« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

3月になりましたが未だ未勝利…

ミルノワール
3月1日(土)中山・芝1800mに田中勝春騎手で出走。馬体重は前走より14キロ減の440キロ。チャカつきながらパドックに登場。小脚を使い、厩務員の方に顔を向けながらの周回。14キロ減もギリギリという感じではないものの、終始チャカつき気味なのが気になる。状態自体は悪くなさそうだが、もう少し落ち着きが欲しいところ。ジョッキーが跨がると、更にうるさいところを見せ始めて馬場へ向かった。うるさいところを見せながら芝コースに入ると、しばらく歩かせてからスムーズに返し馬に入った。レースではマズマズのスタートから行き脚もついて先団の外目に付ける。1コーナーに入るとコーナーワークで振られてしまい、中団のやや後方9~10番手で2コーナーを回り向こう正面へ。向こう正面に入ると外目をジワーッと上がっていき中団の前目まで押し上げていき、6~7番手で3コーナーを通過。コーナーワークでポジションを下げ、外目8~9番手で4コーナーを回り最後の直線に入ると、ジワジワと脚を伸ばすが11着。レース後、田中騎手は「デビュー戦に比べると動けていましたが、まだ非力なところがあります。最後の坂では内にささってしまい苦しがっていました。現状は坂があるコースよりも、平坦コースの方が良いのかもしれません」とのコメント。また、宗像調教師は「今日は思っていた以上に体を減らしての出走となってしまいました。また、装鞍所からずっとうるさかったのも少し影響したかもしれません。大分馬体を減らしてしまいましたので、1度放牧に出して立て直したいと思います。乗り役から平坦コースの方が良さそうとのことでしたので、次走は平坦コースの1800m~2000m辺りを考えたいと思います」とのことだった。
◆最後、ささってましたね…
結構長期戦を覚悟ですかね…

★先週の長浜さん★
タマモパンテオン…13着
◆やはりダートの方が良いのだろうか…

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »