« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

グリーン高upローレル低downが続きます…sweat01

アガペー
10月5日(土)京都5R・2歳新馬(牝)芝1600m・15頭立4枠6番に幸英明54.0kg・馬体重476㎏(初)で出走し、タイム1分38秒0で2.8秒差の15着。
幸騎手「返し馬ではすごく良い雰囲気だったのですけど、スタートしたら怖がってしまい、ハミも取らずに前へ進んで行けない感じでした。こんな馬ではないはずなのに、どうしちゃったんでしょう」
飯田(雄)師「ペースが速かったわけではなかったですし、ソコソコ競馬になると思って出しただけに予想外です。調教では自らハミを取って行く馬なのにね。競馬に慣れてくればこんなことはないと思いたいです」
◆本当のどうしちゃったんでしょうsweat01
結構期待していただけにショックは大ですsweat02
早々に立ち直ることは出来るのかな…かなり時間がかかりそうですねsweat01

セフィーロ
10月6日(日)京都・芝1600mに吉田隼人騎手で出走。馬体重は8キロ減の454キロ。イレ込んではいないものの時折小脚を使い小うるさいところを見せつつ周回。ヤンチャな面を見せているが活力があって好気配に映る。体の張りも良く状態は非常には良さそう。ジョッキーが跨がるとグッと気合いを表に出し、二人引きで馬場へ向かう。芝コースに入るとすぐ返し馬に入り、軽快なキャンターで駆け出していった。レースでは、ゲートをポンと出て促されつつ先団へ。前2頭を見る位置で流れに乗り、3~4コーナー中間から早目に仕掛けてジワッと上がって行くが余り反応が良くなく4コーナーでジョッキーが激しく手を動かし始める。反応は一息なものの脚があがった感じではなく最後までじわじわと伸び3着。吉田隼人騎手は「スタートでポンと出て良い位置に付けられましたが、道中は終始ハミを取ろうとしませんでした。反応が余り良くないと聞いていたので、早目の追い出しを心掛けましたが、そこでもハミを取らず、ダラダラとした伸び脚になっていました。まだ子供っぽくて集中出来ていません。最後もバテてはいませんし、馬がハミの取りどころを理解すれば走りが変わりそうです」とのコメント。調教助手は「スタートも良く良い位置で競馬が出来ていましたし、直線に向くまでは申し分ない流れだったと思います。早目に動いて、これならと思ったのですが、追い出してから弾け切れませんでした。ジョッキーの話では今回コーナリングでも少し苦労したみたいなので、ハミを工夫してみたいと思います。今後については馬の状態を見て検討したいと思います」とのことだった。
◆スタートは良くなってきましたねhappy01
道中の位置取りも良くなってきたし…あとは弾け所を覚えるだけかなsign02
まだまだ子供のようですねcoldsweats01

★先週の長浜さん★
ゼロワンシンジロー…4着
◆やはりダートは走ります。力は見せてくれましたので次走は期待ですね。

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »