝ち馬を負かしにいった分ですね。直線でもバテてはいませんでしたし、昇級初戦ということを考えれば良く頑張ってくれました。今日はパドックで少し大人し過ぎたので、早めにメンコを取りました。オンとオフがしっかりしている馬で、馬場にはいる頃には気合いも乗っていました。シルエット的には悪くありませんでしたが、馬体重の数字を見ると、この中間はもう少し攻めても良かったかもしれません。今後のことについては、レース後の具合を見てから判断したいと思います」とのことだった。
◆今回は完敗ですね。
ただこの仔もやっぱり力はあります。
次はサクッと勝たしてもらいましょう。

★先週の長浜さん★
チゲルチャグチャグ…1着
◆母オーデコロンのスピードを受け継いでくれましたね。完勝でした。

テイエムペガサス…7着
◆ここで掲示板を外したのは痛い。

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »