« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

♪♪♪♪♪

ようやく今期5勝目をあげてくれましたhappy02
ようやく我が厩舎もエンジンがかかってきたのかなsign02
遅いよ~coldsweats01

たくさんの方からのお祝いメールありがとうございましたhappy01
この場をお借りましてお礼申し上げますhappy01

ルファルシオン
11月17日(日)京都・芝1600mに福永騎手で出走。馬体重は前走より2キロ増の506キロ。メンコ、パシュファイヤー(レース前に外す)を着用し、2人引きでパドックに登場。やや頭の低い位置でリズム良く、ノビノビとした歩様でパドックを周回。適度に気持ちも入っている感じで、雰囲気は良さそう。止まれの合図のあと、ジョッキーは跨がらずに、同様の雰囲気のまま馬場へ向かった。馬場に入ると、すぐに返し馬に入った。レースでは、ポンと好スタートを切り、無理せず馬なりで先頭へ。折り合い良く半馬身から1馬身程度リードを保ちつつ先頭を進み、先頭のまま4コーナーを回り最後の直線へ。直線に入っても脚色が鈍ることもなく、後続の追撃を首差凌いで見事初勝利。レース後、福永騎手は「ハミを噛むところがあるので、チークを外したのが良い方向に出たと思います。ゲートもポンと出てスタートも決まり、自分のペースでリラックスして競馬を進めることが出来ましたし、直線に入っても凌ぎきれると思っていました。距離的にはもっとあっても走れるスタミナは持っていると思いますが、現状はハミを噛むところがあるので、マイル前後の距離が良さそうです」とのコメント。松田調教師は「調教での動きが良化し、その動きを実戦でも発揮してくれました。レースの後の息の入りも良く、けろっとしていましたから、まだ余裕があったように感じます。ジョッキーの進言もありチークを外しましたが、前向きさを見せつつスムーズなレース運びが出来ていましたし、経験を積んで良くなってきました。芝で見限るのはまだ早いと思っていましたし、結果を出せて良かったです。今後については馬の状態を見て検討したいと思います」とのこと。18日、松田調教師からは「レース後、脚元などに問題はなく、大きな疲れも見られません。ただ、ここまで続けて使ってきているので、いったんリフレッシュ放牧を挟みたいと思います。放牧先では馬体のケアを行いつつ軽目の調整で一息入れ、状態次第ではごく短期で戻すかもしれません」との連絡が入っており、19日に宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出る。
◆久し振りの一人口取りでしたhappy02
しかもG1開催時で人がウジャウジャの中…最高shine
擬似個人馬主体験をさせていただきましたgood
先生や乗ってくれていた祐一や生産者の照哉さんファミリーまでにおめでとうと言っていただき気分良かったですねnote
でも本当にこの仔の口取り申し込みをしたのはデビューから私一人かもしれませんthink
小倉の2戦は誰も居なかったと思いますし、ここ3戦は私一人。
毎回一人だと嬉しいのですが勝ち出したら自然と増えてくるでしょうねsmile
さあレースを振り返りますと良馬場で自分のペースで運べればこれぐらいの力はある仔だと思っていましたからhappy01
でも祐一グッジョブgoodでしたねhappy01
次走が気になるところでマツクニさんなら使ってくるかな~と思っていましたが意外に放牧とは…
しかしテンションがかなり上がってきているのがパドックでも充分わかりましたから最善策だと思います。
リフレッシュしてきて帰って来てねpaper

ウイングドウィール
11月17日(日)京都・衣笠特別(牝・芝1800m)にC.ルメール騎手で出走。馬体重は前走より4キロ減の472キロ。メンコ(レース前に外す)を着用しパドックに登場。終始小脚を使い小うるさいところを見せながらの周回で、股下からも発汗が目立ち、もう少し落ち着きが欲しいところ。若干前捌きに硬さはあるものの、スッキリとした仕上がりで細目感はない。止まれの合図のあと、ジョッキーが跨がっても同様の雰囲気のまま馬場へ向かった。馬場に入るとすぐに返し馬に入った。レースでは好スタートからスッと先団へ。4~6番手で向こう正面を進み、5~6番手で3コーナーを通過すると、徐々に前との差を詰めていき、5番手で4コーナーを回り最後の直線へ。最後の直線に入ると最後までしっかりと脚を伸ばし、勝ち馬には及ばなかったが2着を確保。レース後、ルメール騎手は「スタートしてからもスムーズで、上手く前目で流れに乗れたと思います。今日はこの馬の力は出せたと思いますが、勝った相手が1枚上手でした」とのコメント。また、宗像調教師は「道中少しいきたがる素振りを見せていましたが、上手く我慢させてくれたのが最後の伸び脚に繋がったと思います。勝ち馬は同馬よりも後ろからきていましたし、あそこでいかせていたら今日の結果はなかったかもしれません。今日は勝った相手が1枚上でしたが、内容としては勝ちに等しいものがあると思います。レース後の具合を見て1度近場のミホ分場に短期放牧に出します。その後馬の回復具合次第では、12月21日(土)中山・冬至特別(牝・芝1800m)への出走を検討したいと思います」とのことだった。
◆さすがはルメール。二度目はちゃんと乗ってくれましたねhappy01
今回は勝ち馬が1枚上手でしたがこのクラスでも充分上位の力は持っていることを証明してくれましたhappy01
ようやくこの仔も一時の不振から脱出したようですhappy01
これからもっと力をつけてもらって引退する来年の末ぐらいにはオープンを走ってくれていると嬉しいのですがcoldsweats01

★先週の長浜さん★
タマモパンテオン…10着
◆やや重の馬場がダメなのかな…

テイエムペガサス…7着
◆やはり後ろからの方が良いみたい。でも今回は距離も長かったかなsign02

昨日仕入れたグリーンの愛馬情報です。

トゥルヴァーユ
11月23日(祝・土)東京・ダ1600mを予定していたが、同日の東京・ダ1400mにC.ウィリアムズ騎手で向かうことになった。13日、矢野調教師は「本日ウッドチップコースで時計を出しています。2頭併せで先行させて、4ハロンから55.5-39.6-13.2の時計でした。先週の日曜ぐらいから徐々に良くなってきており、馬体にも張りが出てきました。ただ、テンション面が引き続き高いので、注意して調整を進めていきたいと思います。来週の東京・ダ1600mを予定しています」とのこと。17日、矢野調教師は「本日ウッドチップコースで時計を出しおり、併せ馬で3ハロンから38.0-12.2の時計を出しています。凄く良い動きで状態はどんどん良くなってきています。当初は1600を予定していましたが、今のテンション面と状態の良さから引っ掛かる可能性も出てきましたので、同日の1400に向かうことにしました。距離の短縮になりますが、十分対応は可能と考えておりますています」とのこと。
11/13 助手 美南W良 55.5-39.6-13.2 馬なり余力
ブラックシェンロン(新馬)一杯の外1.2秒先行同入
◆どうもテンションが上がり過ぎているようですcoldsweats01
今週の出走ですが好走と凡走は紙一重のようですsweat01

ミルノワール
◆ウイングドウィールと交代で入れてくれるように先生にはプッシュしたようですcoldsweats01
多分上手く行けば年内のデビューは行けるんじゃないでしょうかsign02

アースコネクター
◆門別の馬場が相当心身ともにダメージを与えたようですsweat02
折角兵庫ジュニアグランプリの補欠1番手なんですがもし選ばれても出走出来ない模様ですcrying
上手く回復すれば年明けのヒヤシンスSぐらいに間に合ったらということでしたcoldsweats01
でもこの仔やはり中途半端な重賞2着だったようですcoldsweats01
地方交流の優先順番では中央1勝馬には勝てますが中央2勝馬には負けるsweat02
そしてもう500万には出走出来ないなんちゃってオープン馬のようですshock
まあ今は心身ともにリフレッシュしてもらって戦える状態に戻してもらうのが先決ですねcoldsweats01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »