« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

やっと今期初勝利が出来ましたshine
やっとやっとですcoldsweats01

トゥルヴァーユ
6月1日(土)東京・ダ1600m(牝)に三浦皇成騎手で出走。馬体重は10キロ増の526キロ。メンコを着用し、落ち着いた様子でパドックに登場。馬体増も体をフックラ見せ、状態は良さそう。厩務員に甘える仕草を見せたり少し落ち着きがない様子でパドックを周回するも、ジョッキーが跨がると気合も乗って集中してくる。気合を表に出し、馬場に入ると、すぐに抑えながらの返し馬に入った。レースではまずまずのスタートを切り気合を付けつつ中団前目の位置へ。向正面で外をジワッと上がって5番手で流れに乗り、5番手外目で3~4コーナーを通過。4コーナーを3番手で回り、前の2頭を見ながら追い出しを待つ格好。楽な手応えで前の2頭に並びかけ、坂を登り切ったところであっさりと突き放し3馬身半差を付け見事優勝。勝ち時計は1分39秒8、上がりの3ハロンは37秒8。三浦騎手は「ダートが良かったというよりは、今回は相手関係も楽になり、力のあるところを見せてくれました。芝の時もそうだったのですが、先頭に立つと遊ぶようなところがあり、その辺が解消されてくればもっと強い競馬が出来るのですが。どちらかというと、芝の方がグリップが良く、馬は走りやすそうです」とのコメント。矢野調教師は「初めてのダート戦になりますが、芝のレースに比べダートの方がやはり相手も楽になるので、今日は力通り強い勝ち方をしてくれました。使っていくとテンションが高くなりやすい馬ですので、今後の予定はレース後の具合をみてから決めたいと思います。乗り役の話では芝ダートどちらでも走れそうということですが、相手関係はダートの方が楽かもしれません」とのこと。
◆勝つ時って案外あっさりなんですよねcoldsweats01
メンバーにも恵まれましたが皇成も最高の騎乗だったんではないでしょうかhappy01
クラスが上がって古馬と混合戦になりますが頑張って欲しいですねhappy01

ジョディーズロマン
6月2日(日)阪神1R・3歳未勝利(牝)D1400m・16頭立2枠3番に太宰啓介54.0kg・馬体重438kg(+2)で出走し、タイム1分26秒9で1.9秒差の5着。
太宰騎手「前回ゲートが駄目でしたけど、今回もモサッと出てあまり良いスタートが切れませんでした。久々の分もあったと思うので、1回使われた次はもっと良くなると思いますが、今日は道中でカァーッとなる所があったので、使って行き出すと掛かって行く可能性がありそうです。距離はこれくらいが良いでしょう」
飯田(雄)師「まだキャリアが浅いので仕方がない面もありますけど、直線はぶつかりながら内の窮屈な所を割って伸びてきましたからね。外枠だったら2着まであったような感じでした。権利を取ってくれたので、上がりの状態をみて次も短距離を予定しましょう」
◆とりあえず最低限の仕事はしてくれました。
最後の直線の伸びはデビュー戦も今回も良かったんですが課題はスタート~コーナーへ入るまでの位置取りですねcoldsweats01
どんなに最後良い脚を見せても道中のポジション取りが上手く行かないと2着はあっても勝つことは出来ませんからねcoldsweats01
まあ一歩ずつゆっくりですが競馬内容も着順も前進していますので次の次ぐらいに勝ち上がれるかなsign02
…勝ち上がって欲しいcoldsweats01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »