« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

好調2歳馬に期待していましたが…

セフィーロ
9月7日(土)阪神・芝1600mに小牧騎手で出走。馬体重は前走より4キロ増の462キロ。少し首を上下に振りながらパドックに登場も、周回を重ねていくと外目を一定のリズムで周回。馬体重増も気にはならず、状態は悪くなさそう。止まれの合図の後ジョッキーが跨がると、気が入って小うるさいところを見せながら馬場へ向かった。小脚を使いながら馬場に入ると、内ラチ沿いを歩く集団よりも馬場の真ん中よりを進み、反転し促されるとスムーズに返し馬に入った。レースでは、スタート直後に躓くもすぐに立て直して先団へ。スローな流れとなり、向正面で数頭が外目を上がってきて、馬群の中で揉まれ込む形。10番手前後まで位置取りを下げてしまい、後方のまま4コーナーを回り、直線では最後までじわじわと伸びたが6着まで。レース後、小牧騎手は「出てはくれましたが、ゲート内でモコモコしていてノメりながらのスタートでした。ペースが落ち着いた時に少し引っ張りはしましたが、これぐらいは許容の範囲内だと思います。瞬発力勝負というよりは長く良い脚を使うタイプだと思いますので、展開も向きませんでした。乗り味は良い馬ですし、競馬に慣れてくれば走ってくる馬だと思います。距離もマイルぐらいが良さそうです」とのコメント。また、荒川調教師は「ゲート内でモコモコしていたようですが、元々こういうところがある馬なので、良く我慢してくれた方だと思います。出てはくれましたがノメりながらのスタートでしたし、ペースが落ち着いた時に少し掛かってしまいました。今日は瞬発力勝負の競馬で、エンジンのかかりが遅いこの馬には展開が向きませんでした。レース後の状態にもよりますが、今日の状態ではまださほどテンションが上がっていない感じなので、引き続き続戦させたいと考えています」とのことだった。
◆今回のマイルでも中盤知らないうちに後方になっちゃうんですよねcoldsweats01
渋太い脚は使えるので直線に向くまでもうちょっと一工夫欲しいところですcoldsweats01

クロスソード
9月7日(土)中山・芝1600mに大野騎手で出走。馬体重は4キロ増の460キロ。首を下げ気味に気合いを面に出しつつパドックに登場。馬体をフックラ見せ状態は引き続き良さそう。歩様に硬さも見られず、ジョッキーが跨ると、さらに気合いが乗り馬場へ向かった。ダートコースを横切り芝コースへ入ると、走りたがる仕草を見せたが、しばらく歩かせてから抑え気味の返し馬に入った。レースでは、まずまずのスタートを切り中団外目の位置で流れに乗る。3~4コーナーを6番手で通過し、徐々に前との差を詰めながら直線に向かい、直線で追い出されると最後までじわじわと伸び5着。レース後、大野騎手は「折り合いも付いて最後もジワジワと伸びてくれました。切れる感じではなかったのですが、乗り味も悪くありませんでした。芝でも走れる馬ですがダートも悪くなさそうです。使いつつ良くなるタイプだと思いますので、まだまだ上積みはありそうです」とのコメント。また黒岩調教師は「馬の後ろで折り合いをつけて欲しいと指示していましたが、馬場の外目で上手く折り合いもついて、終いもジワジワ伸びてくれてました。まだ体の使い方が分かっていない分切れる脚を使えていませんが、まだまだ成長中でここから良くなってくると思います。3回使いましたので、レース後の具合を見て短期放牧に出すかもしれません。ダートはいつでも使えるので、芝のレースが多い間は芝を使っていきたいと思います」とのこと。
◆やはり良いスピードは持っていますhappy01
後は道中溜められるかsign02もしくはもっとリラックスして走れるかsign02というところでしょうかcoldsweats01
最後の爆発力が欲しいですねcoldsweats01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »