« 先週の結果 | トップページ | 先週の結果 »

週刊愛馬情報

今週は少数精鋭。

アースコネクター
7月27日(日)福島10R・横手特別(ダ1700m)に横山典弘騎手で出走予定。23日、和田調教師は「本日坂路コースで時計を出しており、4ハロン55.4秒、終い13.3秒の時計でした。終いは脚を取られそうな馬場状態の中、最後まで頑張って走っており、終い13秒台の時計なら悪くないと思います。条件はこの馬に向くと思いますし、良い状態だと思いますので、あとは結果に結びついてくれればと思っています」とのこと。
7/20 助手 美南坂重 2カイ  57.6-42.5-27.7-14.1 馬なり余力
7/23 助手 美南坂良 1カイ  55.4-40.0-26.3-13.3 強目に追う
◆降級2戦目。前走でもこのクラスでは力上位はわかりましたし鞍上が典ちゃんなら勝ち負けでしょう。

キャノンプレート
8月3日(日)札幌5R・2歳新馬・芝1800mに出走を予定しています。
助手・7月20日(日)函W良・5F67.3-52.5-38.9-13.2(7分所・強めに追う)
レオウィッシュ(3歳未勝利)馬なりの内0.4秒先着
助手・7月23日(水)函W重・5F67.4-52.7-39.1-13.4(6分所・馬なり余力)
シンフォニア(新馬)馬なりの内同入
昆師「同格の馬に若干遅れはしたけど、内外の差の分なので問題ないでしょう。順調に追い切りを消化できているね」
◆順調に行ってね。

エイコーンウィル
この中間の状態に特に変わりないものの、滋賀県の吉澤ステーブルWESTへ本日放牧に出ました。
松田(国)師「状態面は変わりありませんが、次は勝たなければいけない状況に置かれていますし、そのためには小倉の短い距離を使いたいと思いますので、時間調整の間に牧場で乗り込んでもらうことにしました」
◆次は芝の短距離のようですね。

ローレルゼフィーロ
レース後の上がりの状態に特に変わりないものの、今後について関係者間で協議を行なった結果、競走馬登録を抹消し、乗馬として無償譲渡する事を決定しました。
◆納得の抹消です。
先生には色々と試していただき感謝です。
しかし私が出資したロブロイ産駒は走らないですわ。

ローレルベルカント
レース後の上がりの状態に特に変わりありません。
高野師「大きくヘバッた感じはなく、飼い葉もしっかりと食べています。脚元も大丈夫ですね。でもレース後は息が入るまでそれなりに時間が掛かかりましたから、現状なりに一生懸命走ったんだと思います。ですから次走で一変というより、使いながら良化していくタイプかなと思います。今後については、ニュートラルな意識で検討しています」
◆次はレースに参加して欲しいです。

グレイスフルデイズ
今週7月26日・中京・芝1600mか、27日・中京・芝1400mを予定していたが、抽選対象にもならず除外対象となってしまった。24日、西園調教師から「今週は残念ながら除外となってしまいました。来週の小倉に向かいます。小倉は1400mや1600mの番組がありませんが、出られるところで良さそうな番組を検討します」との連絡が入っている。
7/23 助手 栗東坂良 1カイ  55.4-39.2-25.4-12.6 一杯に追う
        プリミティブラブ(三未勝)強目に0.3秒先行0.2秒遅れ
◆新潟はどうなのかな!?

トゥルヴァーユ
7月23日、矢野調教師は「レース後も脚元に問題はありませんが、レース直後の上がりの息の入りが悪かった様なので、真夏の暑い時期での続戦は避けて、ここで一息入れさせたいと思います。1度近場の牧場に出し、週末にチェスナットファームに移動させる予定です。涼しい北海道でしっかりと立て直し、相性の良い東京で復帰させたいと思います」とのことで、23日に松風馬事センターに移動し、週末にチェスナットファームに移動予定。
7月24日、矢野調教師は「レース後の体調回復が少し遅いみたいなので、今週末に北海道に移動させる予定でしたが、回復を待って来週移動させることにしました」とのこと。
◆まあ徐々にですかね。

ウイングドウィール
8月16日(土)新潟・新潟日報賞(ハンデ・芝1400m)を目標に調整中。7月23日、宗像調教師は「前走後も特に問題はなく順調に調整が進んでおり、今日は坂路でサラッと時計を出し、4ハロン57.2秒、終い14.8秒の時計でした。新潟3週目の新潟日報賞を本線に考えていますが、来週の佐渡ステークスに登録は行なうかもしれません」とのこと。
7/23 助手 美南坂良 2カイ  57.2-42.0-28.2-14.8 馬なり余力
グレイスフラワー(古1000万)馬なりに0.4秒先行同入
◆ハンデ戦は良いけど1400がどうかな!?

ミルノワール
7月23日、宗像調教師は「本日坂路で時計を出しており、4ハロン56.9秒、終い13.6秒の時計でした。馬場が深くて時計が掛かる馬場状態の中、終いの時計はまずまずだと思います。来週の動き次第にはなりますが、出られるなら8月2日(土)新潟・芝1800m(牝)か、8月3日(日)新潟・芝1600mへの出走を考えたいと思います」とのこと。
7/20 助手 美南坂重 2カイ  59.8-44.2-29.1-14.7 馬なり余力
7/23 助手 美南坂良 2カイ  56.9-41.3-27.0-13.6 末強目追う
        アンテプリッツ(三未勝)馬なりを0.5秒追走0.2秒遅れ
◆次が試金石。頑張って欲しいですね。

セフィーロ
7月20日(日)中京・芝2200mに出走し3着。23日、荒川調教師は「レース後も脚元などに問題はありません。前走でビシッと追われたことで多少変わってきたのか、今回は最後までやめずに頑張っていました。ジョッキーも最後まで諦めずに追って良く脚を伸ばしてくれたと思います。権利もありますし、大きな疲れも見られませんので、このまま続戦します。小倉の芝2000mに向かうつもり」とのこと。
栗プール 7月23日
◆小倉の2000より新潟の2000以上の方が良いのでは!?

ルファルシオン
7月24日、松田調教師は「今週は坂路で最後の1ハロンを15秒程度で乗っており、今週末は2~3ハロンを15秒、来週は全体を15-15というように、徐々に調教を強めていく予定です。大事を取ったことで脚元の疲れも問題無さそうですし、このまま出走に向けてピッチを上げていきます。北海道に積むことも考えたのですが、小倉でも良い競馬をしていますので、このまま栗東に滞在したいと思います」とのこと。
◆何とかあと1つ勝って菊花賞に!

ハラペーニョペパー
社台ファームで週2回ペースで強目を乗り込まれており順調。7月25日、加用調教師から「札幌競馬場の検疫馬房と滞在用の馬房を確保できましたので、予定通り札幌に直接入厩させます」との連絡が入り、27日(日)の検疫で札幌競馬場に入厩する。
◆札幌でデビューかな!?

アースライジング
7月23日、和田調教師は「入厩後も順調に調整が進んでおり、キャンター調整のあとゲート練習中心の調整を行なっています。特に目立った癖もなさそうでしたので、今日ゲート試験を受けてみたところ、1本目は少しモタついていましたが、2本目は1本目に比べると上手に出てくれて、見事合格してくれました。ゲートから出したあとなのでこのあとの状態次第にはなりますが、問題がなさそうならこのままデビューに向けて進めていきたいと思います」とのこと。
◆去年のコネクターみたいに新馬勝ちしてくれないかな…

★今週の長浜さん★
土曜 札幌3R テイエムペガサス
◆まずは掲示板。

|

« 先週の結果 | トップページ | 先週の結果 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先週の結果 | トップページ | 先週の結果 »