« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

何故あそこから伸びないんだ~crying

クロスソード
11月9日(土)福島・芝1800mに岡田騎手で出走。馬体重は前走より4キロ増の464キロ。少しソワソワした感じでパドックに登場。プラス体重も太目感はなく歩様もスムーズ。周回を重ねても特に入れ込むこともなく、適度に気合いも乗っており状態は悪くなさそう。止まれの合図のあとジョッキーが跨がると、さらに気合いが乗った感じで小脚を使いながら馬場へ向かった。馬場に入ると内ラチ沿いを少し進んだあと、促されるとスムーズに駆け出していった。レースでは、まずまずのスタートを切り行き脚もついて馬なりで先団へ。外目5番手で1~2コーナーを回り向こう正面に入ると、道中4~5番手を折り合い良く進む。3コーナー手前から外から上がってきた馬に合わせてペースアップし、この流れに付いていくも4コーナー手前から手応えが怪しくなってしまい、インの5~6番手で4コーナーを回り最後の直線に入るが、直線でも伸びることが出来ず16着。レース後、岡田騎手は「スタート後もスンナリと前目のポジションを取ることができ、調教師からは『少し引っ掛かるかも』とのことでしたが、そういうところもなくリズム良くレースを運べたと思います。3コーナーで外から上がってきた馬に合わせて一緒にペースアップしていくまでは良かったのですが、4コーナー手前から手応えが怪しくなってしまいました。良い感じで走れていたとは思いますが、多少距離が影響したのかもしれません」とのコメント。また、黒岩調教師は「道中リズム良く走れていたとは思いますが、4コーナー手前から手応えが怪しくなってしまい、ここまで負けるとは想像していませんでした。3コーナーで早めにこられる展開で、スタミナを要求される形だったのが影響したのかもしれません。レース後の状態を見て問題がなければ引き続き続戦させたいと考えており、次走は距離を縮めたいと思います」とのことだった。
◆何故あそこから伸びないんだ~cryingone
距離なのかな…
結構期待していただけにこの惨敗はかなりショックですshock

エイコーンウィル
11月10日(日)京都1R・2歳未勝利(牝)D1400m・14頭立8枠14番に福永祐一54.0kg・馬体重438kg(+2)で出走し、タイム1分27秒3で0.2秒差の5着。
福永騎手「完全に勝っている競馬ですけど、先頭に立ったら自分で止めてしまいました。ダートは問題ないし、距離も1400くらいが丁度良いですが、もう少しレース慣れなり練習が必要ですね」
◆何故あそこから伸びないんだ~cryingtwo
残り300mまでは何処までちぎって勝ってくれるのかと思ったぐらい完璧でしたしホント何であそこからあの手応えで伸びないのかsign02不思議でなりませんsweat01
また気性の問題児が誕生しましたかねsweat02

アースコネクター
11日、和田調教師は「現在のところ北海道遠征と、重馬場で走った影響で少し疲労が見られます。今後のことについては、もう少し様子を見てから判断したいと思います」とのこと。※11月28日(木)園田・兵庫ジュニアグランプリ(JpnⅡ・ダ1400m)に出走申込みを行い、現在のところ補欠2番手。
◆補欠2番手…
出走は確実だと思ったのに…sweat01
昨日500万を勝った仔は出走確実なんで
500万平場>交流重賞2着sweat02
中央で稼がないとダメってことか…sweat01

★先週の長浜さん★
クレバーカイオウ…10着
◆前進ならずか…shock

タマモパンテオン…10着
◆距離はもっとあった方が良いのかな…shock

キャメロンロード…8着
◆今回は前目での競馬。追い込みよりこちらの方が良いのかなsign02

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »