« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

このメンバーで1勝はしたかった。

エイコーンウィル
7月12日(土)中京2R・3歳未勝利(牝)D1400m・16頭立5枠9番に福永祐一54.0kg・馬体重436kg(-2)で出走し、タイム1分27秒2で1.0秒差の6着。
福永騎手「完璧な逃げを打てたのに、追ってサッパリだからね。ダートが駄目なのかな。馬は良いし、動きも軽い。ゲートから芝の部分ではスイスイ進んでいたから、芝の1200あたりの競馬が向いているのかも知れませんね」
松田(国)師「能力があるのを再確認する事はできましたが、祐一君の言う様に手応えの割に最後の反応がなかったのは久々の影響でしょうか。ここを叩いた次は確実に状態が上がってくるはずです」
◆去年の京都のレースと全く同じでしたね。
手応え満々で直線に向いて全く伸びず…
原因がわからないと時間の無いこの時期厄介ですよ~

レースノワエ
7月12日土)福島5R・2歳新馬・D1150m・16頭立7枠13番に横山典弘54.0kg・馬体重456kg(初)で出走し、タイム1分11秒1で0.8秒差の5着。
横山(典)騎手「新馬でこれだけやれれば合格じゃないかな。砂を被っても問題なかったし上手に走れていたね。次は競馬を使ってどこまで上積みが有るのかが鍵になりそうだね」
大和田師「輸送も無事にクリアして飼い葉も食べていました。パドックでも落ち着いていましたね。先ずは内容の良い競馬が出来たと思います。次はもう一度福島に来るか、それとも新潟になるか。一週間様子を見てから決めたいと思います」
◆新馬勝ちとはいきませんでしたがまずまずだったんじゃないでしょうか。
スタートはまずまずでしたが二の足が…
そこで前とは離れてしまいましたね。
まあ優先も取りましたし新潟で再チャレンジですね。

ウイングドウィール
7月12日(土)福島・天の川ステークス(ハンデ・芝1800m)に田中勝春騎手で出走。馬体重は前走より2キロ減の486キロ。メンコ(レース前に外す)を着用しパドックに登場。特に入れ込むことはなく、落ち着いた様子でパドックを周回。仕上がり状態も良く、歩様もスムーズで状態は悪くなさそう。止まれの合図のあと、ジョッキーは跨がらずに馬場へ向かった。小脚を使いながらダートコースを横切り芝コースへ。内ラチ沿いを縦列で歩かせたあと促されるとスムーズに返し馬へ入った。レースでは、マズマズのスタートも無理せず中団からの競馬。6~7番手で1コーナーへ入り7番手で向こう正面へ。手応え良く7~8番手外目で3~4コーナーを周り直線へ向かったようにみえたが、思ったほど伸びることができず13着。レース後、田中勝春騎手は「少しスムーズにいき過ぎたかもしれません。3~4コーナーの感じは悪くなかったのですが、直線でも同じフォームのままで伸びきれませんでした」とのコメント。また、宗像調教師は「道中の感じは良かったと思いますが、直線で伸びを欠いてしまいました。着順程は負けていませんし、この馬なりに頑張っていると思うのですが。レース後の具合を見て、今後のことを考えたいと思います」とのことだった。
◆負け過ぎですね。
もうちょっと抵抗出来ると思ったのですが…

ベアトリッツ
7月12日(土)中京・芝1600m(牝)に福永騎手で出走。馬体重は2キロ減の426キロ。細すぎる感じはなくこの馬なりに馬体をキープ。パドックに入場してしばらくすると小脚を使いいつものようにチャカチャカしながらの周回。最終レースで周回時間も長く、周回の後半はかなり発汗も目立ってくる。ジョッキーが跨がると同様の雰囲気で小脚を使って馬場へ。芝コースに入っていったんなだめて落ち着かせた後、促されるとスムーズに駆け出していった。レースでは、揃ったスタートも無理せず控えて後方からの競馬。後方5番手の前から11番手で向こう正面を通過して3コーナーへ。1頭交わして10番手で4コーナーを周り直線へ向かうと、馬場の外目に出され、しっかりとした脚色で伸びるが3着まで。レース後、福永騎手は「勝った時に比べると若干ですが硬さが出てきている感じで、いつもよりじりじりした伸び脚でした。本来なら勝ち馬はともかく2着馬をとらえる脚はあるはずの馬です。それでも最後まで伸びて自分の競馬は出来ていましたし、こういう競馬をしているうちにチャンスは回ってくるでしょう」とのコメント。また音無調教師は「左回りがどうかと思っていましたが、しっかりと自分の競馬が出来ていましたね。ジョッキーも馬を上手くなだめてこの馬の競馬をさせてくれました。思ったより体は減っていなかったし、中京までの輸送はクリアし暑い時期ですが状態をキープして使えたと思います。小倉にマイル戦はありませんし、輸送が苦手な馬なのでこの後は放牧に出し秋に備えます」とのこと。
◆まあ追い込み馬の宿命ですかね。
ただ祐一も普通の乗り方でした。
秋の阪神まで夏休みで~す。

ローレルゼフィーロ
7月12日(日)中京7R・3歳未勝利・芝2000m・17頭立3枠5番に森一馬56.0kg・馬体重458kg(+22)で出走し、タイム2分8秒3で1.5秒差の12着。
森騎手「スタミナはある馬ですし、諦めずに走ってくれるので、最後はバテた馬達を交わしてくれましたけど、位置取りが後ろ過ぎました。以前に乗った中井からのアドバイスもあって、ゲートに気を付けてはいたのですが、駄目でしたからね。ずっと大人しく駐立していたのに、前扉が開く直前にガチャガチャし始めて、中段のポジションから前を狙う思惑が外れてしまいました。今日はかなり馬場が荒れていたので、芝とダートのどちらが合うのかは何とも言えませんが、向正面の芝が掘れた場所では行きっぷりが鈍っていましたし、パワーを要求される馬場は得意ではなさそうですね」
◆やはり前に行けないのが致命的ですね。
この時期でこの結果はかなりヤバイです。

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

遠征お疲れさまでした。

結果も関係するんでしょうけど、年々

遠征翌日の月曜がつらいです・・・
(;ω;)

投稿: フェリー | 2014年7月14日 (月) 21:52

☆フェリーさん

お互い遠征お疲れさまでした。

私は最近翌日の月曜とは言わず帰路が大変重苦しくて…coldsweats01

投稿: のんくん | 2014年7月18日 (金) 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »