« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

先週は低空飛行。

セフィーロ
6月28日(土)阪神・ダ1800mに出走し8着。連闘で、7月5日(土)中京・ダ1800mに熊沢騎手で出走。馬体重は4キロ減の452キロ。二人曳き。時折小脚を使い小うるさいところを見せつつパドックを周回。連闘でもいつもとそれほど変わらない雰囲気で、歩様も硬い感じはなく状態をキープしている様子。ジョッキーが跨がると気合いを表に出し小脚を使って馬場へ。ダートコースに入るとすぐに返し馬に入りスムーズに駆け出して行った。レースでは、マズマズのスタートから出鞭が入り押して5~7番手の位置で1コーナーへ。馬群の外目を上がって行き3~4番手で2コーナーを周り向こう正面へ。4~5番手で3コーナーへ入るが内外から交わされてポジションを下げてしまい6~7番手で4コーナーを周り直線へ。馬場の外目へ出されて追い出されるも伸び脚は見られず12着。レース後、熊沢騎手は「気合いを付けて前々の競馬をさせました。1~2コーナーではモタれるところもあり、行きたがる訳ではないものの、そこでハミを咬んだりしていたので、まだ芯から力が付ききっていない分、体と気持ちがまだ噛み合っていないようです。乗り味はすごく良いですし、その辺りが解消してくれば走ってきそうなのですが」とのコメント。また荒川調教師は「今日は前々の競馬をしてもらおうとスタートからビシッと行ってもらいましたが、馬場も速く忙しい流れになってしまい思ったように粘りこむことが出来ませんでした。ただ最後は脚が完全に上がった訳ではなく、馬がやめてしまっていたようです。ハミも取ったり抜いたりして安定した走りができていませんでした。ダートの走り自体は悪くないと思いますが、ゆったり流れる展開が合っているようなので、次走は芝の長めの距離に戻して使います」とのこと。
◆ねっ、ダートじゃないでしょう。
それに前目の競馬より直線一気ですよ。
次はスタート出遅れて腹をくくって最後の直線に賭けるって感じになりませんかね…

ジョディーズロマン
7月5日(土)中京8R・3歳以上500万下(牝)D1200m・16頭立6枠11番に酒井学55.0kg・馬体重446kg(-16)で出走し、タイム1分11秒4で0.8秒差の13着。
酒井騎手「直線は自らハミをグッと取って、伸びようとする気持ちは持っていましたね。馬群で怯むことはないですし、ここでも十分通用しそうです。今日はスタートから脚を使ってしまった分もありますが、距離は短い所が良さそうです」
飯田(雄)師「ずっと使っていた距離より短かったですし、中央のスピードにも戸惑っていたように見えましたけど、慣れればやっていけそうですね。ようやく1歳の頃、牧場で見ていた好馬体になって来たので、これからだと思ってます」
◆牝馬限定戦より距離を優先した方が良かったかな!?
まあ復帰初戦ですからね。

グレイスフルデイズ
7月5日(土)中京・御在所特別(芝1600m)に酒井騎手で出走。馬体重は6キロ減の488キロ。二重のメンコを着用。落ち着いた様子でパドックに登場。時折物見をしていたが、前走より大分ピリッとした雰囲気で、馬体も多少絞れて状態は良さそう。止まれの合図でメンコを一枚外し耳を出してレースへ。ジョッキーが跨がってもイレ込むことなく馬場に向かい、馬場に入ってすぐ促されるとスムーズなキャンターで返し馬を行った。揃ったスタートから手を動かしつつ先行争いに加わり5番手からの競馬。4~6番手で3~4コーナーを周り直線へ向かうと、ジワジワと伸びていたものの、直線半ばで手応えが怪しくなってしまい11着。レース後、酒井騎手は「気合いを付けてポジションを取りにいってあの位置から。競馬自体は上手に出来ていましたし、直線に向いて外から来られた時にも、外に張りつつ良い形で追い出しにかかれたのですが、そこからの反応が案外でした。去勢後、変に落ち着きすぎている面があるのかもしれません。調教では動いていますし、そのぐらい動いてくれればもっとやれるはずなのですが」とのコメント。
◆去勢失敗か!?

★先週の長浜さん★
テイエムペガサス…6着
◆優先まで後もうちょっと…惜しかった。

マジックスプーン…12着
◆身体が小さいな…

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »