« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

寒いですね…
馬券も愛馬も走りません…
寒過ぎて思考回路も『0』でございます…

ウイングドウィール
1月19日(日)中山・初富士ステークス(ハンデ・芝1800m)に横山和生騎手で出走。馬体重は6キロ増の486キロ。メンコを着用し落ち着いた様子でパドックに登場も、すぐにいつものように厩務員の方へ顔を向けながらの周回。時折小脚を使う仕草をみせるが入れ込んだ感じはなく、終始リラックスでき、馬体の張りも良く引き続き良い状態をキープできている感じ。周回を重ねると少しずつ気合いが乗ってきて、他の馬たちにジョッキーが跨るとさらに気合いが乗り馬場へ向かった。一番最後に芝コースへ入ると、スタンドを見せるようにしばらく外ラチ沿いを歩かせてから、スムーズに返し馬へ入った。レースでは、立ち遅れ気味のスタートも、外目を徐々に上がって行き、9番手で1コーナーを周り向こう正面へ。10番手の外目で3~4コーナーを周り直線へ向かうが、一瞬伸びかけるも最後は脚色が一緒になってしまい9着。レース後、横山和生騎手は「ハンデ戦でもあり、前か後か、極端な競馬がしたかったのですが、外枠だったこともあって、中途半端な位置での競馬になってしまいました。終いもバテた感じではないのですが、他の馬たちと同じ脚色になってしまい、展開も向かなかった感じです」とのコメント。また、宗像調教師は「今日は外を回されてしまったこともありますが、展開も向きませんでした。具合は引き続き良かっただけに残念です。レース後の具合を見て、今後の予定を決めたいと思います」とのこと。
◆力差をまざまざと見せつけられました。
限定戦で頑張りましょう。

★先週の長浜さん★
タマモパンテオン…7着
◆最後はバタバタになりましたが首の皮一枚繋がりました。

テイエムペガサス…10着
◆距離が長いと思うんだけどな…

アースコネクター
現地時間3月29日(土)メイダン競馬場(UAE・ドバイ)で行われる、UAEダービー(G2・AW1900m)に予備登録を行っている。
◆ドバイに行くのか!?
パスポートは切れてるぞ~

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »